(続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

日本語が不自由な歯科医師のろくでもないお話 

東京医科歯科大学、歯磨きでコロナ予防と大々的に言い始める

 

 

 

NHKのニュースでビックリ

朝、twitterを開いたらNHKのアカウントがびっくりな情報をツイートしていた。

皆さん、ご存じの通り、私は歯磨きでコロナ(COVID-19)の感染や重症化が予防できる、という意見に関してあくまで可能性であり、今現在わかっているエビデンスからそれを断言することはとてもできない、という立場である。

 

この動画を観ていると、東京医科歯科大学歯学部附属病院のサイトから引用したという文章が挿入されているので、さっそく見に行ってみた。

 

なんじゃああこりゃああああ

松田優作もびっくりの光景がそこにあった。

http://www.tmd.ac.jp/dent_hospital/

f:id:spee:20210203170607j:plain

 

いや、さすがに天下の医科歯科大学だぞ、T見とは違うんだぞ、私が知らないエビデンスが発表されたとでもいうのか!!

 

内容の精査

早速内容を精査してみることにした。

http://www.tmd.ac.jp/dent_hospital/news/210119/index.html

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第3波では、家庭内感染の割合が多くなり第2波のときの約2倍と言われています。また感染者数の増大に伴い、自宅療養者数も急激に増えています。こうした事情から、現在いかにして家庭内感染を防ぐかがコロナ対策での課題のひとつとなっていますが、自宅で口腔ケアするとき、感染拡大防止のためにどのようなことに気を付ければよいでしょうか。

 

口腔ケアの必要性

まず、口腔ケアはCOVID-19予防に有効であることを強調したいと思います。口の中の細菌、特に歯周病原細菌を減らすことで、かぜやインフルエンザのウイルスが細胞へ付着することを阻害できることが明らかになっています。COVID-19の原因であるSARS-CoV-2ウイルスもインフルエンザウイルスと同じ付着様式であるため、適切な口腔ケアはCOVID-19予防に有効です。

また、口腔ケアは新型コロナウイルスによる肺炎の重症化の予防にもなります。新型コロナウイルスによる肺炎は、細菌性肺炎との合併で重症化することが指摘されています。特に高齢になるとお口の働きが悪くなる口腔機能低下症という状態になる方もいます。そうなると知らないうちに唾液を誤嚥してしまう不顕性誤嚥が起きやすく誤嚥性肺炎のリスクが高くなります。一方、要介護高齢者に対し口腔ケアを行ったところ誤嚥性肺炎にかかるリスクを減らすことができたという研究もあります(米山武義,鴨田博司,老年歯学16-13,2001)。ですので、口腔ケアで口の中を清潔に保つことはCOVID-19重症化の予防に役に立つと考えられます。

 

誤嚥性肺炎と口腔ケアの論文1本だけ引用して、口腔ケアがCOVID-19予防、重症化に効く!!!と書いているようにみえる。

 

Oh my Gosh!

 

先月号の日本歯科医師会雑誌にも投稿されていたが、口腔の衛生状態とCOVID-19予防、重症化リスク低減はあくまで可能性である。

 

日本歯科医師会雑誌に投稿した総説と同じ著者が書いた総説については以前解説した。

 

口腔細菌 - ウイルス - 宿主相互作用」の視点に立った感染症の発症と増悪機序 今井健一,歯科薬物療法 39(3): 95-103, 2020

f:id:spee:20210119164824j:plain

 

これを読んでもやはり、可能性が示唆される、という表現である。

この総説はin vitroの結果を拡大解釈しているようにも見えるので、COVID-19と口腔衛生状態についてはより慎重であるべきである。

 

以下のブログにある程度詳しく解説している。

 

こんなに口腔衛生状態とCOVID-19について関連付けているのは日本だけではないだろうか?

歯磨き粉や歯ブラシなどを世界的に販売しているコルゲートのサイトでは以下の様に記載されている。簡単に要約してくれているアカウントがあるのでご紹介する。

 

なぜこういう状況になったかといえば、日本歯科医師会が歯科受診の低迷を打破するためにCOVID-19と口腔環境を強引に結びつけた事が最初ではないかと思う。

 

私は口腔の環境とCOVID-19の関連性について否定はしない、が現時点でのエビデンスが不足していること、また関連しているとしても、口腔ケアをすれば感染しない、といえるほどの寄与はないのでは?という立場である。

 

それにしてもエビデンスを大切にするはずの大学しかも国立大学がこういう事を書き始めるのは世も末ではないだろうか、と思った次第である。

 

今までのコロナと口腔ケアのブログ