読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

日本語が不自由な歯科医師のろくでもないお話 コメントは承認制

こういう人達がいるからね・・・・

歯科医師国家試験の本格的な模擬試験シーズンは秋以降。

今のシーズンは0回模試なんかを受けている所だろう。

 

模擬試験をわざわざ不正して受験する学生がいる。

 わざわざそういうことをするのは大学側が卒業判定の一部に使うシステムの不備によるものなわけだが、そのことに関する投稿はこれ。

spee.hatenablog.com

まあこう言うことを書いてもやめない大学はやめないわけで

 

spee.hatenablog.com

 まあ、今まではシステム上どうしても模擬試験の成績を良く見せざるを得ない学生による犯行を取り上げてきたわけだが、

 

昨日聞いてしまった。衝撃の事実を・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

模試前に講義で問題漏洩する講座(´;ω;`)ブワッ

 

 

 

 

 

大学側は模試の成績を結構あてにしている。

なぜなら卒業試験は時期も遅く問題数に関しても学生の弱点などをあぶり出すには足りない。例えば、卒業試験が3回あるとして365問×3、たかが1000問ではたいして分からないし、1学年の分母では偏りが出る。模擬試験をA,D全部うければ365×6(まあ最後の模試の成績をフィードバックするのは無理だろうが)だし分母が3000人ぐらいいる。そういったわけで模試は非常に重要。

当然だが模試で成績が悪い講座には白い目が向けられる。

「あいつら、まともに教えてるのかよ?」

 

という原因かどうかは私は知らないが、そんなもんだろう。

模擬試験を重要視したい大学側とそれに真っ向から背信の漏洩講座

いやー、その両者がそろう会議、あったら傍聴したいわ(笑)

 

 

 

ちなみに講義評価は最悪レベルらしい。

 

まず自分達が国家試験合格を最重要視している大学にいることをよく理解するべき。

今まであなた方がいた大学とは全く違うのだから。

 

郷に入れば郷に従うべき。

誰だって最初から講義がうまい人はいない。

常にブラッシュアップして努力してうまくなる。

それを無視して成績を良く見せるだけの小賢しい手段とか

底辺私立で留年何回もしてる学生以下

 

それができないのであればさっさと辞めて頂きたいものだ。

理事長さん、お願いします。