(続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

日本語が不自由な歯科医師のろくでもないお話 

第112回歯科医師国家試験のシミュレーション

111予想の反省から

毎年4月にラフに予想している来年2月にある国家試験のシミュレーション。

しかし、よく考えていたら111の予想の反省をしていなかった。

早速みてみよう。

 

はい、下の表を見ていただけるとわかると思うが、

去年の4月にやった1回目の予想に関して、合格者数以外はほぼ全て予想範囲内

12月頃の2回目は1回目よりも精度を上げようとしすぎて毎年撃沈してしまうという。

f:id:spee:20180403141216j:plain

これからいえることは、ある程度の幅なら予想は的中できるが±50人ぐらいで受験者数を予想するのはかなり難しい、という事だろう。

というかおそらく予備校でも±50人とかでは予想してないんじゃないかなあと。

毎年結構無謀な予想。

あ、予想に関しては一切責任を取れませんのでよろしくお願いします。

 

  

112の受験者数予想

 過去6年間の受験者数と合格者数を示す。

f:id:spee:20180319145921j:plain

国公立現役

おそらく630ぐらいの予想で問題ないだろう。

毎年大体安定している。

 

浪人

浪人に関しては1024人今の所存在している。

そこに卒業保留分がプラスされる。

去年は4大学で180名弱がプラスされた。

おそらく今年もいつもの3大学はやっていると思われる。

常連大学の学生数と実際の受験者数の差を取って考えた結果、

80-130名ほどプラスして考えてみる。

 

112での浪人受験者は 1104~1154名

となり、他の大学が卒業保留を大量に出していない限り、去年より減少すると考えられる。

 

私立現役

平成25年度に私立歯学部に入学した学生は定員の96%であり、平成23年度の87.8%、平成24年度の95.4%と比較して増加傾向にある。

おそらく110が最も定員割れしていた世代ということになるだろう。

つまり入学した時点での学生数は111よりやや多い、ということになる。

 

 

昨年度5年生の数が分かっている大学と分かっていない大学がある。

分かっている大学は黒字。

わからないので適当に入力したのが赤字。

合計すると1719人となる。

去年4月に予想したときは1670名だったので少し多い。

f:id:spee:20180403170145j:plain

 

f:id:spee:20180321152625j:plain

 

1年入学時と5年時の人数から

今年の6年生は111より少し多い、と考えるべきだろう。

志願者は1850~1900の間ぐらい

ということはそこからどれだけ落とすか、と考えると

1280~1380ぐらいは充分可能性ありそうだ。

 

私立現役受験者数は1280~1380人

大学がどれだけ落とすかで容易に数字は変動してしまうが、

一応去年並からやや多い人数、と考えるべきだろう。

 

合計

国公立現役 630名

私立現役 1280~1380名

浪人   1104~1154名

合計は 3014~3164名

となる。

私立現役はやや増加するとしても浪人が減少するために相殺された形。

おそらく最高でも111と同レベル。

111よりは多少少なく109や110に近い受験者数になりそう。

 

合格率

このブログでは合格者数2000人枠を提唱している。

おそらく合格者数1950~2050人が可能性が最も高いゾーンと考える。

それは受験者数が大幅に変わるわけではない112でも同じだろう。

 

合格者数1950~2050人の場合

合格率は61.6~68.0%となるがおそらく64%ぐらいが最も可能性が高いと考えられる。

受験者数3014名で合格者数2050名はありえないだろうし、

受験者数3164名で合格者数1950名もありえないだろう。

受験者数が少なければ合格者も多少減らすし、逆もありえると思われる。

 

合格者数が1950名を割る、ということは出願者ベースで考えると50%程度の合格率になってしまうので想定してない。

 

まとめ

112のざっくり予想

受験者数:3014~3164名

合格者数:1950~2050名

おそらく110、111を踏襲した合格率64~65%程度になると予想

f:id:spee:20180321150404j:plain

 

112は108~111と同じ傾向を踏襲した形になる可能性が最も高いだろう。

受験者数も108~111と同レベル

合格率も同じレベルで揃えてくると思われる。

ここら辺が厚労省の考えている解、ということなのか

それともまだ大幅に合格者を絞る事を考えているのか

それは厚労省にしかわからない事である。

 

私立歯学部生へ

結構さくっと数字まとめちゃったんで理解出来てないかもしれない。

もう一度念を押しておこう。

 

おそらく今の時点で私立の6年生は2000人ぐらい

そのうち、国試を受験できるのが1280~1380人と予想

当たり前だが、その中で国試に受かるのはもっと少ない

111と同じぐらいとすると

来年の私立新卒の研修歯科医は約1000人

そう、今いる6年生の50%しか来年研修歯科医になれない。

国家試験下位校であれば、50%どころか40%以下も充分ありえる。

そしてこれは毎年繰り返されている。

これが現実。

勝ち組になるには・・・・当然勉強するしかない。

今からだ!

 

自分の大学の現状

当然もう把握しているとは思うけど・・・

 

AMAZONさん

よりもい・・・最高だった・・・。

私はAMAZONプライムビデオで毎週観てました。

南極に女子高生が行く、という大筋だけ聞いたらありえない話。

ストーリー+曲がね・・・・やばいの。

めっちゃ癒やされるの。

プライム会員で観てない方はプライムビデオ外される前に是非是非。

Blu-ray 買ってしまった・・・。

アニメの円板買ったのは数年ぶりだ。