(続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

日本語が不自由な歯科医師のろくでもないお話 コメントは承認制

採点サービスのススメ 109ver

去年も書いたよ

これもまあ去年書いた内容をまず参考にして頂きたい

 

spee.hatenablog.com

 

さて、採点サービスでよく言われることは

「成績がよい人がサービスを集中的に使っているため、正答率が高くなってしまう」 

ということだろう。

つまり、実際データ収集で重要な、成績がギリギリまたは良くない人達の利用が少ないと言える。彼らに何故利用しないか聞いたところ

「怖い」

「3月の発表まで知らずに遊びたい」

とか、もう呆れた回答が返ってきたわけだが、

40%落ちる試験だよ?相当なリスクがあるんだよ?

落ちるなら落ちるでもう次に向けて動かないとまた落ちるでしょうが。

落ちるだろうなあ、とうすうす思いながら発表までの1ヶ月半、そこから予備校が始まるまでの1ヶ月、遊んで暮らして来年受かるの?

 

落ちたら結局Answerでも実践でもやるんだよね?

そこに載ってる正答率が少しでもリアルな数字の方がいいでしょ?

 

大体、Answerに載ってる「合否を分けた問題」とかももっと採点サービス使う人が増えて精度が上がったら変わってくるかもしれないじゃないか。

 

だから言いたい。

目を背けて良いことは何もない。

採点サービスはやった方が良い。

自分が合格したとしてもやり損にはならない。

そのデータは後輩達の役に立つ。

 

おそらく、分母が大きいのは

DESと麻布だろう。これをどちらでもいいし、2つやってもいいと思う。

 

採点サービス

DESの採点サービス(すでに稼働中 2/4 17:00まで)

第109回歯科医師国家試験 国試採点サービス|DES 歯学教育スクール

 

麻布(2/1 12:00~2/10 12:00)

第109回歯科医師国家試験 採点サービス|麻布デンタルアカデミー

 

結果を知ったら遊べない、とか

親の前で言ってみろ

と思うよ。

 

 

 

追記

ただいまA問題みてる。

109A-1でフイタ

こんなレベルの英語でもう駄目なら駄目だろ。

英語論文のアブストを読むどころか検索すらできないレベル。

いや、タイトルすら・・・・。

 

追記(2/2 21:23)

やっとA,Cをみた

109C-125

要介護高齢者の義歯による補綴歯科治療で正しいのはどれか。2つ選べ。

a 1回の治療時間を長くする。

b 本人への説明は付添いの家族を通して行う。

c 咬合回復は歯周基本治療の再評価後に行う。

d 使用中の義歯を治療用義歯として使用する。

e 他専門職の意見も踏まえ治療計画を立案する。

これ、eは正解として後どれだよ・・・・。aはない、cもまあない。bかd

絞りきれないんですが(笑)