(続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

日本語が不自由な歯科医師のろくでもないお話 コメントは承認制

今年中に治してください、という歯科季語

 

今回は国試と関係ない季節的な話。

年末進行ってどこにでもあるよね

大学病院でも開業医でも年末になると年末進行が存在する。

いや、日本全国どこの業種でもあるだろう。

 

つまり治療を年末でなんとか終えたい。

今年中に終わりませんかね?

ということで頑張って被せ物の型を取ったりしてなんとか年内に終わりを目指す。

集大成は年内に。

エイエイオー!

というわけで当医院も忙しい。

 

今回はこの話とは全く違う話。

 

歯科治療って回数かかる

歯科治療は回数がかかる。

虫歯で削ってつめればよい治療だって虫歯が10本もあれば、それなりに回数はかかる。また、虫歯にそんなになる、ってことは歯磨きが駄目駄目なわけだから歯磨きの指導や歯周病、歯肉炎の治療をすることになることが殆どだ。

 

虫歯が進行して根の治療をすることになれば、根の治療にも回数がかかるし、その後土台を立てて被せ物をすることになる。つまり1本の歯にも何回もかかる。

そして被せ物の前には歯周病の治療も終わってないといけないのでそれにも時間、回数をかける必要がある。

入れ歯も新しく作ろうとすればそれなりに回数もかかる。

そんなに簡単に治療は終わらない。 

風邪ひいて病院行って薬もらって何日か寝てたら治る、それは自分の治癒力でなおるものなの。

ある程度進行した虫歯や歯周病は自分の治癒力だけじゃなおらないし、治してそれを維持するためには自分も努力しないと駄目。

治しても歯磨きの状態が悪ければ再発してしまうリスクが高い。

つまり歯科医まかせではなく、自分もやる気にならないと駄目なのが歯科。

面倒だ?

じゃあそうならないような努力をしてもらうしかない。

結局自己管理と思う。

 

予防処置は保険がきかないから、予防にかけるお金考えると虫歯になって保険で治してもらった方が安い。 

こんな暴論を聞くが、

虫歯になって治したところはもう人工物であり、人工物と歯の接合面から虫歯になる可能性は結構高い。

白い物で治すと自分の歯が復活した様な気持ちになるが実際はそうではない。

そして再度虫歯になれば、以前削ったよりも大きく深く削らざるを得ない。

繰り返せば神経を抜くことになり、神経がないから痛みも感じなくなる。

虫歯になってもわからない。そしてより大きな虫歯を作るかもしれない。

神経がなければ歯は弱くなるので折れたりしやすくなる。

歯の再治療回数には限度がある。

限度をこえれば抜歯が待っている。

 

虫歯にならないのが一番。

予防にかけるお金は、もし虫歯が進行してかかる治療費と治療時間からすれば決して無駄になるものではないと思う。

 

 

年末によくあらわれる患者

歯が悪いんだが今年中に治して欲しい、という電話がこの時期かかってくる事がある。

そのうちのどれぐらいの割合かはなんともいえないが、まあちょっとした数が

①重度に進行した虫歯が多数

②取れてしまった差し歯をそのままずっとはめている

③抜けてしまった歯ごと差し歯を口の中に戻している

④抜けてしまった部位の入れ歯を治さずに義歯安定剤でおさえている

⑤放置したせいで歯も移動しており、元通りになりそうにない。

⑥重度歯周病

⑦殆ど歯を磨いてない。

このパターンの複数に該当する。

まあ無理だ。

初診で見て治療には年単位というレベル。

ただ、こういう人は得てして毎年この時期に湧いてくる。

 

私はだいたい

今年中に終えたいなら全部抜いて総入れ歯にするぐらいしか方法はないです。

それなら今年中に終わります。調整は来年まで持ち越しますけど?

そうじゃなければ最低1年ほど毎週通院して私もあなたも頑張ってやっと形になるかどうかです。

と言う。

即時義歯の総義歯なら技工も全部俺がやったるわい。

 

それで来なくなる。

また来年の年末にもっと悪くなって来るかもしれない。

 

大体、こんな状況になるまでには相当な時間があり、年末じゃなくてもいつでも調子は悪いはずなんだが、何故か年末の忙しいシーズンにぶち当ててくる。

えらい迷惑だ。

 

応急処置で終わってほしいんだよね?

 

今日もどこかの歯科医院にこういった人があらわれるんだろう。

年末じゃなくてもっと暇なシーズンにきてくださいなと思うが、

彼らにとって年末が歯科受診するトリガーなんだろうな。

そして彼らも根本的な治療は望んでいないのではないかと思う。

 

患「年末だから急いで応急処置でなんとかしてくれ!」

Dr「なんとかなるわけないですよ!!」

もうこれはすでに心の声ではなくて実際発しちゃうレベルだよね。

けど、なんとかそれっぽくして終わる。

そして来なくなる。

全く根本的な解決にはなってないけど、それをおそらく望んでいるから仕方ない。

 

また来年もこの時期来るのかなあ、なんて思う。

思うと来るね、うん(笑)

去年もそう思った気がするもん。 

 

皆さんの歯科医院にも1人,2人来たりしないだろうか?