(続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

日本語が不自由な歯科医師のろくでもないお話 コメントは承認制

第111回歯科医師国家試験の日程発表

厚労省より第111回歯科医師国家試験の日程が発表された。

 

www.mhlw.go.jp

 

平成30年2月3日(土)

平成30年2月4日(日)

の2日間で行われる。

 

 

 

今回は節分開催ですかー!

鬼退治に行って逆にやられないようにね。

 

しかし2年連続で2月か。

これは2月最初の土日開催固定って事になってきたんだろうか?

 

 

歯科医師国家試験まで・・・・後215日

 

4月からもう90日以上経過したわけで、案外折り返しって早いのよね。

8月終了で150日経過、残り150日の折り返し。

しかし、卒業試験を考えるともっともっとペースは速くなくてはいけない。

まだまだ勉強する日は一杯あるよー、なんて言って余裕ぶっこいてたら卒業すら見えない可能性があるから注意してほしい。

 

出題委員

出題委員も発表された。

http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/shikaishi/dl/iinmeibo.pdf

 

f:id:spee:20170703101405j:plain

 

インプラントの問題が増えそう。

高齢者系の問題は結構出そうですね。

顎関節症や睡眠時無呼吸なんかも出そうな出題委員構成だなあ・・・。


 

合格発表

合格発表は平成30年3月19日(月)

え・月曜日・・・・なのか・・・

最近金曜日だったので油断してたぜ・・・・

月曜日・・・・14時・・・仕事一番忙しいかも・・・

 

問題数等の変更はあるの?ないの?

111回から出題形式等が大幅に変わると言われている。

医師国家試験ではわざわざ問題数の変更等が告知された。

www.mhlw.go.jp

しかし、歯科医師国家試験では同等の発表がない。

これ、どうなるの?

必修10問程度の変更はそれほど大きな物ではない、ということなのかなんなのか・・・。

それとも全く変わらないのか・・・・。

 

いちおう、111回歯科医師国家試験がどうなりそうか、をまとめたエントリー


 新しい出題基準について