(続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

日本語が不自由な歯科医師のろくでもないお話 コメントは承認制

EPARK歯科の制作会社からDMCA攻撃きたよ。

 

PVが祭りに!

さて、とある土曜日の夕方、いきなりブログのPV数が跳ね上がっている事に気付いた。

なんで?

早速みてみると原因はこれだった

 

ある方のTweetが発端。

 

 

DMCAとは?

デジタルコンテンツに関する著作権として事実上の基準となっているもの

詳細は以下のリンク参照

DMCAとは | SEO用語集:意味/解説/SEO効果など [SEO HACKS]

 

サイト管理者が分からなかったり連絡が取れなかったりした場合、直接要請を出すことは出来ず盗用されたコンテンツが検索結果に残ってしまい、本来自分のサイトに来るはずだったユーザーが盗用サイトへと流入して機会損失を招くほか、盗用コンテンツが存在している場合、プロバイダー側にも賠償責任が発生する可能性があります。

そこで、この問題を解決するために2000年にアメリカでDMCAという連邦法が成立しました。
これによって、プロバイダーに対して著作権侵害を申し立て削除することが可能となりました。

こういったものらしい。

さて、今回のDMCAに関する申請だが

 

f:id:spee:20170513205059j:plain

これで確認出来た。

EPARK歯科の制作元であるエンパワーヘルスケア株式会社が5月4日に当ブログのあるエントリーに関して画像の転用、ロゴの著作権の侵害を申し立てている。

 

そのエントリーはこれ

 

spee.hatenablog.com

 

 EPARKの口コミは完全にステマだよ!つう事を書いたエントリー。

それにまつわるお金の流れとか、患者の個人情報とか、コンプライアンス的にどうなの?ということがいっぱいある。

 

ちなみに検索するとこんな感じになっている。

まあ本家の直下にドーンと鎮座しちゃってるからね。

相当な抑止力になっているかもね。

 

f:id:spee:20170513205733j:plain

GoogleへのDMCAの申請が受理された場合、Googleの検索から削除されることになる。

まあ、よっぽど都合が悪いので力尽くで検索から消しちゃえ!ということらしい。

しかし、今回は逆により拡散されてしまっている。

 

なお、DMCAの悪用に関してはTweet元の方のBlogが詳しいのでリンクを載せておく。

webweb.jp

この引用量、内容で消されていたら、他のサイトなんかもっと消されてしかるべきだろう。

実際、このブログの中にあるフェアユースというところをみたが抵触している、とは思えなかった。

support.google.com

もし削除された場合直ちにGoogleに異議申し立てしようと思っている。

 

それにしてもここまでやるとは自分は真っ黒と言ってるようなもんなんじゃない?

 

後魚拓を貼っておこう。

問題の画像は微妙に加工しておいた。

 

追記(2017/05/14)

EPARK病院(医科)のほうで春の口コミキャンペーン実施中!

行ったこともない病院の口コミに1件300円(最大10件)ですと!!

全く行ったこともない知らない病院の口コミ、私も書いてみようかなー!3000円欲しいし!

AMAZONでも使用しないで口コミ書く人いないんじゃないかなあ。入院してる患者の家族とかそういう人が書くならわかるけどさ

医科の方もうかうか出来ませんよ!

fdoc.jp

 

 

 

魚拓

 

f:id:spee:20170513211401j:plain

f:id:spee:20170513211407j:plain

f:id:spee:20170513211412j:plain

f:id:spee:20170513211415j:plain

f:id:spee:20170513211419j:plain

f:id:spee:20170513211423j:plain

f:id:spee:20170513211426j:plain

f:id:spee:20170513211430j:plain

f:id:spee:20170515163833j:plain