読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

日本語が不自由な歯科医師のろくでもないお話 コメントは承認制

各大学別国家試験合格率推移2015年版(私立)(北海道・東北・北陸編)

私立歯科大学 歯科医師国家試験

今年もこれはやっておく。

ちなみに今年は大学受験のデータはない。

私立大学の実情を知るためには、表向きの国家試験合格率だけでは全く意味が無い。

多くの私立大学は6年生で多くの留年生を出して合格率を少しでも上げようとしているからだ。なので、実際の6年生の留年前の総数を分母とした真の合格率が非常に重要となる。

表向きの合格率だけ載せているサイトは腐るほどある。

当ブログはそんなことはしないし、そんな数字を載せることを期待されていないことは重々理解している。

また国立と私立を同じ土俵に載せることに意味はないと思っているので、国立と私立は切り離して掲載する。

 

図の見方

①合格率の青字、赤字:全国平均より上だった場合青字、下だった場合赤字

②真の合格率(%):合格者数/出願数*100

③真の合格率順位:私立大学17校の中の順位 

 

北海道医療大学

偏差値40.0(前年度37.5)

学費:6年総合 2460万+教材費180万円程度

特待生数:3名程度

H27年度入学試験 データ無し

f:id:spee:20151021094315j:plain

1)国家試験合格率の推移

 105~107は国家試験の合格率は全国平均を上回っており、私立でも上から数えた方が早い順位を出していたが、108では大幅に合格率がダウンしている。しかし、真の合格率をみると、実情としては私立で下から5,6位ぐらいをずっと歩んできていることがわかる。残念だが、35%以上の学生を留年させて数字を良く見せようとしている大学というのが現状だろう。

 

2)6年時での留年数

 必ず30%以上留年しており、多い年だと40%程度が留年している。留年率はかなり高い。

 

3)109での展望

 真の合格率がここ3年で大幅に目減りしていることから、国家試験での合格者数削減の影響を受けている。つまりいままでギリギリボーダーで受かっていた学生が多かった。そしてそのレベルの学生が落ちるようになったと考えられる。107と108で卒業者数も同じで全体の合格率もあまり変わらない所で合格者数は10名減っていることからもそう考える方がよいだろう。109で合格者数が減るようなら、この大学は影響を大きく受ける可能性がある。

 

4)総評

 こんな国家試験合格率でありながらなぜか偏差値は上昇している。おそらく表向きの合格率だけみているのではないだろうか?学費が下がったわけでもないし特待生も人数が増えたわけでもない。北海道出身の人が地元として選択するならともかく、西日本あたりから行くべし!というような推しが出来るような大学とはいえない。

 

岩手医科大学

偏差値:35(前年度35)

学費:6年総合 2800万+教材費?

特待生数:あるが、それほどの減額にならない

H27年度入学試験 データ無し

f:id:spee:20151021115547j:plain

 1)国家試験合格率の推移

 101回から合格率が全国平均を上回った事が一度もない文字通りの下位校と残念だが言わざるを得ないだろう。留年率が右肩上がりで昨年度は43%。それでも合格者は減少しており、学生の質がすでに担保されていないと言える。北海道医療大学と同様に国家試験合格者数の減少の影響を完全に受けてしまっており、今後さらに合格者数が減少すると考えられることから苦戦は必至だろう。106と比べると真の合格率が20%低下しており、学生の学力低下が著しい事は一目瞭然だ。それは定員割れも大きく影響しているだろう。つまり今後も大幅な改善は難しいということだ。

 

2)6年時での留年数

 留年率は25→37→43%と毎年右肩上がりである。タダでさえ学生数が少ない大学なので6年生の5割以上が留年経験者となっているだろうことは容易に想像が付く。ただし、さらに厳しく留年させなければ109での成績は厳しいと言えるだろう。

 

3)109での展望

 当ブログでは109は合格率はある程度据え置きだが合格者数は減ると予想している。減る分は当然だが学力がギリギリの学生が多い下位校が煽りをくうのは当然であり、岩手も相当厳しい戦いが予想される。今の状況だと45%以上留年させてやっと前年度並みな成績ではないだろうか・・・・。

 

4)総評

 受験のデータないため、学生数が充足されたかはわからないが、長い期間定員割れしており、学生のレベルは上がる見込みがほぼない。偏差値も一番下の35に辛うじて載っているという位であり、今後も厳しい状況は続くだろう。そのわりには他大学のように学費を下げたりはしないようだ。学費を下げればもう少し学生が集まるかも・・・しれない。

 

奥羽大学

偏差値:35(前年度なし)

学費:6年総合 2150万+教材費?

特待生数:授業料全額免除30名という大判振舞

H27年度入学試験 データ無し

f:id:spee:20151024194607j:plain

1)国家試験合格率の推移

  みていただければ一目瞭然だが、低迷という言葉で収まりきらないほどの成績だ。107、108の成績も破滅的であり、これを原発のせいだけにはできないだろう。真の合格率は25%であり、6年生全体の1/4しか国家試験にパスできない。つまり4人に3人は留年または浪人だ。浪人の合格率が上がって、浪人の総数が頭打ちになったことぐらいが唯一の好材料だろう。

 

2)6年時での留年数

 留年生は31名ということであり今年もある程度は6年生の数がいるだろう。A,B,Cと成績順にクラス分けされており、昨年はCクラスの学生は全部留年だっと聞いている。今年もCクラスは全員留年とすれば今年よりも遙かに多い人数が留年することになる。しかし留年させなければ国家試験合格率の向上は望めない。

 

3)109での展望

 学力レベルはかなり崩壊していると考えられ、留年率をコントロールすることでしか合格率を操作することは難しいと思われる。

 

4)総評

 108で合格率が上昇したことを教員全員が喜んだ、という噂は聞いているが、敢えて言おう、関係者以外は誤差の範囲だと思っただろう。状況は何も好転していない。もともと国立から引っこ抜いた先生の改革力には懐疑的であったが、今でも求心力はあるのだろうか?3年連続の失敗はもう許されない。1年生の特待生を待ってる場合ではない。ただしずっと失敗続きの内部の人達がイニシアチブをとったらさらに大変なことになりそうではある。

 

日本歯科大学新潟校

偏差値:37.5(前年度37.5)

学費:6年総合 3138万円

特待生数:入学試験上位25名が半額

H27年度入学試験 データ無し

f:id:spee:20151021140332j:plain

1)国家試験合格率の推移

  ここ数年表向きの国家試験合格率は低迷している。特に108では全国平均を大幅に割ってしまっている。これは6年生を殆ど留年させていないためであり、真の合格率は中位をキープしている。おそらく今年も同じような傾向なのではないだろうか。真の合格率自体はある程度キープしているもののここ3年で10%以上低下している。つまりこの大学においても中位層が合格ギリギリゾーンなのだろう。今後合格者数が減ると、この大学の真の合格率も影響をうける可能性がある。

 

 2)6年時での留年数

 留年率は10%程度である。つまり6年生まで上がればほぼ卒業できるようだ。

 

3)109での展望

 流石に見た目の合格率が悪すぎるので留年を多くして数字を取りに来るのか、それとも毎年同じように卒業させるのか、トップの判断次第だろう。中位層の底上げがないと真の合格率はさらに低下してしまうかもしれない。

 

4)総評

 ある一定レベルの真の合格率をキープできているが、流石に6年生をほぼ全員卒業させるのには限界が出てきているのかもしれない。また、他の学年での留年率は結構高いという情報もあり、6年生の成績だけをみて評価してはいけない大学かもしれない。偏差値37.5で6年まで上がればほぼ1年で卒業でき50%以上歯科医師になれるという結果からみれば他の3校より優位性が高いともいえる。