(続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

日本語が不自由な歯科医師のろくでもないお話 

第114回歯科医師国家試験の日程発表

 

 

 

毎年この時期

厚労省から来年行われる第113回歯科医師国家試験の日程が発表された。

毎年7月頭に発表が行われている。

詳細は以下を参照して頂きたい。


来年の試験日は

令和3年1月30日(土)、1月31日(日)

となった。

これは例年2月最初の土日だったが、今年は2月最初だと6,7になるためちょっと遅いということなのだろう。医師国家試験が必ず翌週となるのでその兼ね合いもあると考えられる。

f:id:spee:20200701121306j:plain

 

例年通りランスタッドが管理する

f:id:spee:20190701101214j:plain

ランスタッド

 

合格発表日

令和3年3月16日(火)14:00

である。

3年連続で月曜日できたので月曜固定になったかと思いきや、火曜日になった。

 

 

出題委員

114回の出題委員

これをみてびっくりである。

わずか1年で委員長が交代。

それに伴い去年新しく委員になった人も何人かいなくなっている。

委員は2年単位と聞いていたが、まさかの1年交替で今年も去年と同じ感じの21名交代。

これはまた出題の傾向が大きく変わりそう。

f:id:spee:20200701120718j:plain

 

新しく入った委員

梅田 誠先生

大阪歯科大学 歯周病

 

上岡 寛先生

岡山大学 矯正

 

川端 重忠先生

大阪大学 口腔細菌

 

城戸 瑞穗先生

佐賀大学 医学部生体構造機能学講座組織神経解剖学分野

 

小長谷 光先生

明海大学 歯科麻酔

 

自見  英治郎先生

九州大学 口腔基礎常態学 教授(生化学)

 

武部 純先生

愛知学院大学 有床義歯

 

玉置 幸道先生

朝日大学 歯科理工

 

近津 大地先生

東京医科大学病院 歯科口腔外科・矯正歯科

 

西村 正宏先生

鹿児島大学 口腔顎顔面補綴

 

原田 浩之先生

東京医科歯科大学 口腔外科

 

牧 憲司先生

九州歯科大学 小児歯科

 

鱒見 進一先生

九州歯科大学 口腔機能学講座顎口腔欠損再構築学分野

 

松島 潔先生

日大松戸 歯内療法学

 

松野 智宣先生

日本歯科大学 口腔外科

 

美島 健二先生

昭和大学 口腔病理

 

森川 和政先生

岩手医科大学 小児・障害者

 

山崎 裕先生

北海道大学 高齢者歯科

 

山本 雄嗣先生

鶴見大学 保存修復

 

吉田 靖弘先生

北海道大学 理工

 

葭原 明弘先生

新潟大学 予防歯科 

 

今のところ、 

顎補綴

睡眠時無呼吸は臨床実地で1問ぐらい出てもおかしくないような委員の顔ぶれである。

TMDはあまり出そうにない。

摂食嚥下というよりは高齢者によった問題が多くなりそう

全部床義歯は今年と同じく問題数少ないと予想

 

 

参考資料(第113回出題委員)

赤線は新規

 

f:id:spee:20200701120815j:plain