(続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

日本語が不自由な歯科医師のろくでもないお話 

コンポジットレジンアンケート結果報告 その2

 

 

 

前回までの流れ

 1か月ほど前にコンポジットレジンの使用状況についてアンケート調査を行った。

前回、ボンディング材についての結果を報告した。 

 今回はレジンのシステムの選択状況について報告していく。

 

アンケート項目

レジンについてのアンケートはボンディング材から6名脱落しており、母体数は230名である。

 

1 メインで使用しているフロアブルレジン

2 メインで使用している理由

3 サブで使用しているフロアブルレジン

4 サブで使用している理由

5 メインで使用しているペーストレジン

6 メインで使用している理由

7 サブで使用しているペーストレジン

8 サブで使用している理由

9 バルクレジン、オペークレジンの使用

10 自費のダイレクトボンディングシステムの使用

 

フロアブルレジンの選択について

フロアブルレジン(メインとサブ)の業者別分布を示す。

 

f:id:spee:20190624162903j:plain

フロアブルメイン

 

f:id:spee:20190624163516j:plain

フロアブルサブ

フロアブルレジンを全く使用していないという先生は1名しかない。

つまり99.6%の先生はフロアブルを使用している。

フロアブルを2種類以上併用している先生は60%程度

やはり1種類では足りない、という先生が多いと言うことだろう。

業者別にみると

メイン、サブ共にGC、クラレ、トクヤマ、松風、3Mの5強である。

メインにおいて90%以上がこの5強で占められている。

その中でもGCがメイン、サブ共にトップとなった。

伊達に一杯種類出してるわけじゃないよ!

f:id:spee:20190624164759j:plain

フロアブルに関してはこの5強中心に解析していけばよいと考えられた。

 

フロアブルレジン(メイン)の選択理由

選択理由に関しては予めある程度想定される答えを選択できるようにしていた。

重複回答可である。

f:id:spee:20190624164941j:plain

フロアブルレジン(メイン)選択理由

トップは流れがよい、となった。

ただ、今回ゼロフローからハイフローまで全てにおいてまとめて集計しているわけで、ゼロフローの流れを気にいっているから流れがよいを選択した人もいるだろうし、通常のフローの流れを気にいっているから選択した人もいると思う。

現在、どの業者も複数の流れの異なるレジンをラインナップしており、その中から自分に合った物を選択している、と考えた方がいいだろう。

 

賦形性なども流れに依存する所もあるため、流れと一緒に選択した方が多かった。

ボンディングの時にはあまり見られなかった好きなメーカーだから、という意見が結構あった。以前使っていた物の後続だからという意見もある程度存在していたため、乗り換えずずっと同じメーカーという先生も多いと思われた。

松風限定でフッ素徐放性を理由にあげる先生がいた。

また、シリンジからの液切れがよい、というのをあげた先生が2名いて、これは次回アンケートを再度やるようなら選択肢にいれてもよいかなと思った。

ボンディングやペーストなどとシステムを統一、と答えた先生は2名であり、好きなメーカーだからと言って全てを統一している先生はそこまで多くないのかもしれない。

価格面をあげた先生は予想より少ないため、好きなメーカーの流れや賦形性が自分に適した製品をチョイスする傾向が強いようだ

 

フロアブルレジンの商品選択について

メインの商品選択について以下に示す。

 

f:id:spee:20190624170422j:plain

フロアブルメイン商品選択

メインの選択において最も人数が多かったのはGCだが、商品が凄く多いので中ではかなり票が割れた。

59名中トップはMIフィルの17票。

後は結構どんぐりの背比べである。

それに比べると後の業者はわかりやすい

クラレ クリアフィルマジェスティESフロー

トクヤマ エステライト ユニバーサルフロー

松風 ビューティフィルフロープラスX

3M フィルテック シュープリームウルトラ

これに関して特別に解析していけばいいかな、という感じになった。

GCはもう全部ひっくるめて解析せざるを得ない状態・・・グヌヌ・・・

 

以下にフロアブルサブの商品選択を示すが、商品の集中はメインと同じ傾向を示した。

f:id:spee:20190624171205j:plain

フロアブルサブ商品選択

ペーストレジンの選択について

ペーストレジン(メインとサブ)の業者別分布を示す。

f:id:spee:20190624171619j:plain

ペーストレジンメイン

f:id:spee:20190624171558j:plain

ペーストレジンサブ

ペーストメインでまず気づくのは、ペースト未使用群である。

17%がフロアブルのみ使用で、ペーストを使用していない。

フロアブル5強はここでも健在だが、kerrに3Mと同じ票が入っている。

クラレとトクヤマに票が集中しており、クラレ、トクヤマの2強+4という感じとなっている。

ペーストのサブに関しては35%しか使用していない。

フロアブルは60%の先生が複数種類使用していたのとは対象的であり、

今の歯科医院の標準的なシステムとしては

2フロアブル、1ペーストシステム

という風に考える事ができそうだ。

f:id:spee:20190624172423j:plain

ペースト比較

ペーストメインの選択理由

選択理由に関しては予めある程度想定される答えを選択できるようにしていた。

少しフロアブルとは変えた答えとしている。

重複回答可である。

f:id:spee:20190624172606j:plain

ペーストメイン選択理由

トップは賦形性である。やはりフロアブルより整形しないといけない要素が高いためだろう。また充填器からの離れを重要視する先生が多かった。

そういう意味ではフロアブルと同様に実際の操作過程を重要視する先生が多いと言うことだろう。

またカメレオン効果や少ないシェードで対応出来ると謳う製品が多いため、少ないシェードで案外色が合うという選択肢を入れたがそれを選択する先生が多かった。

保険のレジンに関しては少ないシェードによる色表現のカバーが求められていくのだろう。色ちゃんと出したければ自費で!ってことになるだろうしね。

好きなメーカーや後続製品という意見はフロアブルに比べると少ない。

フロアブルほどメーカーによる拘りはないということだろうか?それともペーストを使用していない先生がメーカーの拘りが強いのか。そこまでは今回は解析してない(やろうと思えばできるが・・・)

今回も価格という意見はあまりなかったので、

充填しやすさとある程度のシェード適合を重要視している先生が多いと言うことだろう。

 

ペーストレジンの商品選択について

メインの商品選択について以下に示す。

f:id:spee:20190624173425j:plain

ペーストメイン商品選択

GCの製品が少ないのでKerr以外はある程度1商品に集中する形になっている。

クラレ クリアフィル マジェスティES-2

トクヤマ エステライトΣクイック

GC グレースフィルパテ

松風 ビューティフィルII

3M フィルテック シュープリーム ウルトラ コンポジットレジン

である。

サブにおいてもほぼ同じ様な傾向を認めた。

f:id:spee:20190624173457j:plain

ペーストレジンサブ商品選択

今回はここまで

ここまで解析してブログを書くまでにすでに20時間以上かかっており、ここから少し深めの各論の解析等に関しても時間がかかりそうだ・・・

エクセルシートをみすぎて発狂しそうになったよ・・・

なんとか今週中のアップを目指していきたいと思っているが、無理かもしれない。

まあ過度な期待はせずにお待ちください。