(続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

日本語が不自由な歯科医師のろくでもないお話 

第113回歯科医師国家試験の結果発表と見所

 

 

 

第113回歯科医師国家試験の発表日

2020年2月に行われた歯科医師国家試験の発表日は

令和2年3月16日(月) 14:00

丁度4週間後で、4年連続月曜日の午後。

もう月曜日だな!ずっと!

www.mhlw.go.jp

14:00ほぼジャストに厚労省のサイトに合格者の受験番号が出る。

サーバーが落ちたりすることはここ数年ないので14:00に開ければ大丈夫

全体の合格者数、合格率、削除問題やボーダーに関しても同時に発表される。

 

各大学の結果に関しては厚労省から発表されるが、これはサイトには載らない。

大学や予備校関係者は入手する事が出来る。

予備校が入手してから表を作成するのに1時間ぐらいかかる。

大学別の結果は15:00以降に予備校のサイトにアップされる。

予備校のサイトは結構重くなるのでF5連打したりしないように。

 

見所

2000人合格枠かどうか

ここの所毎年書いているが、ここ数年1950~2050人ぐらいの合格者数を維持している。人数調整されているのは間違いない。

毎年のようにこれが削減されるのではないかという噂が出る。

確かに2400人枠だった106から急に合格者数が300人以上減り2000人枠に突入した107は特に何の音沙汰もなかった。みんなビックリした。

f:id:spee:20200126094105j:plain

それから6年間大体2000人という枠で推移しており、そろそろ減らされても・・・という疑心暗鬼は常につきまとう。

f:id:spee:20200126094520j:plain

ただし、合格率が低くなりすぎないように調整されていると考えて良いと思う。

 

以下のブログで私は112は3279人ぐらいの受験者数ではないかと予想している。

ということは2000人枠になって最大の受験者数であり、合格率を維持するとすれば今年も2050人ぐらいの合格者数がいないと整合性がとれない。 

そのため、今年も2000人枠だと踏んでいるが・・・・

さてどうなる。

 

高得点の争い

113は112よりもかなり簡単だった。

実際DESの自己採点の結果も去年より相当高い得点率である。

絶対評価なら高合格率だっただろうが、残念だが歯科医師国家試験は相対評価。

いくら浪人が去年より点数がとれたとしてもそれ以上に高得点者が続出していれば届かないと言うことがありえる。

基本的に高得点は紛れが起きづらく、多浪生には不利なイメージがある。

そういうわけで浪人の合格率が去年と比較してどうなるかは注目している。

また、去年はタクソノミーが高くて国公立大学有利と感じたが、

比較的平易な問題が増えた今年は国公立と私立の合格率の差が気になる所である。

 

また、今回は一般と臨実が配置が混ざったため、どれが一般でどれが臨実か分からない問題が発生している。

領域、一般、臨実の区分が正確に出来なくなったため自己採点の結果を全面的に信用することができなくなった。予備校でさえそうなのだから、1つの大学で教員が頑張って領域、一般、臨実を分けたとしてもそれがどれほど信用できるのか???という感じである。

余裕がある成績ならともかく、結構ギリギリだった場合蓋を開けてみないとわからないからね・・・

最低でも落ちたらどうするかは決めておいた方がいいぞ・・・

 

下克上大学と没落大学の行方

岩手、北海道医療、松本、日本歯科新潟は最近国試の成績を上げてきている。

昔底辺だったこれらの大学が本当の意味で中堅以上と認識されるためには数年間実績を積み重ねる必要がある。

松本はすでにある程度実績を積んできているといえるが、さて今年は如何に。

 

対照的なのが

名門と言われてきた、日大、日本歯科

以前は確実な成績をとっていた上位校、愛知学院

残念だが最近の国試ではジリジリと成績を下げている。

ここら辺の大学がどうなるか見物だろう。

あ、大阪歯科もどうなるかなー。

 

 

f:id:spee:20200212171853j:plain

112結果

底辺の争い 

底辺3トップ+1の行方も気になる所である。

絶対王者T見

編入王者O羽

新王者?F歯

に再度戻ってきた鎮守府K歯

鎮守府なんて毎年6年生を大量に留年させて表の合格率をよくみせているけど裏は厳しい。

ここら辺が今年も成績低迷なのか、それとも上がっていく大学があるのか・・・

トップ独走大学

正直出願前に大量に落とすような数字の操作を行わない限りトップ独走大学に表の合格率で勝つことは他校にはできないと思う。

去年日本歯科新潟が出願前に大量に落として表の合格率で肉薄したわけだが、それでも及ばなかった。

トップ独走大学と某池の近く大学の熾烈なトップ争いは、某池の近くの内情を聞いているとやはり今年もトップ独走は揺るがないのではないかと思わざるを得ない所。

 

予想からすると

自分の予想からすると今年も1200人程は国試に落ちて浪人となるが、卒業保留されて自動的に浪人となる学生がそこにプラスされるので、来年は過去最大の浪人数となるのはほぼ間違いない(というかもう毎年ずっと増え続けて記録を更新し続けている)。

つまり落ちてから予備校どうしよう、とか迷っていると行きたい予備校がすでに満杯ということにもなりかねないので、ボーダーギリギリの方はもし落ちた時の身の振り方はしっかり考えておくべきかと思う

 

113予想の変遷

 

 

112の結果