(続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

日本語が不自由な歯科医師のろくでもないお話 コメントは承認制

採点サービスのススメ 110ver

 

おっつん!

二日酔いで死んで三日酔いに突入している人もいるのかもしれない。

 

さて、そろそろ正気に戻ろうな。

はい、今年もやってきました。

 

去年のはこれ。

 

spee.hatenablog.com

で、書いてある内容の一部

さて、採点サービスでよく言われることは

「成績がよい人がサービスを集中的に使っているため、正答率が高くなってしまう」 

ということだろう。

 

 

 

 

 

なぜ採点サービスを利用しないのか?

 

 

落ちたかもしれないという思いを引きずって卒業旅行に行きたくない。

落ちたかもしれないという思いを引きずってたら後2か月遊べない。

落ちたかもしれないという思いを実際の発表まで忘却していたい。

落ちたかも・・・・(ry

 

どんだけお子ちゃまなんですかね?

 

 40%落ちる試験で、落ちることを想定しないわけにはいかない。

もし落ちてるかもしれないなら早めに行動を起こさなければいけない。

 

今年は卒業保留者がかなりいる。

彼らは卒業はできたが国試は受験できなかったわけで予備校を先に決めているだろう。

国家試験の発表が終わってから予備校を探し始めていたら、もう行きたい予備校は一杯ということもなりかねない。

 

後はデータの収集として重要。

敵は予備校じゃなくて厚労省。

どの問題がどの領域なのか、なんて厚労省しかわからない。大量のデータを重ね合わさないと推定することすらできない。

1人でも多く採点サービスやって精度を上げる必要がある。

 

 去年書いた内容↓

落ちたら結局Answerでも実践でもやるんだよね?

その時にそこに載ってる正答率が少しでもリアルな数字の方がいいでしょ?

 

大体、Answerに載ってる「合否を分けた問題」とかももっと採点サービス使う人が増えて精度が上がったら変わってくるかもしれないじゃないか。

 

だから言いたい。

目を背けて良いことは何もない。

採点サービスはやった方が良い。

自分が合格したとしてもやり損にはならない。

そのデータは後輩達の役に立つ。

 

おそらく、分母が大きいのは

DESと麻布だろう。これをどちらでもいいし、2つやってもいいと思う。

 

というか、

落ちるかもしれない人ほど採点サービスをやるべきなのに、やらないというどんだけ低レベルな話なんだよ!

 

なんというか、こういう行き当たりバッタリで人生生きてきてそれで失敗してるってそろそろ気づけよな・・・・・。

 

 

 

今年こそやれよ!

絶対だぞ!

 

DES

2/5 17:00~2/9 17:00

第110回歯科医師国家試験 国試採点サービス|DES 歯学教育スクール

 

 

麻布

2/6 12:00~2/13 12:00

 第110回歯科医師国家試験 採点サービス|麻布デンタルアカデミー

 

 どちらもすでに登録可能。

登録には模擬試験でのIDとパスが必要な模様。

今はそういう時代なのね。

模擬試験での成績と国試の成績の相関も解析可能と。

 

何か2年計画とか、来年本気で受かる気がないような人一杯居るけどさ。

そういう人に対して使われる用語として

1年浪人(留年)すると数百万の損失っていうけどそれ安すぎるから

だって、その1年歯科医早くなってればその年収があるわけでしょ?

それを1年損するわけだから。

 

凄ーく単純な計算だと

予備校(大学)のお金教材費、生活費+平均年収(予想)

があなたが1年無駄にしたせいで人生で失う差額。

さあ、年収、あなたは幾らぐらい欲しいと思ってる?

明確なビジョンがある人はその年収を思い浮かべて(実現可能かはさておき)

特に明確なビジョンがない人は・・・・・年収は成功したかどうかでかなり違うけど、マイルドに600~1000万ぐらいに設定してみれば?

大きく成功も失敗もしてないぐらい(600だと限りなく失敗に近い気もするが)。

 

予備校のお金、教材費が250万~300万ぐらい?

大学ならもっと高くて教材費合わせて400~600万

生活費は実家か一人暮らしで金額がかなり違うだろう。

研修医は実家でするはずが、浪人は一人暮らしとかなら、さらに数百万加算。

生活費を含めない場合でも1年で1000~1500万以上簡単に失う計算になる。

2浪すれば安く見積もっても2000万。3000万の可能性もある。

2回浪人、留年したらもう安い家が建つ。

浪人すればするほど、歯科医師としてバリバリ働ける時期が減るので実際はもっと損かもしれない。

2浪したから、75歳でリタイア予定を77歳までやったとしても、その2年はピーク時の収入と同じには到底ならない。

浪人や留年で年を重ねればそれだけ脂がのってくる時期も遅くなる。

 

 

だから多少投資したとしても出来るだけ早く浪人や留年沼から抜け出さないといけない。

人生収支をこれ以上減らさない。マイナスにしないために・・・。

勿論、歯学部を諦めるという選択肢もありだろう。

ただ、その場合は将来年収の期待値がどうなるかは知らん。

ずっと言ってるけど、いつまでも親はいない。

親は基本的に自分より絶対早く死ぬ。

 

延々親に甘えてる私立留年生。浪人生。

カイジでも読んで考え改めた方がいいぞ。

f:id:spee:20170205043738j:plain

 

 そういえば、アカギやっと鷲巣麻雀終わるんだってな

 

次回予告

次回は2/8に更新。次回はなかなか面白い内容になっとるよ・・・(ΦωΦ)フフフ…