(続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

日本語が不自由な歯科医師のろくでもないお話 

歯周病に日本一詳しい糖尿病内科医の新書がでた!!

 

 

 

西田先生の新書だよ!

西田先生は歯科医師ではなく医師である。

糖尿病内科医である。

しかし、普通の糖尿病内科医ではなく、日本で最も歯周病に詳しい糖尿病内科医であると思う。

そんな西田先生の新書が出た。

 

内科医から伝えたい歯科医院に知ってほしい糖尿病のこと その2 

https://amzn.to/2HFycwU

その1とは内容が被っていないからその1を持っている人も安心して購入できる。

 

一番最初から

最初にページをパラッと開くと・・・

f:id:spee:20190521081102j:plain

CRP

いきなりCRPの解説から始まる。

小数点の桁数によってCRPの感度が違うんだなあ、とかさ・・・

特に何も知らない人が読んだらびっくりだよ!!!

なんで一番最初にCRPの解説なの???

 

本文最初もパンチ力がある

f:id:spee:20190521081317j:plain

EuroPerio9

いきなり本文の最初はEuroPerio9!

歯周病の新しい分類についていきなり熱く語りはじめる。

歯周病の分類、変わったこと知らない歯科関係者がまだ多いというのに・・・この先生は(笑)

 

目次をみて気になるなら読むべし

f:id:spee:20190521081736j:plain

目次

慢性微少炎症、これが歯周病と全身の大きな要素である。

たかが歯周病、されど歯周病。

歯周病を放置すれば全身に微少な炎症がずっと起こり続けている状態が続くわけで、体の至る所がダメージを受ける。

代表的な物が血管である。

血管にダメージがあれば長寿にはなれないのである。

 

などといったことが書いてあるわけだが・・・・。

目次で気になるなら読むべし!

 

Dr.にしだの勘所!がささりまくる

f:id:spee:20190521083142j:plain

随所にある勘所が歯科関係者のハートを鷲づかみにするよ。

歯周病は完全には治癒しないとはっきりと言え!

とか、歯科関係者以外から言われるとは思わなかったよ。

 

f:id:spee:20190521083348j:plain

これとかもね。

糖尿病未治療で境界レベルが凄く多いことを痛感させられた。

こういったハッとする勘所にも注目してほしい。

 

読了して

100ページで3200+税

まあ他の本より少し割高感があるかもしれないが、私は是非お手元に1冊、歯科医院に1冊おいてあってよい本だと思った。

2時間でだいたい読める。

次の本も期待していますよ、西田先生!

 

早速Twitterで紹介しまくったら

f:id:spee:20190521084020j:plain

ベストセラー1位

AMAZONでベストセラー1位になったが

在庫も切れちゃったみたい(笑)

 

 

あ、その1はこれなので、全く持っていない方はその1とその2を同時に購入してもよいのではないかと思う。

https://amzn.to/2JSyeUU