(続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

日本語が不自由な歯科医師のろくでもないお話 コメントは承認制

各大学別国家試験合格率推移2015年版(私立)(関東編)

私立大学の実情を知るためには、表向きの国家試験合格率だけでは全く意味が無い。

多くの私立大学は6年生で多くの留年生を出して合格率を少しでも上げようとしているからだ。なので、実際の6年生の留年前の総数である受験者数を分母とした真の合格率が非常に重要となる。

 

図の見方

①合格率の青字、赤字:全国平均より上だった場合青字、下だった場合赤字

②真の合格率(%):合格者数/出願数*100

③真の合格率順位:私立大学17校の中の順位 

④偏差値は去年も河合塾を参考にしたため河合塾で統一

明海大学

 偏差値40.0(前年度37.5)

学費:6年総合 1931万+教材費160万

特待生数:なし

H27年度入学試験 データ無し

f:id:spee:20151021171421j:plain

1)国家試験合格率の推移

 107でかなりいい成績だったが、108では急降下。しかも前年度を大きく上回る41%の学生を留年させて成績が急降下したため、かなり上層部も困惑しているだろう。真の合格率は37%まで低下。つまり6年生の5人に2人も国家試験に合格できていない。59名という留年生を抱えており今年もかなり6年生の数は多いだろう。浪人が結構合格したので、浪人数があまり増えていないのが救いだ。

 

2)6年時の留年数

 106では19%の留年率だったのに、108では41%まで増加。この感じだと今年も40%ぐらいの留年はさけられないのではないだろうか。30%ぐらいにした瞬間に表の合格率は相当下がる可能性が高い。もうすでに降りられないチキンゲームに乗ってしまっている感じだ。

 

3)109での展望

  この大学も107→108の成績下降ぶりをみると、上1/3以外の学生は合格水準にギリギリ達しているか、もう全く届かないと考えることが出来る。中1/3の成績をいかに上げるかが国家試験合格率の鍵を握りそうだが、色々聞いているとシステム混迷しているようで、今年も残念だが留年率で対応してみる形に落ち着くのではないだろうか。留年率を甘く見積もって一杯学生卒業させたら・・・・。

 

4)総評

  学費が相当安く107で良い成績だったため人気となった可能性があるが、108の成績を見る限り109もかなり厳しい戦いになりそうだ。逆に109である程度巻き返すことができれば入学者なども期待できそうなわけで2年連続の失態はさけたい所だろう。関東では学費が一番安く偏差値が低いため入学はしやすそうだが、歯科医になれるかは自分の頑張り次第だ。いくら学費が安いと言っても何回も留年していては膨大になる。

 

 

東京歯科大学

偏差値55(前年度55)

学費:6年総合 3214万円+教材費?

特待生数:1~3位が100万、4,5位が50万学費免除(卒業生から情報頂きました)

H27年度入学試験 データ無し

f:id:spee:20151021171605j:plain

 

1)国家試験合格率の推移

  まあ、この大学に国家試験ネタで絡んだらもう色々な人から怒られそうではあるぐらいハイレベル。3年連続で真の合格率は80%を越えており、私立大学で歯科医師になりたければ最も可能性が高い大学だ。しかし真の合格率は徐々に低下していることは事実。今後昭和に抜かれないとは言い切れない。

 

2)6年時の留年数

  留年は毎年10%程度のようだが、最近は1回落として這い上がってこい的な試験があるとかないとか・・・・なので最初は結構落とされるようだ(噂)

 

3)109での展望

  ずっと私立ではトップを独走しているが、徐々に真の合格率が下がってきているのは確かで有り、背後に昭和大学が見えてきている。この大学においても合格者数削減の影響はわずかながら出ている。再度引き離してトップを独走できるか注目だ。

 

4)総評

  学費が非常に高いことを除けば歴史もあり、活躍しているOBOGも多く私立の中では間違いなくトップレベルだろう。御三家の中でも飛び抜けた存在になりつつある。水道橋に戻ってきた効果で入学試験の偏差値等にも今後いい影響が出てくる可能性があるのではないだろうか。ホームページでの国家試験合格率を前面に押し出した宣伝も嘘じゃないから説得力がある。

 

 

日本歯科大学

偏差値55(前年度55)

学費:6年総合 3141万円+教材費?

特待生数:あるが、あまり安くならない

H27年度入学試験 データ無し

f:id:spee:20151021171638j:plain

 

1)国家試験合格率の推移

  表向きの合格率はここ2年全国平均を下回っており、おそらくOBからの突き上げも色々ありそう?な状況だ。真の合格率自体は私立5位以内を維持しており悪い成績とはいわないが、108では56%ということは40%以上の6年生は留年または浪人である。107→108での真の合格率は10%程度下がっており、下位層の学力低下はかなり深刻な状況であると想定できる。おそらくこの御三家と言われる大学でも下3割はすでにお荷物だろう。

2)6年時の留年数

  留年は毎年余り多くなく10%程度である。108で123名と過去に比べると6年生の数が少なかったこと、留年もそれほど出していなかった事から、おそらく109もどんどん卒業させないと6年生が溜まって仕方無い、というわけではなく、トップの判断次第で学生を絞るかどうか決まるのではないかと思っている。

 3)109での展望

  留年を多く出すことにより表向きの合格率を操作することは充分できると思う。上位、中位層の学力レベルはまだ担保されている。ただし、真の合格率の短期間での回復は余り見込めないだろう。そこまでのレベルにまで落ち込んでしまっている。浪人がジワジワ増えているのも全体の合格率を下げる要素だ。

4)総評

 同じ御三家の東京歯科との真の合格率の差は25%以上。御三家として同じ土俵で語ることに違和感を感じざるをえない。大学受験の偏差値がほぼ同じの東京歯科にここまで水をあけられたということは、N原家独裁政権(教授選考や教育システム)のつけが現代社会になりまわってきていると思う。同じ偏差値で同じような学費、ここの大学のOBOGの子弟でなければどちらを選ぶだろうか?。

 

 

昭和大学

偏差値57.5(前年度55)

学費:6年総合 2450万円+教材費?

特待生数:入学試験時選抜試験合格者50名は初年度授業料300万免除

H27年度入学試験 データ無し

f:id:spee:20151021171710j:plain

 

1)国家試験合格率の推移

  ここ数年非常に優秀な成績を収めている。108では留年0で合格率80%近くをはじき出しており、東京歯科と並ぶ2強構造を構築しつつある。さすがAzbの総本山。他の大学が107→108で軒並み真の合格率を下げたのに対してこの大学はむしろ上げてきており、底力があることを証明している。この大学はさらなる合格者削減にもある程度対応可能だろう。

2)6年時の留年数

  殆ど留年しない。6年生になった時点でほぼ卒業できる。

3)109での展望

  東京歯科を抜くのか離されるのかどうかが最大の見所だろう。全員ぽーんと卒業させられるのは他の私立大学の6年生担当教官からみれば羨ましい!の一言だろう。109でもそれなりの成績確保は間違いないのでは。

4)総評

 私立では偏差値が最も高い57.5。学生の質はかなり高いと予想される。浪人の合格率もかなり高い。ここまで好循環は羨ましい限りだ。特待生(50名)で入った場合、6年で2150万の学費であり東京歯科よりも1000万安い。これはかなりの魅力だろう。

 

日本大学松戸歯学部

偏差値47.5(前年度47.5)

学費:6年総合 2940万+教材費?

特待生数:入学試験時優秀者は200万免除

H27年度入学試験 データ無し

f:id:spee:20151021171732j:plain

 

1)国家試験合格率の推移

  この大学の表の合格率は信用できない。104回で国家試験の不合格者が43名しかいなかったはずなのに105回は66人もの浪人が受験した。そしてこの出来事は107回まで続いた。これは国家試験を受験させずに卒業だけさせた(卒業保留となった)学生が多くいたと考えられる。108回ではそういった事は行われていないようだが、またいつやるか解らない。真の合格率は表の合格率の変動の激しさとは違いある程度安定した数字であり、大体55%~60%である。

2)6年時の留年数

  国家試験を受けさせずに卒業させて自動的に浪人化させていたため、実際の留年率はこのデータよりも少ないだろう。国家試験を受験できるのは6年生全体の7~8割といった所あろう。

 3)109での展望

  真の合格率自体はある程度一定した数字をとれており、中堅私立の上の方、と言えるだろう。浪人の合格率自体もある程度高く、学生の質も悪くないと思う。なので普通にやればいいと思うのだが、3年連続で大量卒業保留を出した以上、今回もそういった手段を用いないという保証はない。

4)総評

 106回の発表後にホームページやFBなどで表の合格率をしきりに宣伝していたことがある。実際の真の合格率とは25%以上かけ離れた数字と解って使用しているのは明白で、数字のマジックが大好きな大学と言わざるを得ない。今でも106~108回のデータを使用している。日大と同系列だが教育は全く別の大学と考えた方がいい。そこら辺を理解して入学するなら中堅私立大学として問題はないと考える。

 

 

日本大学

偏差値52.5(前年度52.5)

学費:6年総合 3160万+教材費115万

特待生数:授業料免除(上位6名)

H27年度入学試験 データ無し

f:id:spee:20151021171800j:plain

 

1)国家試験合格率の推移

  ここ数年ずっと表の合格率は全国平均以下であった。107に至っては全国平均から10%以上もマイナスとなってしまったからか108で方向転換。今まで殆ど留年させていなかったのが急に20人留年となり卒業生を絞った結果表の合格率も上昇している。真の合格率自体は優秀で私立でもトップクラスであり60%はキープしているが、御三家として東京歯科に大きく水をあけられ、昭和にも抜かれている状況は好ましくないだろう。

 2)6年時の留年数

  去年はじめて20人もの大量留年を出し、ある程度の表の合格率をたたき出した事から、おそらく今年もある程度は留年させるのではないかと考えられる。まあ、今までが甘すぎたというのが他校と比較した際の感想だ。

 3)109での展望

  留年生をある程度出せば合格率はとれるということがわかったわけで後はM先生と教授達の判断次第と行った所だろう。合格者数がさらに減る可能性が高い状況で再びほぼ全員卒業させるのはリスクが大きいと思うがどうなるだろうか。

4)総評

 1度盛り返したこの流れをさらに追求するかどうか、だろう。タダでさえ学費が高めの大学なので、ある程度レベルの高い入学者数をおさえる意味でも国家試験の表の合格率はある程度取っておきたい。もちろん日大松戸には負けていられない。

 

 

 

鶴見大学

偏差値42.5(前年度40)

学費:6年総合 2790万+教材費?

特待生数:少数が授業料全額または一部免除

H27年度入学試験 データ無し

f:id:spee:20151021171819j:plain

 

1)国家試験合格率の推移

 101回から一度も表の合格率が全国平均を上回った事がない。しかし以前はそれでもあまり底辺という感じではなく、どちらかという中盤の底(サッカー風)ぐらいの合格率だったが、107、108回と真の合格率は下5校にどっぷりと浸かってしまっており、凋落という文字が似合う大学になってしまっている。特に108にいたっては45%の6年生を留年させたにもかかわらず表の合格率も全国平均を大きく下回り不本意な成績だった。

 2)6年時の留年数

 108ではおそらく112人中50人留年させている。その50人がそのまま次の6年生に乗っかったとすれば学生数は相当凄い数字になっている可能性がある。①多少の合格率の低下に目をつぶって学生を卒業させて次年度の6年生の数をある程度減らす か ②そんな事いってられる状況かよ!成績取りに行くぞ!留年だ!留年!とさらに同等数留年させるかの二択の対応になるが、はっきりいってどっちかは解らない。

3)109での展望

  真の合格率が36%ということはおそらく下50%の学生の学力レベルはすでに国家試験合格レベルには届いていない。これを劇的に改善出来る手段があるとも思えず、今回も留年数でコントロールするしかないのではないだろうか。学生を多く卒業させれば下3位以内も見えてくる位置だ。

4)総評

 108でおそらくここまで留年させてこの成績は予想していなかったのではないか。この状況から今後も相当苦戦の可能性がある。偏差値もかなり都市部に存在しているわりに低く、入学はそれほど難しくないだろう。ただし卒業はかなり厳しい可能性がある。学費はそれほど安いわけではないため、この合格率ではコストパフォーマンスは良いとは言えない。

 

神奈川歯科大学

偏差値42.5(前年度35)

学費:6年総合 2700万+教材費150万程度?

特待生数:入試上位10名初年度学費無料 2年生以上は上位3名が授業料半額

H27年度入学試験 データ無し

f:id:spee:20151021171844j:plain

1)国家試験合格率の推移

  国家試験の成績ははっきり言って良くない。108で表の合格率は確かに私立で2位になり盛んにそれを宣伝している。しかしそれは46%を留年させてはじき出した数字である。真の合格率は常に45%程度で有り、毎年6年生の40~45%しか国家試験に合格していない状況はなんら変わってない。ただし、107→108で多くの私立大学が真の合格率を落としたにもかかわらずあまり変化していない。つまり上位層はまだ期待できるということだろう。

2)6年時の留年数

  留年率はついに108で46%。いまのままだと50%留年ももはや夢ではない状況だ。50名以上の留年生をかかえた現在の6年生の教室は一体何人いるんだろうか? と思ったら5年生を大量に留年させており、おそらく5,6年生の2学年で大量に留年させるシステムに移行したようだ。5年生は30名以上留年。

3)109での展望

  上位1/3は国家試験合格有望な感じだろう。しかし、そこから下は危うい。おそらく下1/3は完全にお荷物だろう。中盤を底上げしつついかに学生を卒業させて留年率を抑えるかが勝負になりそうだ。108で表の合格率が上がったので少し余裕が出来ているかもしれない。しかし40%以上留年させなければ数字を作るのは難しいかもしれない。

4)総評

 非常に厳しい状況である事は間違いない。40%留年という手を何年も続けてうてるとは思えないが、それをやらないと厳しい数字にまた戻りそうではある。真の合格率から35%以上水増しした表の合格率を散々宣伝に使っているのは当然故意であるわけで、受験生はそういう事をやる大学だと理解してそれでも入学するなら止めはしない。なぜか偏差値が大幅に上がっているがこれは早速表の合格率の宣伝効果が出ているのだろうか?教えて河合塾サン!

 

備考:神奈川歯科大学については詳しく考察しているページがありますのでこちらも参考にして頂くとより理解が深まると考えられます。

 

 

spee.hatenablog.com