読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

日本語が不自由な歯科医師のろくでもないお話 コメントは承認制

11月が新たなピリオドになりつつある

卒業試験 国公立大学歯学部 私立歯科大学 歯科医師国家試験

11月

 

今までは単なる通過点だった・・・・・・。

そう、単に国家試験の出願をするだけの月。

 

しかし、最近は大きく変化してきている。

 

ここ数年、厚労省が志願者数を公開するようになった。

私立歯科大学の多くが大量留年により表の合格率を少しでも良く見せようとしたせいだ。

志願者数と受験者数で40名以上差がある大学はくさるほどある。

そして最近、厚労省が志願者を分母とした合格率に変更するという噂がまことしやかに囁かれている。

そういった意味で今は

11月までにいかにして国家試験に受かりそうもない学生を切るか

が各大学の興味の対象になっている。

 

行われる方法としては

①卒業試験を11月までで終了する。

11月までで1回選抜して1月に再度選抜する大学もあるが、11月に大量留年させれば志願者数は大幅に減らせる。

②今の時点で合格の見込みのない者を休学に追い込む。

今のままでは卒業の見込みがないので無駄、休学して学費浮かせば~?というプレッシャーを与えて追い込む。

この方法だと流石に大量に休学させることはできないが下1割ぐらいはいけるだろう。

突如二者面談、三者面談を言い渡され、そこで宣言されるようだ。

 

以前から言っているように、

6年生の勝負は昔は12月~1月に決着がつくものであったのだが、最近はもっと早くなってきている。

卒業試験も最初の2回ぐらいで勝負はついてしまうわけで、10月、下手をすると9月ぐらいには下位層はすでに大学側から見切りをつけられている場合が多い。

つまり大手予備校の1回目の模擬試験結果が出る頃にはもう大学側から、こいつはもう駄目だな、と判定されているということだ。

 

だから言ったでしょ?

勝負は先行逃げ切りで1学期が勝負だって・・・

 

早々と休学または留年した場合

実はこういった早め休学留年の学生に対して何のフォローもしない大学は結構多い。3月まで遊んで暮らしたら、また同じ運命になる可能性はある。

まあ最初の2週間ぐらいは途方にくれるなり気分転換するなり親に怒られるなりすればいい。

この4,5ヶ月間をいかにして過ごすかが来年成功できるかの鍵だ。

完全に遊んだ場合、6年生の最初の段階で上がってきた新6年生よりも学力が下の可能性がある。それではほぼ卒業できないし、国試にも合格できない。

留年生はもう成績の伸び幅が少ないわけなので、最初はかなり上の方にいなければならない。

なので、3月までの使い方をしっかり考えるべきである。

お金があれば予備校・・・

なければ大学の図書館などに籠もって勉強しよう。

解らない所は教官に聞きに行こう。

休学留年が恥ずかしいかもしれないが、

来年こそは合格したいんで心を入れ替えてやります!

という姿勢をアピールしなければ誰の協力も得られない。

来年への布石を打たないといけないのが今の時期であると考えよう。

 

今の5年生で成績が下の人達

もう勝負は1年を切ったと考えるべきである。

来年の10月終わりに教官が後ろに立っていて肩を叩かれて

「後で来て。重要な話がある。」

という状況になりたくなければ、今からやるしかない。

特に6年生で大量に留年する底辺大学では中位層すら最終的に卒業出来ない可能性が充分あるわけなので、中位層の人も今から危機感を持つべきである。

最近は5年生で結構留年させて6年にあげない作戦の大学もあるわけでもう1回臨床実習やりたくなければそろそろお尻に火をつけないといけない。

 

なぜこういった話を何回もこのブログでするのか・・・・

それは

私立大学の中位層、下位層の学生の多くは

自分の成績を客観的に評価することができない

からだ。

自分の立ち位置がわかってないから、正確な未来を予想することもできない。

周りの教官や優秀な学生からは絶望視されていても、自分だけは大丈夫、自分は受かる

と思っている人が多い。残念なことだ。

 

というわけでそろそろ目を覚まそうやということでしつこく書いているが、大体そういう人はこのブログ見ないか(笑

おそらく死にたくなるもんな。こんなブログ読んでたら。

 

終わりに

厚労省が本当にそんな志願者数を分母とした合格率発表するのか、という点については私は懐疑的ではある。

少しでも数字を良く見せるために行われる大学側の工作として12月、1月の大量留年よりは11月の出願までどれだけ絶望な学生を切るか、に軸足が移ってきている様な気がする。勿論両方を行う地獄の様な大学もあるだろう。

そうやって少しでも合格率を良く見せたい、そして入学者数を確保したい、と大学の上層部は思っているわけである。

そしてさらに厚労省が4月1日時点での学生数を発表するとかそういったイタチゴッコになるのだろうか・・・・。

 

 

 

コクヨ 緑色レーザーポインター マウス機能付 UD形状 ELA-MGU91

コクヨ 緑色レーザーポインター マウス機能付 UD形状 ELA-MGU91

 

 ワイヤレスのレーザーポインター付きマウスで講演をするわけだが、色々使ってきたが値がはるこれが一番良い・・・・。

緑色レーザーポインターであることが一番。

マウスの動きもスムーズでパワーポイント上に置いた動画の再生等もスムーズに行えるのが非常に快適なのである。