(続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

日本語が不自由な歯科医師のろくでもないお話 コメントは承認制

各大学別国家試験合格率推移2017年版(私立)(関東編)

 

シリーズ物の関東編。

関東はいつも思うが大学が非常に多い。

 

関東にお住まいの方は選択肢が多い、という事もできるが・・・・。

関東というロケーションに有りながら負け組に転落した大学もあり、厳しい所は非常に厳しいというのが現状だろう。

こんなに多ければ受験生の取り合いになるに決まってる。

 

追記(2017/11/03)

文科省から最新のデータが発表されたのでデータを更新しました。

 

表の見方 

1 表合格率の赤字は全国平均以下、青字は全国平均以上

2 6年生の実数に?が付いてないのは大学HP公表のデータ。?は独自収集。

3 出願者数ー受験者数は12月以降に留年または卒業保留になったであろう人数

4 浪人受験者数が前年の不合格者数合計より遙かに多い場合は前年卒業保留確定

5 補正合格率=合格者数/志願者数 表の合格率=合格者数/受験者数

6 補正合格率順位:私立大学(17校)内での順位

 

こちらも参考にして頂きたい

 北海道・東北・北陸編はこちら 

 

 

 

 

明海大学

偏差値:47.5 (前年度47.5)

学費:6年総合 1931万+教材費150万(前年度と変化なし) 

特待生数:なし?

H28年度入学試験:受験者数730名 合格者数215名 倍率3.40 入学者数120名

H29年度入学試験 受験者数778名 合格者数252名 倍率3.09 入学者数120名(募集人員120名 定員120名)

H28年度6年ストレート合格率:29/95(30.5%)

H29年度6年ストレート合格率:45/127(35.4%)

f:id:spee:20171014151813j:plain

f:id:spee:20171014151825j:plain

  

1)国家試験合格率の推移

 国家試験の合格率はここ2,3年は右肩下がりだったが、110回でV字回復を成し遂げた。しかしそれはまやかしである。 110回では142名6年生がいたと言われているが国家試験を受験できたのは56名である。大量留年させることにより合格率を良く見せている。実際の補正合格率は17校中13位→15位→12位であり、109回で大量に卒業保留して学生を裏から出しているにも関わらず改善していない。110回の数字だけみてこの大学は教育がよくなったから入学しよう、なんて大間違いなので注意されたい。

 

2)6年時の留年数

 留年率は加速度的に上昇しており、110では57.6%である。クラスの6割弱が留年する恐ろしい状況だ。おそらくこのうちのある程度の割合は卒業保留ですでに浪人になっている可能性が高い。109回から110回へ持ち越された浪人は61名だったはずが、実際110回で受験した浪人は101名。40名ほどが裏から出された計算となる。これだけ出しておいて110回でこれなのだから下位層の学力は相当低いと言わざるを得ない。

 

3)111での展望

  今年もおそらく大量留年間違いなしだろう。6年生の実数がよくわからないがここ数年の傾向だと40%以上留年させて国家試験の受験者数を絞ってくるだろう。そして表向きの合格率を高くしてそれを受験者数獲得に宣伝するだろう。万が一その計算が外れたら面白いのだが・・・。

 

4)総評

 学費の安さで大学受験者数はかなり多く、入学の選抜で困る事は無い。入試の偏差値もそれを反映してか47.5と私立歯科大学の中ではある程度のレベル。しかし入ってみたら大量に留年するわけで6年ストレート合格率も3割ぐらいしかない。つまり多くの学生は2000万では卒業できず、追加でお金を払い、さらに卒業保留になったら予備校までいかないといけない。6年ストレートでいければ私立の中でも最安の部類だが、相当なハイリスクハイリターンの大学と言えるだろう。

 

 

 

東京歯科大学

偏差値:55.0 (前年度55.0)

学費:6年総合 3214万円+教材費?(前年度と変化なし) 

特待生数:1~3位が100万、4,5位が50万学費免除(卒業生から情報頂きました)

H28年度入学試験:受験者数712名 合格者数199名 倍率3.58 入学者数128名

H29年度入学試験:受験者数843名 合格者数214名 倍率3.94 入学者数128名(募集人員128名 定員140名)

H28年度6年ストレート合格率:95/128(74.2%)

H29年度6年ストレート合格率:84/128(65.6%)

f:id:spee:20171014153514j:plain

f:id:spee:20171014153549j:plain

 

1)国家試験合格率の推移

 この大学の国家試験合格率に対して私が語る事自体がおこがましいレベルである。ここまでの状況を維持している教職員の方々の努力には敬意を表したい。敢えて言うなら補正合格率が徐々に微減しているのが気になる所である。

 

2)6年時の留年数

  大体10%程度の留年率であるが最近は僅かに増加傾向である。やはり下位層の成績の解離はどこの大学においてもある、ということなのだろう。

 

3)111での展望

 勿論だがトップの座を維持することができるか、だろう。この大学の凄い所は数字をあれだけ他の大学が偽装してきているのに、それを寄せ付けないレベルで数字をたたき出している所である。 

 

4)総評

 授業料はトップクラスに高いが、 歯科医師に最も近い私立大学と言えるだろう。H28年度の6年ストレート合格率も74.2%であり大変優秀。国家試験低迷校の歯学部長や学長がよく言う言葉が「東京歯科大学を目標に・・・・」であるが、どこの大学も追いつけていない。それはこの大学の教育に関する努力が他の大学の遙か上を行くものであるからに他ならない。入学することをおすすめできる大学だ。

 

 

日本歯科大学

偏差値:55.0 (前年度55.0)

学費:6年総合 3141万円+教材費?(前年度と変化なし) 

特待生数:20名が半額

H28年度入学試験:受験者数892名 合格者数208名 倍率4.29 入学者数128名(募集人員128名)

H29年度入学試験:受験者数889名 合格者数233名 倍率3.82 入学者数128名(募集人員128名 定員160名)

H28年度6年ストレート合格率:61/128(47.7%)

H29年度6年ストレート合格率:57/122(46.7%)

f:id:spee:20171014153619j:plain

f:id:spee:20171014153631j:plain

 

1)国家試験合格率の推移

 この大学は表の合格率の乱高下が非常に激しい。あまり留年させないので表の合格率が悪く、補正合格率自体は優秀だったのだが、110回ではそれすら通用せず過去最悪の結果となった。この大学の6年生や留年に関してあまり情報が外に出てこず謎が多い。

 

2)6年時の留年数

 ここ2年は20~25%留年している。以前よりも留年させるようになってきている。今年もある程度は留年させるのではないだろうか。なお109で卒業保留者がいた可能性がある。

 

3)111での展望

 補正合格率で9位まで後退。6年ストレート合格率も47%であり、国家試験的には御三家としての地位をほぼ失った。110回でも同じ様な成績となれば受験者数にも関わるわけであり、111回は最低でも表の合格率が全国平均以上が求められる所だろう。

 

4)総評

 対策として特待生を作ったわけだが、その効果がみえるのはまだ当分先の話。学費は高くて国試の合格率が悪いなら、同窓の子弟でも東京歯科や昭和を選ぶ人だっているだろう。N原一族による大学運営は、うまく行ってた時もあったのかもしれないが今の時代にマッチしたものと言えるのだろうか?血のつながり優先で今後上位校の座を維持することができるのか見物である。

 

昭和大学

偏差値:55.0 (前年度57.5)

学費:6年総合 2450万円+教材費?(前年度と変化なし) 

特待生数:入学試験時選抜試験合格者50名は初年度授業料300万免除

H28年度入学試験:受験者数916名 合格者数170名 倍率5.39 入学者数98名

H29年度入学試験:受験者数867名 合格者数183名 倍率4.74 入学者数97名(募集人員96名 定員105名)

H28年度6年ストレート合格率:65/103(63.1%)

H29年度6年ストレート合格率:57/86(66.3%)

f:id:spee:20171014153752j:plain

f:id:spee:20171014153803j:plain

 

1)国家試験合格率の推移

 東京歯科と並び私立2強の1校。6年生はほぼ留年しないため表の合格率は東京歯科と比べると平凡だが、実際の補正合格率は非常に優秀である。これだけ安定した成績を取り続けることが出来る事自体が勝ち組の証だろう。

 

2)6年時の留年数

 殆ど留年しない。ただし6年のストレート合格率は63%であり、1-5年生である程度は留年している。それでもかなり高いストレート合格率水準だ。

 

3)111での展望

 学生を残さない、のが昭和大学のルールみたいなのでおそらく今年も殆ど出してくるのではないかと思われる。留年商法とは真逆な大学だ。東京歯科の補正合格率がジワジワ下がってきているのに対して昭和はほぼ一定レベルを保っており、逆転もあり得る状況だ。

 

4)総評

  学費も安く合格率も良い、という私立大学の中では最もお得な大学と言うことが言えるだろう。浪人の合格率自体も相当良いので、この大学に行って歯科医師になれない、ということはあまり考えられない。おすすめできる大学だ。

 

日本大学松戸歯学部

偏差値:50.0 (前年度50.0)

学費:6年総合 6年総合 2940万+教材費?(前年度と変化なし) 

特待生数:入学試験時優秀者は200万免除

H28年度入学試験:受験者数577名 合格者数214名 倍率2.70 入学者数127名

H29年度入学試験:受験者数443名 合格者数186名 倍率2.38 入学者数119名(募集人員115名 定員130名)

H28年度6年ストレート合格率:24/97(24.7%)

H29年度6年ストレート合格率:34/90(37.8%)

f:id:spee:20171014154725j:plain

f:id:spee:20171014154739j:plain

 

1)国家試験合格率の推移

 104回から数年連続で卒業保留を使って国家試験合格率をつり上げてきたが最近は行っていない?ようだ。109回でかなり悪い成績だったが、110回では回復している。補正合格率自体はある程度優秀な大学だ。ただ安定感は乏しい。

 

2)6年時の留年数

  6年生の実数は112名だったが出願したのは102名。若干名ではあるが出願前に休学や留年させている可能性がある。留年率は20~30%の範囲内であり、私立大学の中では高い方ではない。

 

3)111での展望

 110で回復した成績を維持することが出来るかどうかだろう。 しかし、今年は6年生が149名もおり相当溜まっている。下位層の成績がかなり悪い様なら今年は30%ぐらい留年させる事も充分考えられるし、卒業保留なども考えられる。どちらにして149名いて100名以上受験させるということは過去のデータからもあまり考えられない。今年は相当落とすとみる。

 

4)総評

 定員を超過して入学させているのである程度受験者数の確保は出来ていると考えられる。6年生までくれば補正合格率自体はある程度高いが、6年ストレート合格率は25%以下であり、相当リスクは高い。入学する際には注意が必要だ。浪人の合格率はある程度高い。 日大とは姉妹校だが、授業料も違うし独立したむしろライバル関係といったほうがよいような感じなので注意されたし。

 

 

日本大学

偏差値:52.5 (前年度52.5)

学費:6年総合 3180万+教材費115万(前年度と変化なし) 

特待生数:授業料免除(上位6名)

H28年度入学試験:受験者数718名 合格者数220名 倍率3.26 入学者数130名(定員128名)

H29年度入学試験:受験者数700名 合格者数229名 倍率3.06 入学者数128名(募集人員128名 定員130名)

H28年度6年ストレート合格率:69/128(53.9%)

H29年度6年ストレート合格率:62/128(48.4%)

f:id:spee:20171014154752j:plain

f:id:spee:20171014154808j:plain

1)国家試験合格率の推移

 表の合格率はここ10年で7回全国平均以下であり数字としては見栄えが非常に悪い。ほぼ留年していなかったためであり、補正合格率は大変優秀であった。しかし110では出願前に16名ほど切った割に数字は低迷。最初にいた学生140名の半数ほどしか国家試験に受かっていないわけで日本歯科大学と同様に御三家としては非常に寒い状況と言えるだろう。

 

2)6年時の留年数

  表向きの留年は殆どしないが、出願前に留年、休学させていることが明らかになっている。それほど多くは無いが、出願前留年で数字を偽装しているだろう。今年は143名6年生がいるが、すでに20名程度脱落したと聞いている。

 

3)111での展望

 出願前に落として数字を操作しているにも関わらず国家試験の成績が低迷するようなら今後も国家試験苦戦は必至だろう。それでも受験生は集まるのだからそれは立地条件とブランドなんだろうが・・・。

 

4)総評

 6年ストレート合格率はH28年では53.9%であり、私立歯科大学の中では優秀な方だ。高い学費と天秤にかけてもある程度お得なレベル。しかし、国家試験の成績は低下してきており、今のままではとても御三家とはいえない単なる中堅校レベルになってしまう可能性もある。新病院開設に伴いお金は・・・・そりゃ欲しいだろうねえ。え?新病院できたからそれはプラスポイント。

 

鶴見大学

偏差値:37.5 (前年度42.5)

学費:6年総合 2790万+教材費?(前年度と変化なし) 

特待生数:少数が授業料全額または一部免除

H28年度入学試験:受験者数588名 合格者数199名 倍率2.92 入学者数105名

H29年度入学試験:受験者数265名 合格者数176名 倍率1.51 入学者数67名(募集人員115名 定員120名)

H28年度6年ストレート合格率:10/76(13.2%)

H29年度6年ストレート合格率:17/97(17.5%)

f:id:spee:20171014154825j:plain

f:id:spee:20171014154841j:plain

1)国家試験合格率の推移

 関東で唯一と言っていい圧倒的負け組。どうしてこうなったのか、すでにもう理解の範疇を超えるレベルである。表の合格率は10年以上全国平均を超えたことは無くここ2年は崩壊レベルである。補正合格率は2年連続最下位。特に110回では141名いたはずの6年生で国家試験を受験できたのは42名、そして合格できたのは25名と惨憺たる状況と言わざるを得ない。大体99名もきっておいて卒業させたエリート42名が60%しか受からないってもう学力が崩壊している証拠だろう。

 

2)6年時の留年数

  110回で出願前、出願後両方で大量に留年、休学させている。その割には今年の6年生は100名しかいない。99名も落としておいて100名しかないということは卒業保留で浪人リリースしたことが予想出来る。おそらく今年も同様の手法が使われるのではないだろうか。

 

3)111での展望

 ここまで低下した成績を上げるのは並大抵の事ではない。いくら数字を偽装しようが真の合格率は分かってしまう。確かに溢れかえる6年生数を1回卒業保留でクリアにした。それでも大量に留年させて表の数字を少しでもよくするぐらいしかないだろう。最下位脱出が当面の目標と言わざるを得ない。

 

4)総評

 今年の1年生は関東で唯一大幅な定員割れとなっている。その影響か偏差値も急落。横浜近くのあの立地条件で学生数が集まらないのは国家試験合格率の凄惨さが原因と言わざるを得ないだろう。残念なことだ。6年ストレート合格率が13.2%の大学に誰が進んで通わせるというのだろうか?新学長は勿論期待されているだろうが、国立から久々に帰ってきて私立のこの現状に慣れるのは並大抵な事ではない。ここまで低迷した原因は怠慢と言わざるを得ない。その状況になじんだ教員学生をいきなり180度方向転換させるわけにもいかないわけで、短期的なV字回復は厳しいと私は考える。

 

 

神奈川歯科大学

偏差値:40.0 (前年度42.5)

学費:6年総合 2700万+教材費150万程度?(前年度と変化なし) 

特待生数:入試上位10名初年度学費無料 2年生以上は上位3名が授業料半額

H28年度入学試験:受験者数569名 合格者数201名 倍率2.83 入学者数106名

H29年度入学試験:受験者数515名 合格者数250名 倍率2.06 入学者数117名(募集人員110名 定員120名)

H28年度6年ストレート合格率:25/76(32.9%)

H29年度6年ストレート合格率:23/63(36.5%)

f:id:spee:20171014154904j:plain

f:id:spee:20171014154914j:plain

1)国家試験合格率の推移

 以前は神奈川の2校は両方お荷物、なんて言われていたが、鶴見大学とは相当差をつけた状況となっている。表の合格率自体は3年連続で全国平均以上をキープしている。ただ、それは50%にも及ぶ留年によるものであり、補正合格率自体は良いとは言えないレベルである。

 

2)6年時の留年数

  相当な留年率である。110では134名いたはずの6年生で国家試験を受験できたのは57名しかいなかった。ここ3年の留年率は45.7→47.2→54.0%と異常なレベルである。

 

3)111での展望

  今年の6年生は120名。そのうち70名が留年生のようだ。残りの50名の中にもそれまでに留年してきた学生もいるだろうから、6年生の留年経験率は想像を絶するレベルだろう。果たしてこのレベルでどれだけ留年させれば表の合格率をうまく見せることができるのか、そのさじ加減が問われている。つまり今年も大量留年はほぼ間違いないだろう。

 

4)総評

  表の合格率を良く見せる作戦と韓国から留学生を取る作戦がうまくマッチして学生数の確保はしっかり行えている。なんか来年度の募集は110名とか、今年の入学者数は117名とか歯科医師削減と逆行しているですが、韓国の学生が一杯で国試受かったら韓国に帰るからいいだろ?ってことなんでしょうかねえ?経営的に10名枠増えりゃ毎年概算で3億近く増収ですから・・・。表の数字と内情は全く違うわけで6年ストレート合格率は32%であり、かなり厳しい状況であることは理解しておく必要がある。H29年度の数字はまだ出ていないがおそらくさらに下がっているだろう。表と裏の顔はかなり違うわけでそこら辺をしっかり見極める必要がある。

 

 

 

AMAZONさん

おいおい、amazonさん、また新しいサービス始めたの・・・。

最初の1か月無料で最初の購入でかなりの割引きっていうのはどれも一緒ね。

配送地域がかなり限定されてます。 東京都広域、千葉神奈川の一部

 

Amazonフレッシュとは?

Amazonフレッシュは、生鮮・食品・飲料・お酒や日用品・雑貨まで、必要なものが1か所でお得に揃う会員制サービスです。Amazonフレッシュに会員登録いただいたAmazonプライムまたはAmazon Student会員、およびその家族会員の方がご利用いただけます。配送対象地域に最短で当日または翌日に商品をまとめて配送します。

Amazonフレッシュはどのように利用するのですか?

まずは、Amazonフレッシュの30日間無料体験をお試しください。無料体験期間了後は、月会費500円(税込)でAmazonフレッシュをご利用いただけます。※Amazonフレッシュはプライム会員向けのサービスです。別途、AmazonプライムまたはAmazon Student会員登録が必要です。

配送料はかかりますか?

1回のご注文が6,000円(税込)未満の場合に限り500円(税込)のフレッシュ配送料がかかります。

利用できる時間帯は?

ご注文は24時間承っております。ご配送は午前8時から深夜0時までの間、2時間ごとのお届け時間帯からお好きなお届け時間帯をお選びいただけます。最短で当日または翌日に配送します。商品の在庫状況によっては、ご注文から最短4時間で当日お届けも可能です。