(続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

日本語が不自由な歯科医師のろくでもないお話 コメントは承認制

各大学別国家試験合格率推移2015年版(国公立)

国公立についてはあまり書くことがない。

それはどこの大学もある程度成績が高いので明確な差があまりないからだ。

まあそれでも参考にしたい人はいると思うので軽く流しながらいってみたいと思う。

 

表の合格率:全国平均以上の成績の場合青 全国平均未満の場合赤で表記

総合:101~108全ての各大学受験者の集計

受験のデータ:なし

 

北海道大学

f:id:spee:20151027142238j:plain

久しぶりに上位に進出した。

108では表の合格率では国公立でトップの成績だった。

まあ106を除いては優秀な成績だ。

109でも上位ということになれば、昔のような国試に優れた北大イメージが復活なのかもしれない。

 

東北大学

f:id:spee:20151027161357j:plain

かなり乱高下が激しいイメージだ。

102で大敗してからは107まである程度の成績を取っていたが108では国公立で下から2位と大失敗。

去年の同じネタで102の様なことがまたない、とは言えない、と書いたのが完全に当たってしまった。

おそらく教員含め危機感あると思うのでまたある程度は盛り返すのではないだろうか。

 

東京医科歯科大学

f:id:spee:20151027161926j:plain

東日本の雄を名乗ってはいるが国家試験では東日本の雄ではない。

かなり乱高下な合格率。

今年はまあまあな成績。

これが去年はじめた講義のお陰なんて思ってたらやられるかも。

 

新潟大学

f:id:spee:20151027143128j:plain

 ずっと安定した成績をとってきた新潟であったが去年は大敗。

なんと国公立最下位という不名誉な記録となってしまった。

ちなみに新潟大学の浪人生の合格率は40%以下。

浪人するとやばいよ、新潟。

 

大阪大学

f:id:spee:20151027162254j:plain

比較的安定した成績を最近はとっている。

101~108までのトータルで現役では国公立1位の合格率である。

浪人の合格率も63.5%とかなり高い。

 

 岡山大学

f:id:spee:20151027162441j:plain

104~106までの暗黒時代があったわけだが、107、108は優秀な成績である。

乱高下が激しいので、いつまた落ちるかはわからない。

浪人の合格率が68%と驚異的。

どこぞの私立の現役よりも遙かに合格率が高い。

 

広島大学

f:id:spee:20151027162705j:plain

104回の100%は金字塔。

残念だがこの国家試験では今後100%は奇跡だろう。

広島はここ2回はあまり良くない。

浪人の合格率は47%とあまり良いとは言えない。

 

徳島大学

f:id:spee:20151027163018j:plain

この大学はここ数年必ず出願者と受験者に差があり、他の大学とは違い留年させているだろうことがわかる。

それで他大学を下回る成績なのだからかなり危うい。

来年も浮上する見込みはあまり無いのかもしれない。

浪人の合格率は45%。浪人しないことだ・・・。

 

九州大学

f:id:spee:20151027163300j:plain

九州大学は乱高下という言葉が最も良く似合う。

安定感は全く無い。

108で4名留年させたようだが、成績は振るわない。

101~108回で現役の合格率は国公立最低の84.8%

私立からしたらうらやむ数字だが・・・・。

その分浪人の合格率は非常に高い。浪人したからって諦めないで九大生。

 

長崎大学

f:id:spee:20151027163938j:plain

ここ2年は低迷している。

残念だが国家試験の難化に対応しきれていないのではないか。

 

鹿児島大学

f:id:spee:20151027164217j:plain

鹿児島大学も108では4名ほど留年させている。

その分合格率ををなんとかキープしたと考えるべきだろう。

今後も6年生を留年させるのだろうか?

 

九州歯科大学

f:id:spee:20151027164351j:plain

唯一の公立校。

成績は上がったり下がったり。

まあ中堅校という印象だ。

108では卒業判定を異常に早めて出願者数を確定させる前に留年を決定して真の合格率を裏技で上げたことがわかっている。

税金が投入される大学のやることなんですかね?えげつないわ。

この大学の今年の卒業試験の日程等についての情報お待ちしております。

 

 

ランキング

101~108の総合ランキング

1)現役の合格率

1位 大阪大学 89.7%

2位 鹿児島大学 88.2%

3位 広島大学 88.1%

4位 北海道大学 87.9%

5位 東北大学 87.7%

6位 新潟大学 87.6%

7位 岡山大学 87.3%

8位 長崎大学 86.7%

9位 九州歯科大学 86.4%

10位 徳島大学 86.2%

11位 東京医科歯科大学 85.5%

12位 九州大学 84.8%

 

2)浪人の合格率

1位 岡山大学 68.4%

2位 九州大学 67.5%

3位 東京医科歯科大学 65.5%

4位 大阪大学 63.5%

5位 長崎大学 55.1%

6位 北海道大学 53.5%

7位 東北大学 51.9%

8位 鹿児島大学 50.6%

9位 広島大学 47.3%

10位 九州歯科大学 47.1%

11位 徳島大学 45.8%

12位 新潟大学 39.7%

 

現役の合格率はさすが国公立であり、どこも80%~90%の間である。しかしながらその中でも5%ほど開きはある。最近は全体の合格率が下がっている影響を国立も受けており、70%台に低迷している大学もあるので今後はその差が広がる可能性もある。

浪人の合格率に関しては1位の岡山大学の68.4%と12位の新潟大学の39.7%では大きな差がついてしまっている。浪人の合格率が50%を切っている大学では国公立を卒業しても国試に受からない学生が複数いるはずである。国公立を卒業しても歯科医師になれないのは非常に悲しい。どこの大学も大体似たような偏差値であるため、ここらへんが大学選択の1つの材料になるのかもしれない。

 

3)6年生で留年?を出した大学

北海道大学 1名

大阪大学 1名

徳島大学 2名(3年連続で留年者あり)

九州大学 4名

鹿児島大学 4名

 

1名ならともかく4名はあきらかに国家試験の合格率低下を恐れてのものだろう。

国公立も合格率をとるために留年させるステージに入ったのかもしれない。

 

九州歯科大学にいたっては真の合格率をおそらく偽装してきた。

私立大学で真の合格率を偽装するのはかなり難しいだろう。

なぜなら出願期限の11月30日の前までには留年か卒業を決定する必要がある。

私立では出席日数等や卒業試験の点数などにおいてもかなり親や学生からクレームが来る可能性があるのでそんなに早く6年生の成績を確定させるのは難しい。大体カリキュラムを11月30日までに設定できないだろう。後2ヶ月何するの?という話になってしまう。野放しにしたら遊んで落ちるやつが大量に溢れるだけだ。

といっても11月30日までに絶対駄目な奴を足きりしたり休学に追い込んだりする私立大学が今後大量に現れる可能性はあるわけで、今後唯一の指標である、真の合格率すら当てにならなくなる時代が来るのかもしれない。