読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

日本語が不自由な歯科医師のろくでもないお話 コメントは承認制

108回歯科医師国家試験結果速報

108回歯科医師国家試験の結果が発表された。

全体としては3138名受験、合格者2003名 で合格率は63.8%

現役は1995名受験 1457名合格 合格率73.0%

浪人は1143名受験 546名合格 合格率47.8%

であった。

去年と合格者数はほぼ同じ。

受験者数がちょっと減ったため、合格率はわずかに上昇しているが

据え置きと言った方がいいだろう。

つまり去年、今年は大枠2000人だった。ということだろう。

1)全体の結果

f:id:spee:20150327152837j:plain

これはかなり見づらいため個別で行きたいと思う。

 

現役の結果

(1)国公立

国公立は留年などが殆どいないため、表向きの合格率と真の合格率はほぼ同じ。

f:id:spee:20150327152848j:plain

1位は久々に北大。

なんと上位常連の新潟が国公立最下位に転落してしまった。

新潟の先生と話したとき、別に国家試験対策で特別なことをしていない、といっていたので今までは学生の力が大きかったのだろう。学生の力だけでは国家試験で安定した合格率をたたき出すのには限界がある、ということが露呈した、というのは言い過ぎかもしれないが、そういう印象を覚えた。

岡山大学は真の合格率では北大を上回っており、去年に引き続き良い成績だった。

一応、真の合格率に関する順位も掲載しておく。

f:id:spee:20150327152854j:plain

 

(2)私立大学

ここはかなりしっかりみていく必要がある。

表向きの合格率ランキング

f:id:spee:20150327152902j:plain

東京歯科が毎年の如く国立を凌駕するハイパーな合格率でトップ。

94%って化け物か!

ガンダムもびっくりだよ!

2位が神奈川っってすげーーーーーーーーーーー!いつも低迷してたのにいいいい!

日大も頑張ったね!

なんて・・・・・・・

ぶっちゃけこれで順位つけちゃう人は

私立歯科大学のやり方を

全く分かっていない!

 

真の合格率ランキング

f:id:spee:20150327152915j:plain

多くの私立大学では、

多量の留年生を出して国家試験受験者を絞る

ことで合格率をキープしている。

志願者数と受験者数に大きな開きがあるのはそのせいだ。

留年率のところをみると40%を越えている大学が5校も存在している。

その分を補正し、

国家試験出願時の学生数で合格率を算出したのが真の合格率である。

1位の東京歯科はかわらず。

2位は留年0、全員卒業でここまで数字出すかな、の昭和大学

3位は日大 いままでほぼ留年数人できたが今年は20名留年。ハッパがきいたか

 

で神奈川はどこいったんですか?

神奈川は10位。

ええ、神奈川は2位じゃありませんから!

留年45%出して数字を出してきたということを理解するべき。

神奈川の真の合格率は45%いってません。

まあそれでも例年よりはかなり良い結果。

以前は下から5位以内だったわけだから。

 

もう下の方はあれなんだが、

松本歯科大学の真の合格率は19%弱

そう、6年生の5人に1人も歯科医師になれないんです。

歯科医師になることがエリート。

1回も留年せずストレートで歯科医師になれば超スーパーエリート!

それが松本歯科大学。

 

9月に予想した結果の検証等は後日行って行きたいと思う。

まあ、当たったのか外れたのか?

まあ、外れたとしても良い方にはずれたのかな?

合格者数2000名越えてたし。

 

今年は浪人の合格率がかなりよいように思える。

詳細な解析はまた後日。

 

 

追記(2016/3/18)

今日発表の第109回歯科医師国家試験の結果速報は

 

spee.hatenablog.com