(続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

日本語が不自由な歯科医師のろくでもないお話 

第113回歯科医師国家試験のシミュレーション 11月ver

 

 

精度が上がる?

以前は年2回、春と初冬ぐらいに国家試験の受験者数や合格率の予想をしていたが、初冬時の予想に関しては全く当たらないという悲劇が起こっていた。

なぜ当たらなかったか、というと春よりも精度を求めるがあまり予想する数字の幅をかなり狭くしたためである。

なので春の段階の緩い予想なら当たっているのだが、2回目の予想で外すという事態が2年ほど続いたため、では春の予想でいいじゃない、と春だけにした。

しかし、前回のブログで卒業保留の数が大体分かったので春よりも少し精度が上げられそうな予感がしてきた。

というわけで少し再予想してみたいと思う。

なお当たらなかったからといって私に八つ当たりしないようお願いしたい。

あくまで予想であり、不確定な要素は色々あるわけだから。

 

春の段階の予想

 今年の4/5に予想したおそらく最も早い予想である。

この段階での予想では

国公立現役 620名

私立現役 1344~1407名

浪人   1280~1330名

受験者数総数 3244~3357名

となり、ここ数年で最大の受験者数になるのではないか、という予想を立てた。

 

ちなみに112のリアルな数字は以下に記載しているが 

 

国公立現役 609名

私立現役 1386名

浪人   1232名

受験者数総数 3232名

であった。

 

国公立現役

国公立現役に関して把握している数字は

北海道大学 52名

東北大学  51名

東京医科歯科大学 43名

新潟大学 ?

大阪大学 55名

岡山大学 ?

広島大学 52名

徳島大学 46名

九州大学 54名

長崎大学 49名

鹿児島大学 ?

九州歯科大学 ?

である。

徳島大学と長崎大学ではすでに出願前の人数カットが行われているという情報をゲットした。

国公立でこの段階で落ちるのは出席、素行などがかなり悪い可能性は否定できない。

徳島と長崎は5名ずつぐらいマイナスにしておく

この時点で402名は確定しており、そこから10名マイナスにすると392名

新潟大学はほぼ毎年40~45名程度

岡山大学は 50名程度

鹿児島大学は50名程度

九州歯科大学は90名程度

であり、627名程度となる。

そこから留年する人がわずかながら存在するため、10名程度間引きすると615名程度となる。 

 

これに関しては春の予想の620名とほぼ一致する事からあまり問題ない数字だろう。

とりあえず国公立現役は615名と予想

 

浪人

まず112で落ちた人は1173名

これに前回判明した卒業保留の105名を加えると1278名となる。

実はこれにプラスして112を未受験という浪人の可能性があるのだが、そこはもう無視する。

なので浪人は1278人と予想

前回の予想よりも実は少なくなっている。

 

現役私立

今の所不確定な要素が大きいのはここになる。

今現在分かっている6年生の実数は

北海道医療大学 79名

岩手医科大学 57名

奥羽大学 59名

日本歯科大学新潟 ?

明海大学 ?

日本大学松戸 150名

日本大学 ?

東京歯科大学 162名

日本歯科大学 ?

昭和大学 95名

鶴見大学 133名

神奈川歯科大学 137名

松本歯科大学 93名

愛知学院大学 137名

朝日大学 ?

大阪歯科大学 155名

福岡歯科大学 106名

 

北海道医療大学

去年は77名出願で51名受験。

最近は50名受験ぐらいがMAXな数である。

おそらく今年も 50名ぐらいと予想

 

岩手医科大学

今年は例年に比べて6年生が少ない。

ということはおそらく受験者数も減るのではないだろうか。

留年率30%として40名受験ぐらいを予想

 

奥羽大学

最近では学生数がかなり多い。

留年率は最近は25~30%ぐらい。

人数が多い分絞るとみて41名受験と予想

 

日本歯科大学新潟

元の学生数が分からない以上完全な読み合い。

去年は33名が留年。

ここ3年は出願者数は65~70名で安定しているが、そこから留年して実際の受験者数はそれよりもっと少ない事も多い。

去年大変な合格率になってツッコミ所満載だったので、今年は少し緩めるかもしれない。

全然分からないので60名受験ぐらいで予想

 

明海大学

40名以上留年生を抱えており、おそらく6年生の実数は例年と同じぐらいはいるだろう。150名ぐらいではないだろうか。

おそらくある程度の合格率は取りに来ると思う。

ということで75名受験ぐらいで予想

軽く予想しているが6年生半分国試受けられない予想になっている・・・

(学生数情報あり)

 

日本大学松戸

去年61名ぶった切って、39名を卒業保留で裏から出していた、ということで去年の6年生で残っているのは22名と少ないわけなのに150名も学生がいる。

ということは今年もざっくりと学生を切ってくる可能性は十分ある。2年続けて合格率が悪いのでそろそろ上げておきたいという感じもあるだろう。

色々考えるて95名受験と予想。

55名はまた来年かな。

 

日本大学

6年生の実数がわからない大学の1つだが、おそらく毎年140名程度学生がいて、実際受験できるのは115名程度というのが最近の流れ。去年は109名受験して合格率はかなり悪かったので、ここはやはり110名程度には最低でも絞ってくるのではないだろうか。

ということで110名受験と予想

 

東京歯科大学

毎年155名ぐらいいて127名受験とかそういう感じなので、162名なら130名ぐらいの受験が妥当なラインではないだろうか?

ということで130名受験予想

 

日本歯科大学

ここもブラックボックス大学だが、おそらく聴講生もあわせると170名はいるだろう。受験者数はここ3年でかなり減ってきている。つまりそれだけ学生数を絞ってきている。3年連続で合格率は全国平均を下回っておりこれ以上の下げは避けたい。

ということで110名受験と予想

(この予想をした後で人数情報頂きましたが、このままとします)

 

昭和大学

95名という情報を得た。この大学は以前はほぼ全員受験だったのだが、最近はわずかながら落としてきている。

90名ぐらいの受験を予想。もうちょっと落とす?

 

鶴見大学

133名とここ3年ではかなり多い6年生を抱えている。110で141名いたときは100名ぐらいを地獄に突き落としたが・・・・はたして今年はどうするのやら。

ここ2年はある程度の合格率を取りに来ている感じなので、今年も同じ路線なら人数はある程度カットせざるを得ないと予想する。45~50%はカットする予想。

ここは大胆に50%カットで67名

 

神奈川歯科大学

137名で毎年45~50%程度は留年処理される。人数が多かった110は50%を超えたことから、人数が多ければ留年も多くなると考えてもよさそう。

半分で68人受験と予想

 

松本歯科大学

93名とここ3年で一番少ない人数である。112ではかなり卒業させたわりに合格率はある程度キープし、底力があることを示した。6年での留年率はここ2年で急激に減少している。25%留年で受験ぐらいが妥当か?

70名受験と予想

 

愛知学院大学

成績低下に歯止めが止まらなくなってきている大学。徐々に成績は下がってきているが・・・。去年は出願前留年すら行っている。今年は137名だが、過去の傾向からすると30~35%は切られると予想。

90名受験と予想したい

 

朝日大学

情報によると145名のようだ。ここ2~3年で45~60名ぐらいが留年又は卒業保留となり、国試を受験することは出来ない。50名ぐらいは落とすと仮定してみよう。

95名受験と予想

 

大阪歯科大学

過去3年で150名ほど学生がいたことが2回あるので、それを踏襲してくると予想する。おそらく90~95名ほどは卒業させてくるのではないだろうか。

95名受験と予想

まあ、この大学の6年生はバッサリやられるからね!毎年だから覚悟しているよね?

 

福岡歯科大学

この大学は読みづらい。111では114名いたところで50名しか受験させず裏から学生を卒業保留で叩き出し、112では一転118名いたところ105名と大放出。おそらくこれで溜まっていた留年生はかなり出したはず。今106名いる6年生ははどうなるのか?と考えるとやはり留年多めで絞って合格率を少しでも上げようとする、という予想が妥当ではないだろうか。35%ほど切って69名受験と予想。

留年生を溜め込む余裕ができたら留年させるに決まってるじゃないか、と思うんだけどね。

 

ということで

北海道医療大学 50名

岩手医科大学 40名

奥羽大学 41名

日本歯科大学新潟 60名

明海大学 75名

日本大学松戸 95名

日本大学 110名

東京歯科大学 130名

日本歯科大学 110名

昭和大学 90名

鶴見大学 67名

神奈川歯科大学 68名

松本歯科大学 70名

愛知学院大学 90名

朝日大学 95名

大阪歯科大学 95名

福岡歯科大学 69名

合計1355名

 

というわけで最終予想

国公立現役 615名

私立現役  1355名

浪人    1278名

合計    3248名

 

112が3232だったのでほぼ同じぐらいに落ち着きそう

一応幅を持たせて受験者数3248±50人で予想はお願いします。

 

去年とほぼ同じということはおそらく合格者数、合格率も近似してきそう。

という事は2050人合格ぐらいが可能性が最も高いのではないだろうか。

ということで合格率も63%程度と予想する。

 

合格者数2000~2050人と想定する。

最も合格率が低い想定 合格者数2000人 受験者数 3298人 合格率 60.6%

最も合格率が高い想定 合格者数2050人 受験者数 3198人 合格率 64.1%

おそらく合格率60.6%はない。

多分63%ぐらいにあわせてくるのではないかと・・・

 

終わりに

現在持っている情報を元に再計算を行った所、春よりは受験者数は少ないのではないか、という予想になった。

ただし、これはあくまで予想なので完全に信じるのは危険である。

実際の正解は3月にならないとわからない

ただし、ある程度各大学の癖や傾向を反映して予想した・・・つもりではある。