(続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

日本語が不自由な歯科医師のろくでもないお話 

卒試から国試への頭の切り替えver115

 

この時期の風物詩

国試まで後20日

同じ様な事をこの時期に書いているが、どうも去年は書いていなかったようだ。

そのため2年ぶりにお届けする。

 

卒業試験が終わって後は判定待ち、という6年生も多いだろう。

残念ながらある程度の6年生が留年、または卒業保留となり国試を受験することができなくなる。

 

大学によっては卒業すること自体がかなりシビアであり、ここまでのバトルで燃え尽きてしまう学生が一定割合存在する。

一旦落ちたテンションを再び引き上げて本気モードに持っていくのが難しい。

特に最近は卒業判定を国試直前まで引っ張る傾向が強くなっており、発表から1~2週間で国試になる。

なんとなく手がつかない、フワフワした感覚で今の期間を過ごしてしまって国試を受験し失敗するパターンである。

 

今まで毎日ここで勉強していたのに・・・いないな・・・

なんて場合、すでに卒業燃え尽き症候群に罹患しているかもしれない。

 

卒業燃え尽き症候群の何が問題なのか?

卒試後に緊張感、やる気を喪失し、現役で国家試験に落ちた人は案外いると思う。

勿論、それだけが国試不合格の全ての原因ではないだろう。

しかし、国試直前2週間、勉強が思うように手に着かなかった事が要因の1つであるのは間違いない。

この時期は暗記物を再度頭にたたき込む必要があり、それを怠るのは致命的である。

 

しかし、1番の問題は彼らの何割かは必ず多浪する、ということだ。

なぜか?

現役時は厳しい出席や卒業試験があり、それが最優先の生活だったわけだが、その厳しい状況が1年後の国家試験しか浪人にはない。

1年間しっかりプランニングして勉強できるような学生はすでに現役で合格している。

そう、6割受かる試験だからだ。

落ちた4割には生活面、精神面で問題がある事が多い。

生活面、精神面をしっかりコントロールできなければ現役時より簡単に成績は下降してしまう。

 

一例を挙げてみよう。

卒業試験が終わって自己採点

なんとかいけるかも・・・いや、いける!!

やった!!

親にも卒業できそうと連絡しておこう・・・。

 

何かやる気が出てこない。集中力が湧かない。

勉強がなんか手につかない。

いつも行ってた図書館にもいかず家でくつろぐ

今まで追い込んだから今日はいいよね・・・。

 

次の日もなんかやる気が出ないけど

一応家で机に座って勉強はするぞっと・・・。

 卒試前よりかなり軽めの勉強で日が過ぎていく。

 

卒業判定・・・を確認する。

ギリギリ卒業できてホッとする。

4月の成績からすると頑張ったなー。卒業なんて考えられなかった。

良かった良かった・・・・

 

急に不安になってきて勉強に手がつかなくなってきたなあ

 

国試をうわの空で受験。

手応えはあったようななかったような・・・・。

自己採点するのも恐いので、予備校のHPもみない。

落ちたかも・・・・けど卒業できたから今年はいいか

なんて思いながら国試の発表までグダグダと過ごす。

卒業旅行はコロナだから無理、残念だよね。

 

待ちに待った国試発表日。

これでニートとお別れかな?

 

番号はない・・・・。ああやってしまった。

厚労省から結果の葉書が来る。

あれ?数点足りないだけだ。

惜しかったじゃん。来年は確実に受かるな。

予備校一応いくかー。親に相談してっと・・・・。

ちょっと足りないだけだからちょっと勉強すれば受かるはずさ・・・。

秋以降

模擬試験の結果が奮わない・・・。

なんでだ?

けど去年もこんな感じだったし、それで本番はちょっと点数足りないだけだったし。

適当に勉強しても受かるはずだよなあー。

国試受験

予備校の自己採点は義務なのでやるが結果はあまり気にしない。

自己採点っていつも凄いボーダー高いし

発表

落ちてる!!??

なんでだ!!!

厚労省からの葉書が来る。去年よりも点数はかなり下がっている。

どういうことだ。予備校が悪かったのか?

予備校変えるべきなのか!?

→浪人ループへ

2浪目

やる気がでない・・・・。

臨床実地問題も見たことが無い問題が増えてきてこんなん臨床実習でやったっけ?

点数が下がったから今度はしっかり勉強しないと!

けどやる気がイマイチでない。

予備校もサボり気味・・・・

そしてまた国試落ちた・・・・。

 

こういった奈落は充分ありえるので、今年は卒業までで、来年は国家試験受かろう!なんていう2年計画は絶対に考えてはいけない。

大体浪人の合格率は現役よりも遙かに悪い事は誰でも知っているわけで、単純に逃げである。

ここで逃げてはいけない。

 

もう楽になりたい、そういう気持ちは分かる。

けど後2~3週間頑張らなかったことが数年の傷に拡がってしまうリスクがあることを理解すべきである。

 

国家試験終了時まで休むことは許されない

1/30の夕方が君達の今のゴールであり、そこまではまだマラソンの途中。

今はまだ35km地点。

まだ卒業判定が出ていない人も多いだろうが、ここで足を緩めることは許されない。

 

ver111より

国試の会場で不安になる人の多くは

成績が凄く良いわけではないが悪いわけでもない人達。

だって私立の場合悪かったらまず卒業できてない。

大学ではそれほど成績は悪くなかった。

成績悪くなかったのに今から4割は落ちるなんて思えば不安になるに決まってる。

卒業まででハートをかなり削られてきてここで本番。

 

そういった人達が国試の会場で

あー、もっとやっておけばよかった

とかそういう不安感にさいなまれ、平常心を失ってしまう。

 

受験票を朝忘れそうになって焦って取りに帰ったり

ドキドキしすぎてトイレがめっちゃ近かったり 

必修がどこにあるかわからないとパニクってみたり

普段なら絶対間違えない問題を余裕で間違ってみたり

X2なのに1個しか塗ってなかったり

マークずらしてみたり

時間配分が間違ってて時間が足りなくなってみたり

昼ご飯ろくに食べられないガラスのハートだったり

1日目の夜、友達と答え合わせして自暴自棄になってみたり

1日目でもうあかんと2日目までテンションが保てなかったり

 

後なんかある?

ドキドキしてるのはみんな同じだと思うぞ

 

 

しかしそれ以外の

忘れ物とかマークミスとか1日目の夜に自己採点するとか

そういうことは避けられるわけで

ドキドキから派生する避けられるミスは絶対しないように。

 

 

後2,3週間で何が変わるのか?

そりゃ、今から2,3週で凄く成績がアップする、なんてことはないよね。

けど覚えてた事を忘れるには充分な時間

詰め込みまくった知識が抜けないようにキープしていく勉強が大事。

まあ知識の整理、総まとめだよね!

自分が重要だと思うところ、もう1回整理するのにちょうどいいぐらいの期間なんじゃないかと思う。

今から新しい事にどんどん手を出すのはリスクが高いと思う。

新しい事を覚えると、古いことが抜けていくんだよね。

まあ、よっぽど熱い範囲があればそれはやるかなー、ぐらいでいいと私は思う。

不安だからあれもこれも、つうのはおすすめしないよ。

1/30までは走り続けるしかない

もうこれしか選択肢はないのだ。

頑張って欲しい。

泣いても笑っても国試は来るし、合格発表も来る。

できれば笑って終わりたい、と誰もが思う。

それは後20日にかかっているのだ。

 

粛々と勉強しよう

あ、生活習慣を朝型にしておくようにね。

 

卒試ダメだった人は・・・・・

これを読みなさい。

自分自身変わらなければ来年もまた同じ失敗を繰り返すだけだ。

各大学6年生の在籍期間には制限がある。

特に最近は6年生は1留しかできない、という縛りの大学も増えてるから、1回留年したら次は卒業or除籍になってしまうぞ。

卒業駄目で除籍になったから別の歯学部へ編入ルートはO羽以外にM本と最近はT見もある。

ちなみにM本ルートについて聞いた情報だと、他大学除籍からの編入で卒業までいけた学生はかなり希らしい。

おそらくだが、O羽だってそう簡単ではない。

 

多くの学生にとって年齢と金だけが費やされたという結果になっていると思われるので、大学の経営に貢献したい人だけがいけばいいと思う。

私からのアドバイスは「早く次の道をみつけた方がいいよ」である。

 

情報お待ちしています

卒業者数の確定情報を募集します。

できればスクショもあわせて頂けると有り難いです。

TwitterのDMかメールまで