(続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

日本語が不自由な歯科医師のろくでもないお話 

EPARK、GMBを重複させ課金を狙う?

前回のブログ

以前、EPARKが病院や歯科医院のgoogle my business(GMB)上の情報をEPARKが課金できるように予約専用の電番号やURLに書き換えていた、というのを書いた。

 

 

 

で、これに関して色々と検索して見ていると、EPARK側とそういう契約をしている医院が悪い、という意見が結構散見された。

まあ、確かにGMBに関しての設定は一任する、というような文言が契約書類にあってそれをたいして確認もせずに契約してしまっていた、とすればそれは情弱な医者、歯医者、馬鹿だなあ、という事になるだろう。

 

GMBの重要性

ググる、という行為はもはや誰でも行っているだろう。

そしてそこで検索結果として上位表示されなければ情報としての価値はかなり低くなってしまう。

特に店舗情報や医院情報というのは、その名前をダイレクトに検索する以外にも地域名と組み合わせて検索されて表示されるわけで、かなり重要性が高い。

実際ググってみると歯科医院などは以下の様に表示される。

f:id:spee:20181103080603j:plain

当然だが、ここには正確なデータがないといけない。

そしてその管理はこの歯科医院がオーナーとして管理を行わないといけないだろう。

しかし、実際にはEPARK側に管理を委託してしまった歯科医院も多かったと思われる。

 

今回はそういった事に全くあてはまらない事例である。

 

もう1つ歯科医院情報ができた

某A歯科医院はEPARK歯科と契約はしていた。

しかし、GMBに関しては歯科医院で管理していたので、EPARK側による管理は希望していない。

ある時、GMB上にA歯科医院と同一名称、同一住所の歯科医院情報が追加された。

そしてその新しい歯科医院情報こそ本物である、という申請がどうもgoogleに対して行われたようで、以前から存在する歯科医院側が管理するGMB情報は検索結果の上位から脱落していたという。

医院側のGMB投稿機能は凍結されており、医院側GMBが偽物と判断されているのは間違いないようだ。

 

歯科医院側が設定しているGMB情報

f:id:spee:20181203080156j:plain

歯科医院設定GMB

新たに設定されたGMB情報

f:id:spee:20181203080245j:plain

新規設定重複GMB

(画像はA歯科医院側の許可を得て掲載)

 

違いは明白であり、

新しく設定されたGMBの情報には

EPARK予約専用電話と予約専用URL

が設定されている。

 

この予約専用電話またはURLから患者がA歯科医院を予約した場合、1件につき2000~3000円をEPARK側に支払う必要がある。

利害関係から考えて新しいGMB情報を立ち上げたのは、1箇所しか考えられないのではないだろうか?

そして、これはA歯科医院側が全く知らないところで行われていたそうだ。

 

この情報が本当だとすると某会社は契約書に書いてあろうがなかろうが関係ない、ということになる。

 

さてこの手法、普通に考えて異常ではないだろうか?

 

辻さんのツイート

と書いていたら、辻さんがこの件に関して別のところから情報を入手しツイートした。

引用元のFB

Makoto Koizumi - ※※読んでみて私と同じ気持ちになった方がいたら、拡散しておいてください。被害減らした... | Facebook

※※読んでみて私と同じ気持ちになった方がいたら、拡散しておいてください。被害減らしたい…※※

流石にEParkさんがひどすぎるので投稿。
とりあえず歯科医院さん向けの話ですが、他の方もお気を付けください。

Googleマイビジネスで私も管理者にしていただいているクライアントさん宛てに、EParkさんから管理者にしてと申請が来ていました。
医院さん側では何のことかわからないということで、もちろん申請は却下しました。

その時はそれでとりあえずすんでいたのですが、本日以下のブログのURLを教えていただきました。

https://spee.hatenablog.com/entry/epark_shika_google

そして、Googleマイビジネスを確認してみると、管理権限を付与していただいている医院様のうち2件で、情報の重複がおきていました。

既にいままで医院様と私で管理していたマイビジネスの管理権限がもらえない(当然です)ので勝手に新しいビジネスを登録されていました。

スクリーンショットも張っておきます。

もちろん、速攻でGoogleには重複申請出しましたが、結果がどうなるかはわかりません。

とりあえずもしも自分の医院をGoogleで検索して、情報に

・URLが「haisha-yoyaku.jp」
・電話番号が「0066」から始まっている

この場合で、EParkさんにこのことを許可していない場合、すぐ対処したほうがいいと思います。
たとえEparkさんと契約していても、Googleマイビジネスの番号までやるのはおかしいです。

上記ブログをみると、EParkさん側からは医院の許可を得てるような見解が出ていますが、少なくとも私のクライアントさんで理解している方はいませんでした。

勝手にやっていないという見解のようですが、契約の時本当に納得いくまで説明していたらこんな事にはなりませんし、私のクライアントさんも知らないとは思わないでしょう。

適当に説明して済ませたのでしょう。ITやウェブ苦手だったりする人にちゃんと理解していただける説明をしていないのでしょう。というか故意にそうしている可能性すら感じます

皆さんお気を付けください。

どうも結構色々なところで同じ様に重複GMBをたてているようだ、某会社は。

なんというか・・・・。

 

Googleによるペナルティの可能性

なお、今現在電話番号0066が設定されたGMBの多くで口コミが閲覧記載できない状況となっていることは以前書いたとおりである。 

 

電話番号を0066以外に設定し直すと口コミの閲覧追記が再度可能になっていることを確認したため、0066にはGoogleが明らかにペナルティを課していると考えられる。

また、別情報としてGoogleはEPARKの重複申請にすでに気づいており、それに関してもペナルティを課している、または課す予定のようだ。

 

さらに闇が深くなってしまった

すでに歯科医院とEPARKの戦いというよりは

Google対光通信の様相を呈してきている気がする。

 

EPARKと契約していてGMBを運用されている歯科医院やクリニックの皆さん

GMBをちゃんと再チェックしてください!!

 

GMBを運用していないEPARK契約歯科医院やクリニックの皆さん

GMBなんて知らないよ!と言わずに自分の医院名でググってみてください!

0066になっていませんか?

 

2018/12/04追記

EPARKはGoogleのfeatured partner

https://www.google.com/business/partners/directory/

あとYahooのpartnerでもある。

partnerになっておいてやりたい放題ってのがEPARKのやり方なんですかねえ・・・。

Googleさんもpartner再考するべきでは・・・。

 

2018/12/09追記

ついにGoogleマイビジネス公式コミュニティにも・・・・ 

 

2018/12/12追記

EPARK側はGMB重複に関して、Googleが勝手にやったこと、と説明している場合がある模様。

 

Google大先生ーーー!!

 

 

1つ言っておきたいが、確かにEPARKはリスティング広告出しまくってるので、その金額の多さでpartnerになっているのではないかと思われる。

しかし、GoogleがわざわざEPARKと契約している歯科医院や医院のGMBを重複させ、さらに電話番号をEPARKだけが得をするであろう、0066に設定する必要がどこにあるというのだろうか?

苦し紛れの言い訳だが、それでも通ると思っているわけで、歯科医師や医師はよっぽど情弱だと舐められている、と言わざるを得ない。

 

2018/12/15追記

1回GMBを書き換えられて、それを通常の電話番号等に戻したとしても再度0066に書き換えられる事案が多発しているようだ。

ここについているコメントや他のTwitter等で事案が頻発しているとのこと。

 

いいですか?

こんな事をしてくる業者がまともだと思いますか?

もういい加減目を覚まして頂けませんかね?

 

 

今までのEPARKシリーズ

EPARKで予約してみようかな・・・・

なんてここにたどり着いた一般の方

EPARK契約してみようかな?なんて思ってる専門職の方、

これを上から読んでみてそれでも気が変わらないようならどうぞご自由に。

特にお勧めは

EPARK歯科、これステマですよね? - (続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

EPARK歯科の制作会社からDMCA攻撃きたよ。 - (続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

EPARK歯科のいいね!はおかしい - (続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

深まる疑惑・・・・EPARKからだリフレのトラブル - (続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

 

 (最新)EPARKに関するアンケート調査を行いました。

 

EPARK歯科、これステマですよね?  

2016の11月に初めて書いたエントリー。

うちの歯科医院に電話で勧誘が来て、ふーん、そうなの、と何の気なしにネットを調べたら、思いっきりステマだろ、これ、ということを書いた。

コメント欄にもかなり多くのコメントを頂いた。

そしてそれが延々と繋がっていく・・・。

 

 

EPARK歯科の制作会社からDMCA攻撃きたよ。

上記のエントリーが2017の5月に制作会社からDMCAをくらった話 

最近色々な所で流行ってしまっているDMCA

DMCAって何?という方も是非読んでみて頂きたい

この時点でこのサイトが完全に黒である、ということがわかる

 

EPARK関連がはじめた「歯の教科書」が既視感満載

こういった歯科の知識を啓蒙するかのように見えるサイトも

実際は予約サイトへの流入に使われている。

そう、危ない・・・んですよ。

 

医科歯科.com~増殖する光通信系歯科医院紹介ビジネス~

EPARK歯科と実は姉妹サイトだった医科歯科.comの話

どこまでがEPARK関連なのかもうわからない・・・

 

EPARK歯科が全国1割の歯科医院制覇だってよ。

歯科医院との契約数が増加したって話。

EPARK側自身が発表した熱い自画自賛

 

ESTDOC(エストドック)って初めて聞いた!

がっちりマンデーに出てた予約サイト

あんたもほぼ真っ黒だろ・・・

テレビに法律すれすれなの出すんだなあ・・・

それからがっちりマンデーは一切見なくなった。

 

歯科のネット上口コミを再度考える 

岡山の歯科医の件で実際その医院で被害に会われた方の実例を踏まえつつ、

もう一度歯科ネット口コミを考えた

  

エンパワーヘルスケアの患者情報紛失

EPARK歯科の制作元が患者情報を大量に紛失したという雑な話

実はこれは一番最初の記事のコメントに衛生士さんが書いている患者情報を渡す

という所に繋がっている。

このエントリーのコメント欄内容はかなり重要。


侵食するEPARK歯科

 2018年4月に契約状況を再調査したらさらに増えてるという話

 

EPARK歯科契約状況を全国調査 

もういっそのこと全国の契約状況を調査したよ・・・

都会ほど契約率は高い傾向に。

 

EPARK歯科のいいね!はおかしい

EPARK歯科の口コミ評価は全く信用できませんという話 

口コミ25万件を完全調査!

 

EPARK歯科 twitterでもステマ用意?

twitterでも色々やってるんだよね。


深まる疑惑・・・・EPARKからだリフレのトラブル

 これがもし真実だとすると、どんだけなんだよ、という話。

 

EPARK歯科、契約歯科医院に課金させる巧妙さが凄い!

ついにバズってTwitterのトレンドにまでなったのがこのエントリー 


 EPARK予約電話番号がGMBに設定された歯科医院の口コミが不能に

ついにGoogleさんが動いたらしい・・・

 

 

EPARKクリニック・病院の普及ぶりについて調査

EPARKの医科系サイトも調査。

病院やクリニックにも侵食しています。

 

EPARKに関するアンケート調査を実施します

EPARK契約者達の意見も聞きたくてアンケート調査を実施した 

 

 

EPARKアンケートの結果公開

結果に関して公開した。あまり私見はいれず事実を伝えるようにしている。