(続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

日本語が不自由な歯科医師のろくでもないお話 

アマルガムにまつわる常識非常識

 

 

 

本来ならサブブログに書く予定だったが・・・

最近サブブログを開設して、SNS上の凄い人達をご紹介している。

今回もそれで見つけてきたのだが

少し話が長くなりそう、ということと

ご紹介したいものがあるのでメインブログで書くことにした。

 

なお、サブブログは以下のURLとなる。

今後ドメインは変更する可能性があるが、当面はこれ。

今日のInstagram

インスタ映え~とか言ってる場合ではない。

今のインスタには

がん放置療法やワクチン拒否

などを勧めるアカウントが溢れている。

今回もそういう所から引っ張ってきた内容

 

今回ご紹介するのはこれだ!

f:id:spee:20190226162502j:plain

アカウント紹介

こういったアカウント、写真の加工が結構似たパターンが多い。

不安を煽る感じの文章やちょっとお得感がある感じの文章を使う。

 

あれ?

その不調 歯の詰め物が原因かも!?

というやつがあるぞ・・・・

 

歯の詰め物の話を読んでみる

f:id:spee:20190226162733j:plain

水銀1

f:id:spee:20190226162755j:plain

f:id:spee:20190226162811j:plain

f:id:spee:20190226162820j:plain

f:id:spee:20190226162828j:plain

f:id:spee:20190226162839j:plain

という内容。

さて、皆さんどう思っただろうか。

私には疑問だらけだった。

 

Q&A集があるぞ!!

実は歯科用アマルガムについては日本歯科保存学会がQ&A集を出している。

歯科用アマルガム(に含まれる水銀)に関する Q & A 集

http://www.ousda.jp/cmsdesigner/data/entry/saisin_news/saisin_news.03922.00000002.pdf

 

アマルガムの安定性について

歯科用のアマルガムは上記アカウントが書いているように25度で蒸発したりしない。

溶け出すなどということはないようだ。

 

f:id:spee:20190226163204j:plain

歯科用アマルガムの安定性

アマルガムの除去について

アマルガムを除去する際、アマルガム本体を削り倒すと削った水銀やガス化した水銀を吸い込んでしまう可能性がある。そのためアマルガム周囲の健全な歯質を削りアマルガムは1体で除去する事が勧められている。

そのため何の問題も無いアマルガムを外すのは推奨されていない。

ただし、審美的な理由(白くしたい)などで外す事はあり得る。

f:id:spee:20190226163507j:plain

アマルガムの除去について

アマルガムと全身との関係

アマルガムと全身の関係については基本的に否定されている。

金属アレルギーに関しては否定はできない。

f:id:spee:20190226164240j:plain

アマルガムと全身との関係

アマルガムを煽る歯科医院について

確かに調べてみるとアマルガムは危険だ!!

外さないといけない!!

うちでは万全の体制でやっている!

というホームページが結構ある。

まあおそらくその後は自費のセラミックなんていかがですか!!

ということなんだろうね。

f:id:spee:20190226163929j:plain

 

結局のところ

大体25度で表面が気化するというなら、段々なくなっていって長い年月でアマルガム自体が消失するんじゃないですかね?

口腔内って30度ぐらいはあるから、常に気化するような材料を国が長期間認可するわけないでしょう?

しかし、InstagramもFBもこういったアカウント、探せば腐るほど出てくる。

アマルガムぐらいならまだいいのかもしれないが、こういうのを簡単に信じる人は

がん放置やワクチン拒否に簡単に傾くと思う。

こういった情報は正しい情報で上塗りしていかないといけない。

ちなみに上記アカウント、自称薬剤師でがん放置療法推奨っぽいですからね。

 

今年の国家試験に・・・・

実は今年の国家試験にこんな問題が 

f:id:spee:20190226165102j:plain

112D-73

f:id:spee:20190226165129j:plain

112D-73写真

さて、あなたは何を選ぶ??
 

AMAZONさん

また面倒な内容の雑誌が・・・・

https://amzn.to/2tBnS2i