(続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

日本語が不自由な歯科医師のろくでもないお話 

歯学部状況解析2020入学版(私立)(関東編)

 

 

 

関東は大学が多すぎる

毎年書いてるが関東だけで8校。

昔はこれでも良かったのかもしれないが、今は多すぎるとしか思えない。

関東にあるというだけで魅力的だった時代は終わったと思う。

凋落していく、かつての名門校

墜ちる所まで墜ちた所もある

時代の流れは巻き戻せない。

墜ちた責任は自分自身にあるのだから。

 

北日本版はこちら 

 使われている用語の説明

初めてならこの用語解説を読まないと内容がさっぱりわからない

 

また最新の学費に関しては以下のリンクを参照  

去年から変更された大学が少しある。

 

表の見方 

1 表合格率の赤字は全国平均以下、青字は全国平均以上

2 6年生の実数は1学期の人数。?が付いてないのは大学HP公表のデータ。?は独自収集で信頼度は下がる。

3 出願者数ー受験者数は出願後に留年または卒業保留になったであろう人数

4 浪人受験者数が前年の不合格者数合計より遙かに多い場合は前年卒業保留確定

5 補正合格率=合格者数/志願者数 表の合格率=合格者数/受験者数 闇の合格率=合格者数/6年生実数

6 補正合格率順位:私立大学(17校)内での順位

7 6年ストレート合格率は最短の6年で国家試験に合格した割合

なお、偏差値については2019/09/17現在の河合塾の偏差値を採用している 

偏差値については今後変動する可能性がある。 

 

明海大学

偏差値:47.5 (前年度50.0)

学費:6年総合 1930万+教材費160万(前年度と変化なし) 

募集人員120名 定員160名

特待生数:なし?

H29年度入学試験 受験者数778名 合格者数252名 倍率3.09 入学者数120名

H30年度入学試験 受験者数761名 合格者数265名 倍率2.87 入学者数120名 

R1年度入学試験 受験者数780名 合格者数254名 倍率3.07 入学者数120名 

f:id:spee:20190922083434j:plain

明海大学国家試験表

f:id:spee:20190922083502j:plain

明海大学国家試験図

1)国家試験合格率の推移

表の合格率は3年連続で全国平均を越えている。しかし、これは出願前の操作と卒業保留によって国家試験を受験する人数を相当減らしていることで達成されており偽装である。112では154名いたはずが国試を受験できたのは81名しかいなかった。

ただし、6年ストレート合格率は以前よりじりじりと回復しておりそこは評価できる。おそらく上位40%とそれ以外で学力に差がありそう。 

2)6年時での学生の処遇

6年生の40~50%が脱落して国家試験を受験することはできない。出願前と後両方で切られる。出願後に切られた場合多くは卒業保留で国試未受験のまま国試浪人として放流される。その割に浪人の合格率は低いので卒業保留から多浪というパターンが多そうだ。

3)入学進級の難易度 

学費が飛び抜けて安いため、偏差値は50弱、倍率は3倍前後をキープしている。そのため入学にはある程度の学力が必要である。全体の留年休学率は19.0%だが、卒業保留で出している分が加味されていないので実際は後5%ぐらいは高い感覚だろう。1,2年の低学年と6年生で落ちる可能性がある。 

4)総評 

学費が最も安い部類に入る大学であり、6年で歯科医師になれれば2000万円前後と私立で最もお得である。 しかし、それは上位40%の話であり、60%近くはどこかで挫折する事になる。6年生まではあまり落ちないので、いきなり卒業保留で出され国家試験多浪という罠も十分あり得るので注意が必要である。

ある程度上位をしっかりキープできるなら悪くない。

 

東京歯科大学

偏差値:55.0 (前年度57.5)

学費:6年総合 3214万円+教材費?(前年度と変化なし) 

募集人員128名 定員160名

特待生数:1~3位が100万、4,5位が50万学費免除らしい

H29年度入学試験:受験者数843名 合格者数214名 倍率3.94 入学者数128名

H30年度入学試験:受験者数859名 合格者数209名 倍率4.11 入学者数128名

R1年度入学試験:受験者数902名 合格者数222名 倍率4.06 入学者数128名  

f:id:spee:20190922105732j:plain

東京歯科大学国家試験表

f:id:spee:20190922105835j:plain

東京歯科大学国家試験図

1)国家試験合格率の推移

私立大学の中で国家試験の成績は最上位であり孤高の存在である。績は長期に渡り安定している。今回補正合格率に関しては日本歯科大学新潟生命歯学部に抜かれたが、それは新潟校が出願前留年を多量に出して数字を偽装したためであり、実際の数字的には圧倒的に東京歯科大学の方が上である。浪人したとしても来年受かる、と言えるほど浪人の合格率も高い。

 

2)6年時での学生の処遇

15%ぐらいは留年する。おそらくこの15%の中でも国試に受かる人はいるだろうが、この大学は容赦しない。卒業要件を満たせない者は国試に受かるレベルであっても落とす。そのため、6年で退学になってしまった学生を他の大学が編入で欲しがる程である。

 

3)入学進級の難易度 

偏差値は55で倍率は4倍を超えるため、合格するにはある程度実力が必要である。全体の留年休学率は15%程度であり、私立ではかなり低いほうである。カリキュラム自体は結構厳しい。年度の終わりに総合試験という総まとめ試験があって、そこを落とすと文句なく留年。6年ストレート合格率は70%を越え、しっかりレールに乗っていれば歯科医師になれる大学だが甘々な学生生活ではない。メンタルヘルスに注意は必要である。

 

4)総評 

他の名門校の国家試験合格率は低迷気味だが、唯一無二の存在となることに成功した大学。この国家試験合格率の実績だけで授業料が高くても学生を呼べる。OBも豊富である。もっと歯科医師免許に近い私立大学といえる。

推せるか推せないかといえば完全に推せる。

 

日本歯科大学

偏差値:55.0 (前年度55.0)

学費:6年総合 3141万円+教材費?(前年度と変化なし) 

募集人員128名 定員160名

特待生数:20名が半額

H29年度入学試験:受験者数889名 合格者数233名 倍率3.82 入学者数128名

H30年度入学試験:受験者数867名 合格者数213名 倍率4.07 入学者数132名 

R1年度入学試験:受験者数884名 合格者数239名 倍率3.70 入学者数129名

f:id:spee:20190922170822j:plain

日本歯科大学国家試験表

f:id:spee:20190922170846j:plain

日本歯科大学国家試験図


1)国家試験合格率の推移

表の合格率が全国平均を超えたのは最近5年間で1回だけである。

合格率は少し持ち直して来ているように見えるが、留年休学率も加速度的に高くなっており学生を切ることでしか対応できていないようにみえる。112回では179名いたはずなのに実際国試を受験できたのは103名、合格したのは79名である。草葉の陰で泣いている学生は多数存在する。

6年ストレート合格率は名門校の中でも高い方ではなかったが、さらにじりじりと下げており、45%程度まで下がってきてしまっている。ここら辺で止めないと中盤の底も底レベルになってしまう。

2)6年時での学生の処遇

日本歯科大学は聴講生という複雑なシステムがあり、6年生の実数をカウントするのが非常に難しいが、出願前にも出願後にも学生を大幅に絞っているのは間違いない。

111、112では出願前に15~20人、出願後にも40~50人程度の学生が落ちているため、6年時は修羅の国中級編ぐらいの様相を呈してきている。

3)入学進級の難易度 

偏差値は55.0、倍率は3倍後半をキープしており、入学にはある程度の学力が必要である。これほど国家試験の成績が悪くても学生を集める事はできている。全体の留年休学率は19.3%であり、6年時に多量に落ちる以外はあまり落ちない。逆に成績が悪くても6年までは進めてしまい、そこで地獄を見る可能性もない事はない。6年で歯科医師になれる確率は50%を切っているわけで半数以上がどこかで躓く。偏差値40の大学に6年ストレート合格率で負けるというのは教育システムの欠陥を指摘されても仕方がないのでは?

4)総評 

名門校であるが、国家試験の成績は低迷しており抜け出せる可能性は低そうだ。学生を切るだけしか合格率を上げる方策がないようにしか見えないからだ。なぜ128名入学だったはずが最後の段階で170~180名近く存在しているのか?6年ストレート合格率はすでに名門の数字ではない。

立地条件と名門の名残だけでは今後も同じレベルの学生を集められる保証はない。学費もそれなりに高い。同レベルの偏差値と学費なら東京歯科に行った方が・・・なんて思うOBがいないはずがない。

代々日本歯科でどうしてもという人以外に強く推せる要素はない。

 

昭和大学

偏差値:55.0 (前年度55.0)

学費:6年総合 2700万円+教材費(前年度から250万円アップ) 

募集人員96名 定員120名

特待生数:入学試験時選抜試験合格者50名は初年度授業料300万免除

H29年度入学試験:受験者数867名 合格者数183名 倍率4.74 入学者数97名

H30年度入学試験:受験者数913名 合格者数178名 倍率5.13 入学者数96名 

R1年度入学試験:受験者数1064名 合格者数185名 倍率5.75 入学者数96名

f:id:spee:20190922112006j:plain

昭和大学国家試験表

f:id:spee:20190922112033j:plain

1)国家試験合格率の推移

国家試験の成績は東京歯科大学の次に安定したレベルを誇る。111はやや低迷したが、112ではしっかり戻してきている。 このレベルが維持できていれば大きな問題は無いとだろう。東京歯科と昭和で私立ツートップと言える。

浪人の合格率も比較的高い。

 

2)6年時での学生の処遇

6年まで上がってきた場合、以前は殆ど留年しなかったが最近はそうでもない。学生の質に不安がある場合やむを得ずある程度留年させる、と言うことだろう。実際、唯一留年が10%を越えた111では国試の成績も低迷している。

 

3)入学進級の難易度 

今年は受験者数が1000名を越えてしまい、倍率は6倍近くまで上がっている。偏差値も55となっており、受験の難易度はかなり高い。留年休学者の割合は14.0%であり、私立では最も低いレベルである。5、6年生あたりがやや留年する可能性がありそうだが、他大学に比べるとかなり低い。6年ストレート合格率は65%程度で安定している。

 

4)総評 

国試の合格率も高くかつ授業料が他の大学に比べて安いためかなりの人気となっていた。そう、過去形なのだ。 どうも昭和大学医学部の不正入試による補助金カットの影響により、全ての学部が授業料アップ。特に医学部は6年500万アップ、歯学部はたいして関係ないのに6年250万円アップである。これが来年の受験者数に響かないわけはない。それでも歯学部の中では普通レベルの授業料であり、決して高いわけではない。国試が優秀で学費は普通の大学になったわけでそう悲観する事はないだろう。

推せるか推せないかといえば推しだ!!

 

日本大学松戸歯学部

偏差値:50.0 (前年度45.0)

学費:6年総合 6年総合 2940万+教材費?(前年度と変化なし) 

募集人員115名 定員160名

特待生数:入学試験時優秀者は200万免除 他にもあり

H29年度入学試験:受験者数443名 合格者数186名 倍率2.38 入学者数119名

H30年度入学試験:受験者数528名 合格者数195名 倍率2.71 入学者数115名

R1年度入学試験:受験者数527名 合格者数212名 倍率2.49 入学者数114名

f:id:spee:20190922162231j:plain

日本大学松戸歯学部国家試験表

f:id:spee:20190922162302j:plain

日本大学松戸歯学部国家試験図

1)国家試験合格率の推移

表の合格率の乱高下が激しい大学である。111ではかなり成績が悪く112である程度挽回しているが、それは偽装である。すでに112でかなりの人数が卒業保留とあったことが明らかになっている。159名いた学生で国試を受験できたのは89名しかおらず合格者は69名。下の資料からすると128名卒業しているわけで39名卒業保留と考えられる。

6年ストレート合格率は25%ぐらいの年と40%を超える年があり、なかなか傾向を読み辛いが決して高いとはいえない。中盤の底~下の上ぐらいだろうか・・・。

浪人した際の合格率は案外悪くない。

2)6年時での学生の処遇

6年生での留年率も毎年乱高下して一貫性はあまりない。成績不良の学年が続くと留年率が高めになり学生が溜まってくると裏で出すために卒業保留するというのが傾向のようだ。104~106まで卒業保留を採用後は111までは卒業保留はしていなかったのだが、流石に160名も6年生がいてさらに留年させるわけにはいかなかったのだろう。出願前に10名ほど消えており、意図的な操作が疑われる。

3)入学進級の難易度 

偏差値は45~50程度であり倍率は2.5倍程度であり、ある程度選抜される。留年休学率は24%程度となっているが、卒業保留しているためそれが留年していたと考えるともっと留年休学率は高くなる。概算するとおそらく5%程度上がるので実質30%程度と考えるべきである。そう考えると留年率は少し高めである。3年と6年あたりに壁がある。

 

f:id:spee:20190922164853j:plain

日本大学松戸歯学部学生数

4)総評 

学費と成績のバランスが 整っているとは言えない。乱高下する合格率や6年ストレート合格率的に一貫した対策が取られているとは言い難い。残念だがこの乱高下は今後も続くのではないだろうか。今年も150名6年生がいるため卒業保留する可能性は十分あり得る。6年ストレート合格率はかなり悪いので、予定している総額をオーバーする可能性は覚悟しておく必要がある。ある程度ハイリスクな大学である。

 

日本大学

偏差値:52.5 (前年度55.0)

学費:6年総合 3160万+教材費115万(前年度と変化なし) 

募集人員128名 定員160名

特待生数:授業料免除等 色々種類有り

H29年度入学試験:受験者数700名 合格者数229名 倍率3.06 入学者数128名

H30年度入学試験:受験者数732名 合格者数223名 倍率3.28 入学者数128名 

R1年度入学試験:受験者数803名 合格者数243名 倍率3.30 入学者数128名 

f:id:spee:20190922151005j:plain

日本大学国家試験表

f:id:spee:20190922151032j:plain

日本大学国家試験図

1)国家試験合格率の推移

国家試験の合格率はじりじりと下がっている。6年ストレート合格率にいたっては105の74%から112では44.5%と30%も下がってしまった。6年ストレート合格率45%以下はすでに中盤の底レベルである。綺麗に下がっていってることから対策を行っていない、または方向性が完全に間違っている可能性もありえる。

浪人の合格率は良くも悪くないレベル。

2)6年時での学生の処遇

以前は6年生は殆どそのまま卒業してある程度の成績を取っていた。しかし現在では出願前に10~20名ほど切られ、出願後にも少数切られてしまう。噂によると成績不良者は1学期終了時点で休学を勧められるという。他大学に比べると6年時の人数調整は少なめだがその分表の合格率の見た目は悪い。

3)入学進級の難易度 

入試の偏差値は52.5、倍率は3.3倍程度で他の名門校レベルからすると一段下である。タックルの影響で受験者数の減少等が危ぶまれたが杞憂だったようだ。入学には一定以上の学力は必要である。全体の留年休学率は26%程度で平均よりやや高めである。1年、2年から結構留年する可能性がある。以前はレールに乗っていればそのまま歯科医師になれたが今はそういうわけにはいかない。

4)総評 

御三家の1つなわけだが、すでに6年ストレート合格率は名門レベルから程遠い成績となっている。たった7年で30%も下がるには何か欠陥があるのではないだろうか?ここで踏みとどまらなければウリは立地と新しい附属病院ぐらいしかない。しかし、順調に右肩下がりの状態を見ると不安を感じざるを得ない。親が日大閥でどうしても日大じゃないと駄目!という事がなければ強く推せる要素はない。 正直今の学費と成績はアンバランスになりつつある。

 

鶴見大学

偏差値:35.0 (前年度35.0)

学費:6年総合 2790万+教材費?(前年度と変化なし) 

募集人員115名 定員160名

特待生数:最大10名が授業料全額または一部免除

H29年度入学試験:受験者数265名 合格者数176名 倍率1.51 入学者数67

H30年度入学試験:受験者数271名 合格者数183名 倍率1.48 入学者数67名 

R1年度入学試験:受験者数314名 合格者数213名 倍率1.47 入学者数84名 

f:id:spee:20190922084432j:plain

鶴見大学国家試験表

f:id:spee:20190922084458j:plain

鶴見大学国家試験図

1)国家試験合格率の推移

107から成績が急降下し、109からは全国最下位が定位置になってしまった。表の合格率は持ち直しているように見えるが、これは出願前と卒業保留で国試を受験する学生を大幅に圧縮した事による。

110では141名いたのに国試を受験できたのはたった42名、111では100名いたはずが国試受験者数は53名、112でも98名が56名と教え子を教え子と思わぬ所業を繰り返して合格率を少しでも上げようとしている。そうやって大量に絞っても合格率は平均以上にも届かない。言い訳は必要ない。重症だ。

 

2)6年時での学生の処遇

1)に大体書いたが、6年生は修羅の国。4月にいた学生の60%ほどは留年休学国試浪人という形になる。しかしそれでも110の6年生の80%以上が討ち死した状況よりは少し改善しているといえる。出願前にも出願後にも留年のチャンスがある。また卒業保留をここ2年ほど採用しており、卒業できるが国試は受験できないという学生が相当数存在する。あらゆる手を使って学生は振り落とされる。今年も卒業保留したかどうかについては今の所わからない。

 

3)入学進級の難易度 

入試の倍率は関東では最低の1.5倍未満であるが、今年は受験生が少し増えている。ここ数年は定員割れを起こしており、偏差値は35。入学することはおそらく難しくない。それでも入試に落ちた100名ってどんな学力なんだろうか・・・。

留年休学者の割合は36.8%と全国1位。しかも卒業保留して留年休学者率を下げてこれなので、卒業保留せず留年させたと仮定すれば40%を超えるだろう。6年で歯科医師になれる確率は持ち直してやっと25%程度であり、留年せずに修羅である6年生に上がることすら案外難しい。

 

4)総評 

合格率は少し回復しているが、他の大学とは相当の格差が存在する。学費がとりわけ安いわけでもなく留年率は全国1位であり、進学するなら学費が予定通りで収まらない可能性の方が高い。

出願前や卒業保留などの手口は明らかに合格率を吊り上げるため意図的に行われている。学生を大幅に粛正する意図なわけで粛正される側になりたくなければ、上位をキープできる自信がなければ進学は避けた方が良い。

なお、大学のコンプライアンスに問題がある可能性がある。

鶴見大学歯学部、噂は本当ですか? - (続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

推せるか、推せないかと言われれば私には確実に推せない。 

 

神奈川歯科大学

偏差値:37.5 (前年度45.0)

学費:6年総合 2700万+教材費150万程度(前年度と変化なし) 

募集人員110名 定員160名

特待生数:今年より特待生数枠増加(免除金額減)

H29年度入学試験:受験者数515名 合格者数250名 倍率2.06 入学者数117名

H30年度入学試験:受験者数569名 合格者数268名 倍率2.12 入学者数116名 

R1年度入学試験:受験者数603名 合格者数258名 倍率2.34 入学者数118名

f:id:spee:20190922140445j:plain

神奈川歯科大学国家試験表

f:id:spee:20190922140505j:plain

神奈川歯科大学国家試験図

1)国家試験合格率の推移

表の合格率はここ5年で4回平均を超えている。しかし、それは6年の強烈な留年率によって叩き出されている。ここ3年100以上存在しているはずの6年生で実際に国試を受験できるのが60人以下である事からよくわかる。

卒業できれば国試にはある程度合格することは出来るが、他の学年でも留年するため6年ストレート合格率は111では全国最下位の18.5%となってしまった。112では6年ストレート合格率は44.8%まで持ち直しているが安定感はイマイチだ。

 

2)6年時での学生の処遇

6年時の留年休学率は45~55%に及ぶ。ほぼ半分は卒業することができない。6年生の人数が多いので留年しているのはほぼ間違いない。112では125名いた学生で国試出願できたのは102名のため出願前の人数調整は行われていると思われる。

 

3)入学進級の難易度 

偏差値が乱高下しているが、大体40前後であり、入試倍率は2倍をやや超えるぐらいである。学生の20%程度が台湾韓国を主とする留学生で構成されることもあり、それほど入学することは難しくはない。日本人だけで定員充足は難しいのかもしれない。留年休学率は27.6%であり、私立としては平均よりやや高いぐらいである。4年と6年に明確なハードルがあり留年多発ポイントとなっている。

f:id:spee:20190922143305j:plain

神奈川歯科大学学生数

4)総評 

110と112の結果からすると、おそらく国家試験に合格した人の多くは6年ストレート合格と考えられる。つまり、6年で国試に合格できる40~50名とその他で大きく学力が乖離していると考えられる。 その40名に入ることが難しい場合この大学の4,6年の留年率の高さから卒業することすら難しい可能性がある。半分より下の入学はお勧めできない。比較的余裕で特待生になれるぐらいの人ならお勧めできる。附属病院が新しいとかそう言う前に歯科医師になれそうかどうかで判断するべきである。 

 

まとめ

・東京歯科は孤高の成績

・昭和は二番手だが、学費アップがどう影響するか

・日大、日本歯科の国試の成績は中盤の底レベルまで下降

・神奈川歯科は外人部隊が20%

・鶴見に未来はあるか?

 

 

 
 

 

 

参考資料

このデータのまとめは 

を参照のこと

 

f:id:spee:20190903081818j:plain

f:id:spee:20190903083731j:plain

f:id:spee:20190903124914j:plain

f:id:spee:20190903125728j:plain