(続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

日本語が不自由な歯科医師のろくでもないお話 

第113回歯科医師国家試験アンケートの結果 その2

 

 

第113回歯科医師国家試験のアンケート

国試終了直後にアンケートをとった。

受験者585名から回答を得た。

国試に関する感想等をまとめたその1はこちらから

その2は残り予備校関連と大学関連について

 

模擬試験(予備校)について

模擬試験の難易度

AとDどちらが難しいかという質問をした。

対象者はAとD両方の模擬試験を受験したものが対象であり、441名から回答を得た。

f:id:spee:20200206173213j:plain

去年もそうだが、今年も割れている。

しかし、Dの方が難しいと感じている学生の方がすこし多そうだ。

AとDでそれぞれ問題に癖があると思うので、その癖に合う合わないで感じる難易度も変わってくるんだと思う。

 

国試に近い難易度

国試に近い難易度はDが圧倒的だった。

f:id:spee:20200206173909j:plain

ここまで差がついたことはいままでなかったと思う。

模擬試験の難易度はDの方が難しくて簡単になった国試とフィットしているというのが矛盾しているような気もしないでもないのだが、模擬試験の問題の質や傾向がDの方がAよりも今回の国試にはマッチしていたと考えるべきだろう。

コメントをみるとAに対して辛辣なコメントが目立つのだが、一体どういうことだろうか?

 

112回のアンケート結果を以下に示すが、Dの方がやや優勢ではあるものの113回ほど差は開いていない。

f:id:spee:20200206174117j:plain

予備校に関して

予備校に関してフリーなコメントをしてもらった。

 

予備校の予想は精度が高い

a dともに、当てている問題が多かったように感じた

予備校の講義、予想問題からかなりでてた印象。 某講師たちがすごいのか、流出なのかわかりませんがかなり助かりました。

やはり予備校の予想は当たるんだなと思いました

予備校の出張講義からかなり出ました!

特別授業として学校で必修講座を受講しましたがその中からだいぶ出題されました。さすがプロだと感心しました。

予備校で触れていた問題が多く出ていた印象

よく当たっていたと思う

よく当たってたんじゃないでしょうか?

何問か講義から出た問題があった

今年度国家試験を受けて 予備校の講義や模試で扱われた問題はかなり当たることがわかりした 今後の受験生はその意義を感じながら受けて欲しいと思います

宅浪でしたが、12月1月のDES直前講習に参加しました。 外部向けですが、1月の直前講習はかなり国家試験に類似問題がでていたと思います

直前講座で言っていたことがいくつか国試で出ていたのですが、やっぱり漏洩あるの?って思いました。

予備校の予想はドンピシャか全く出題されなかったどっちかだった

 

やはり利用した方がいいよね

臨実の解き方、ある程度のお作法的なものを教えてくれたのは予備校。学校の授業だけではその部分は補きれなかったと思う。

わかりやすいし、重点がまとまっていてよかったと思う

予備校の講義は必須です。朝日は教えるべきこと教えてない可能性高いです。(特に基礎系)

麻布しか出張講義は受けてませんが新出題傾向は助かりました。

学校で分かりづらい講座を、予備校で補うしかない。先生の当たり外れあるから口コミも大切

内容が簡潔にまとまっていて、理解しやすかった

大学の講義と比べ予備校の講義やテキストの方が良かったです。もちろん全て予備校の講義が良かった訳ではありませんが基礎科目に関してはちょっと大学の講義だけでは今後の国試対策には厳しいのではないかと思いました。

今年初めて予備校に通ったが、宅浪はかなり厳しいと思う 知識も大事だが思考誘導が合わないと解けない問題が多かったからそこのやり方を学ばないと厳しい 

Dに通ってました。今回は基礎的な知識が多く、予備校の授業でも聞いていれば解ける問題が多かったと思います。今年は特に出席率との相関が高くなる気がします。

大学でDesの講義を受けましたが、国試に出たところをフォローされていた。

 

 

模試関連

予備校の講義はそこそこ良かったです でも、必修は微妙ですね そもそも、学士試験も模試も必修の癖が国家試験と違いすぎます クソくらえです

模試は麻布は臨実が難しくてdesは必修が難しいというのが正直なとこです。

模試で似た問題が散見されました

模試はdesのほうが有能。

模試は明らかにDのほうが良い。

麻布の模試はとにかく変な問題が多く、今回のようなまともな問題の多い国試を受ける時に変に勘ぐってしまう悪い癖がついてしまうので良く無いと思う。 講義も、たまに間違ったことを教えている。 DESの方が良いかと言われるとそれもまた微妙だが、麻布よりはまだマシだと思う。

dの問題は当たった

また、課程が変わってから3年目ということで予備校側の予想が的中しやすい傾向があったせいか、模試の内容で見たことがあるものが散見された(麻布 Des共に)。模試の復習は本当に重要と感じた。

麻布web模試180問しかないにもかからず的中問題が多かった。DES模試は解説のまとめが直前期に役立った。

麻布のweb模試は2年間連続で国家試験の問題出てました。(当ててるのかもしれません笑)

 

 

講義関連

 どちらにも通っていましたが、授業自体はそこまで差はないかと思います。

DES最強

学校で受けた出張DESの対策講義はかなり役立ちました。

大学でDESの先生の講義がいくつかありましたが、見事的中されていた問題が多かったように感じます。

麻布の講義は、とにかく覚えろと言われることばかりであまり身にならなかった。ただ、資料はカラーで、ほとんどなにも理解出来ていない分野の教科書代わりに使うには、分かりやすいものだった。DESの講義は分かりやすく、覚えやすい講義で個人的には為になった。

麻布の授業は何の役にもたちませんでした。DESは国試の傾向もつかんでるし、問題も何問も当てていて受けてよかったです。

DESの口腔外科の的中率が半端ない

Desの出張講義で使用された教材から割と出題されていた印象。

DESの口腔外科、内科、直前のまとめ講義は、大変役に立ちました。

DESの授業素晴らしかった

大学の講義で大手2社の講義を受けました。Desの方がポイントを得ていて分かりやすかったです。麻布はレジュメがカラフルすぎて見にくい。そして、私立向けなのかな〜と個人的に思いました。

D社の直前講習を大学で受けました。とてもよかったです。

デスの中本先生と三井先生の予想が的中

DESの中本先生めっちゃ当てててやばい 三井先生もなかなか当ててた

D社のM先生並びにN先生の予想的中率は流石だなと感じましたね。

DESのDr.中本がとても分かりやすく、講義も丁寧でした。 麻布は先生を変更しても講義パターンに変化はありませんでした。

Dの方の予備校のN先生はとてもわかりやすいてす。それとDは直前にかなり当ててました。現役にもしっかりとサポートしてくれる良予備校です

desの講義は良くまとまってて勉強になったが、その部分は国試に出なかったので残念でした(笑)

DES本科の講義中に「これはそのうち出ますよ」と言っていたものが20問ぐらい出ていました。一浪なので他の予備校がわかりませんが、国試中に思わず感動するぐらいには出ました。 同じ科目を他の講師に4コマぐらいで講義させるゼミというものがあり、正直個人的にこの講師が合わないな、と思っていた科目もそこで補完されて、隙がないなぁと感じました。 ただ「正答率8割あるものを必ず取る」を地でいくので、細かいところは省かれがちでした。des はあまり干渉してこない感じで、個人的にはとても居心地が良かったです。授業も分かりやすくて、理解が深まりました。 どちらの予備校を選んでも最後は結局自分次第だと思います。とりあえず、無事終わって、安心してます。今回は平均が上がりそうな気がしてます。受かってて欲しい。。

 

 

講義に関してはAの方が安牌。基礎から応用までムラなく教わることが出来る。

麻布の必修ファイナルがよかったです

麻布の直前講義が一般問題に多かった。

麻布の特別講義受けといてよかったです。

Aはテキストは見やすいが色ペン使いすぎでそれだけで満足して頭に入ってない人が多いと思う。

Aの合点講座など単発の講義を学校で受けたが正直内容は物足りないものだった

講義に関しては麻布はただ読み上げてマーカーを引くだけなので、DESのほうが圧倒的に正確でわかりやすい。

学校でAの講義がありましたが、Dの模試に書いてあることと矛盾したことを言っており戸惑った

Aはプリントがカラフルで見やすいが、先生方と同じに色分けしてると逆にごちゃごちゃしてくる。同じに書かなくていいと断ってくれるが、大学の授業と全く異なることに慣れておらず、スピードも早すぎて考える隙がないので、ついていくことに必死になるあまり、先生方の色分けをうつすことになってしまう。『問題を形式的に見ないでね』が口癖なのに、形式的に問題に取り組んでいるように思う。 Dは理論的な考えをしている先生方が多いと感じた。それこそ問題を形式的にみておらず、問題毎に基礎知識から呼び起こす考え方をしている。現役生なのに本番直前まで手厚い対応だと感じた。模試やテキストからも的中を難問もしている手応えを感じた。

 

Iはだめだな。全く傾向が合わない

 

当たらなかった

直前講座を筆頭に、予想問題はやはり当たらないが、知識の整理には役立ったと思う。

 

過去問集

過去問集は(誤植の多さを除けば)断然D。

 

大学の方がよかった?

直前で予備校の講義が結構ありましたが、ほとんど大学の授業でカバー出来たので、特に受ける必要性は感じませんでした。

直前講義はイマイチかなあと思います。自分でやったほうがはやい

予備校の講義だけで国試対策してた人はキツかったんじゃないかと思う試験内容だった

113は予備校の講義より学校の講義の方が近いものがあったかなと思います

大学の講義とも共通しますが、わかりやすい(=自分に合う)先生の講義はとてもためになった。 それと、漏洩を匂わすような内容を言う予備校講師が複数いるが、いずれも全く的中していなかった。 余計な情報に振り回されず、自分を信じて勉強することが一番だと思います。 私立の場合は、(ときに必要以上に)大学の授業が多かったり、先生方のサポートが手厚かったりするはずなので、まずは予備校より大学を信じたほうがいいとは思います。

 

うーん?

Dの衛生結構信じてたけど思ったより当たらなかった Aの講義は間違ってることを教えたりしていてどうかと思った  どちらも模試前に講義を受けると模試に出るところを言っていたりして、模試の点数にはかなり有利だと気づいたので、予備校生の模試の偏差値は意外とあてにならないかも

 

要望

高齢者をもっと早くにやりたかった

 

うまく生きろ

何かを盲信するのではなく自分でやる意思が大事

予備校行ってもいいとこどりが大事だと感じた1年だった。予備校に行かなければならないという固定観念は要らないと思う。

国立大学卒で浪人したのでボッチでした。 浪人生がたくさんいる大学はグループでお喋りやら情報交換してるみたいで羨ましいようでそうでないような。学部と比べてしまうと予備校は私語などかなり煩いです。変なグループとは関わらない方が良いです。 予備校のテキストは見やすいですが分かった気になりがちです。しょうもない講義もあるので予めスケジュール確認をして講義分野の過去問をこなし理解が十分なら苦手科目の学習に回した方が良かったです。問題演習も本質をつくよかは言葉遊びが多いので参考程度が良いかと。使えそうな予備校の講義、過去問白本中心の自己学習、メリハリのついた生活が大切かな。国試を振り返ると予備校はやはり視覚素材が圧倒的に少ないです。もう少し白本など見ておけばよかった。

 

商売がね・・・

Des直前に資料投下しすぎ、ウザい

予備校の授業を受けていなければ解けなかった問題もあった しかし、現役生として、他大学も授業を受けているのに私たちだけ受けていないというセールスには心理的にお願いするしかなく、お金がとても必要だった

直前講義はなんら意味が無い 受験生の心理状態につけこんで商売しに来てる感じでした

 

予備校まとめ

すぐに的中的中、漏洩漏洩いうのは私は好きではない。

予備校は神ではない。

大学よりも遙かに国試の傾向を熟知した講師陣や模擬試験出題陣により傾向を寄せる努力はしているだろう。しかし、それはあくまで近道であり、確実にゴールを掴めるわけでない。結局自分の努力がなければ、大学よりも分かりやすい講義でも分からないものは分からない。

予備校ならなんとかしてくれる、ではない。

ただ、今年に関しては比較的予備校の読みと国試の傾向が近似したようだ。

ただし、来年もそうだとは限らない。

模擬試験、講義に関して色々傾向っぽい感じになってきてるが、これは数年積み重ねないとなんとも言えない所だ。

 

大学に関するアンケート

これは現役生のみが回答する項目である。

368名が回答している。

卒業試験と国家試験の傾向

ほぼ同じ   36名

大体同じ   136名

異なる傾向  110名

全く別物   63名

卒業試験なし 24名

f:id:spee:20200207081106j:plain

 

112回の結果では同じと大体同じで25%ぐらいしかなかった。

それに比べると今回は同じと大体同じで45%ぐらいは獲得しており、いままでと比べるとかなり改善している様に見える。

前回までのアンケートは人数が少なかったので、母集団の出身大学の偏りなどがあったのかもしれない。これも数年間ある程度の母集団で調査しないと結果として有効にはならないと思う。

異なる傾向、全く別物と答えた人は45%ぐらい存在している。

国公立大学が回答者として多かった。

国公立大学はやはりそういうのはあまり考えたカリキュラムではないため、今回結果にフィードバックされた可能性がある。

ということは私立大学は国試と卒試の傾向の差は自分が予想しているよりも少ないのかも・・・・なんて思ったが、下の方にあるコメントをみるとやはりそうでもないのかな・・・・。うーん、わからん。

 

卒試と国試が異なる点

異なる傾向、全く別物、と回答した回答者173名を対象に卒試と国試のどこが違うのか聞いてみた。

これに関しては複数回答を認めている。

f:id:spee:20200207083033j:plain

毎年同じ傾向である。

質、傾向、難易度が違うという回答が最も多い。

去年は難易度が高く、今年は急に平易になったわけでそこら辺合わせろと言われてもなかなか難しいと思う。

質や傾向に関しては毎年トップであるのでこれも解釈が難しい。

的中問題がなければ質や傾向が違うというなら、どれも違うことになってしまう。

質や傾向が違うと感じかどうかは人による所もあるので、そこら辺を加味した解釈をしないといけないのかな?、と4年間のアンケートをみて思う所である。

問題のタイプや分野による問題数に関してはすぐに改善出来る所かと思うが、それをあえて寄せないというのはまあ考える所があるのだろうが、全部スーパーXの出題とかしている大学があるとすれば私からすればクレイジーと言わざるを得ない所である。

 

大学に関する感想

卒業試験に不満あり

卒業決定がとても遅い、かつ、卒試と国試があまりリンクしていない。これは問題だと思います。卒試の学校色が強く、模試で好成績の人が卒試で落とされている。

卒業試験が遅すぎる。国家試験対策できない

卒業試験の日程をもっと早めにしてほしい。

卒業試験の結果発表をもっと早くしてくれ!

卒業試験は十二月頭には終わらせてください

卒業試験は早めに終わらせてください

卒業試験を12月にしてほしい


卒業試験と違いすぎる

卒業試験のスーパーXの割合が多すぎ

スーパーXが多すぎます。

 

卒業試験の問題にかなり近い問題も国家試験でいくつかみかけたが、卒業試験では科目によってはその先生の好みの問題という感じで国家試験の傾向からかけ離れていた

卒業試験は全くあてにならなかった 問題文中の近年という語句に惑わされた

卒試の意味なし

意味の無い卒試を始めて、やる気のない教員による意味の無い授業をして私たちの時間を奪わないで欲しかった

講義内容とリンクする問題作成をお願いします。あと、薬理と口外の教授 まともな講義して

 

卒試の方が難しい

国試より卒試の方が難しい!!

卒業試験の難易度が国家試験離れしている。

卒業試験が難しすぎる。国家試験に合格する実力がある学生も留年していったのが残念だった。

卒業試験の方が国試に比べて難易度が高く、現役生にとっては国試で落ちるとしたら必修のみだと感じました。

約半分スーパーXなのはいかがなものと思います。ただ国試は卒試よりはまだ簡単だと感じました。

 

 

日程がギリギリすぎる

大学の授業が国試直前まであり、非常に時間を取られました。授業の質がいいならまだしも、教えてる教員側も時間を持て余しているような感じでした。授業で縛りつけ勉強時間を増やさせれば成績が上がると思っている大学の体質自体が問題であると感じました。

大学は学生のサポートととして講義を直前まで組んでいたが、その授業より予備校の講義の方が国試に直結していたので、卒試終わったら予備校の講義とと自習だけしてほしい。

もう少し卒業判定を早くしてほしい…。年内とか

 

大学の方向性

留年させすぎ。受かる人だけ国試受けさせればそら合格率上あがるわ。

あれだけ留年させて合格率が悪かったらつぶれた方がいい

卒業の方針をしっかりしてほしい。ムカつくけど卒業を厳しくしてもいいけどどのような方針でいくのかをはっきりさせてほしい。あとは卒業確定が遅すぎる。

大学の経営(大学病院の赤字を補填)するために留年させるのはどうかしている。

あまり学生を振り回さないで欲しい。卒業判定が遅すぎたり、毎年やり方が変わり正直疲れる。国試の時には既に疲れ切って緊張感も無くなってしまっていた。

お金大学

何も教える気のない奴ほど権力もちガチ〜

いらない授業、先生がありすぎ。

今年は例年より卒業数増やしてて助かりました

現場の教員達はよく頑張ってくれていると感じるが、理事長以下上層部は受かりそうな学生を選別して合格率を上げて補助金を得ることと、少ない人数の医局員・教職員に大量の仕事をさせ利益を上げることばかり力を注いでいる。学生達もわかっていてあまり大学に残りたがらない。

臨床で難しい事を教えすぎて、大事な基礎の講義が少なく自分で掘り下げて勉強するしかなかった。必修対策もあまりされなかった。

冷静に考えて大学では何も教えてもらっていないなと思いました

もう少し学費を安く

 

国公立大学だからさ・・・

国公立だからって何もしないのはやめろ

国公立はそういう傾向なのかもしれないが、大して利益にならないカリキュラムの割には国試には受かれ受かれと一点張り。教育に関しては無関心の割には結果主義。教育のあり方に疑問を感じる学生生活であった。

九州歯科大学

11月まで臨床実習はキツイ、その後も放置だし

とんぺー!使えねー!

診療実習9月までやる意味あるのか疑問に思うような内容。そして国試の勉強が遅れ、成績が悪ければ、小言を言われる

臨床実習が秋口まで続くのは例年のこと。試験対策期間が3か月強と極端に短いが、その分短期集中的に詰め込める。大学(徳島大学)は母数が少ないことによる合格率乱高下を憂いでおり、近年ようやく重い腰を上げたようだが、実質の試験対策はやはり予備校講義を含めた自習に委ねられる。国公立大は軒並みこのようなスタイルかと思うので特段不平不満はない。数年前より卒業試験の合格基準が引き上げられたが、それによる留年者数に大きな変化はない。

臨床実習に重きをおいたカリキュラムで臨床実習を11月まで行っているが、学生の勉強の対応が全く追いついていない。3ヶ月の勉強期間で対応するのはかなり厳しかった

臨床実習が9月末まであるのは長すぎる。その後10月だけ授業があるが、各科目180分で、半分以上の先生が自分のしたい話をするだけ。卒試、国試に関係のない自分の研究を話す先生もいる。衛生の授業は一度もない。11月以降は全く先生方と接する機会がなかった。(生徒思いの二診療科を除き)模試の学校別全国順位が悪いことを生徒に愚痴っても、フォローはまったくない。それなのに今年は半分以上落ちるだろうなどとおどしてくる。それも直接言うのではなく、下の学年に話している。先生方が落とす気でいるのでは、とさえ思えてくる。"国立の気風"だの"自分たちの時代は云々"だの、振りかざすのは時代錯誤も甚だしいと感じる。

5年10月〜6年10月まで臨床実習で、その対策でいっぱいいっぱいで、準備が足りず本当に不安な試験だった。国試対策もほぼなく応援もされず辛かった。

国家試験の勉強が3ヶ月もないので、要らない授業削って臨床実習を前倒しにして夏とかに切り上げてほしい。

 

臨床実習

臨床実習のシステムに無駄が多いと思います

臨床実習は見学実習でした

臨床実習長すぎだと思ってたけどいざ国試勉強を始めるとかなり役立った

実習が役に立ちました

 

ちゃんとした国試対策をお願いします

ブループリント読め

合格率あげたいなら国試調べあげてから対策授業してほしい!あまり意味のない授業が多い

学校での対策はほぼなし

教えること(国家試験対策)を放棄している。うちの先生方の何人が、国試問題に目を通しているだろうか……

国家試験問題についてもっと研究して指導すべきかもくがいくつかある

国家試験合格率を上げるって建前があるんなら、全員ちゃんと一度はブループリントを見なさい。こんな状況が続くなら7割くらいの授業を予備校にしてくれた方がマシ

授業は先生方の教えたい内容を教えて、国試対策は完全に学生任せ。学生のポテンシャルが高いので合格率はなんとか保っているが、いずれ崩壊すると思う。後輩のためにも方向性を見直すべき。

国試に役立った勉強がありませんでした

国家試験対策をしてほしい

大学として国試対策をしないならば、以前ののように同窓会から予備校の特別講義を用意するなどの手配をしてほしい。臨床実習にて学んだ知識が役立った国試のため、あまり悪くは言いたくない。

放任すぎる、自校の生徒の頭を信じすぎている、国家試験をナメていると感じる

とりあえず覚えろばかり言う科目があるが、どの科目も理解をベースとしていないと苦戦する傾向にあるし理解していれば新しい問題にも対応できるので、まずは大学の講師が理解を深めるべきだと思います。

どうでもいいことを教えずに国家試験に特化した授業をするべき。国家試験に受からなければ何者にもなれない

国試の予想できないなら最初から授業やめて自分達で勉強させろ

国試対策しなさすぎ 国試委員いなさすぎ

国家試験委員の研究分野から予想問題を作成したほうがええと思う

細かいところまでやりすぎて、大事な基礎部分が意外とできてないぞ!

必修の意味を調べて

 

エビフリャー大学 

えびふりゃーおいしいです

えびふりゃー大学今までありがとう!学院長が変わった来年からの方針がどうなるか野次馬根性で見守ってるよ!!

エビフリャー大学です。教育方針が変わったのか今年はたくさんの人の卒業が認められました。卒業できるかどうか、国家試験直前までわからず、精神的にしんどい状態で大事な時期に、あまり勉強ができていない学生が多く見られたのかなと個人的には思うところがありました。加えて、今年度初めに某先生が、この大学では、国家試験後に卒業を認める後卒業というようなシステムをとることはしない と保護者も含む6年生な対する説明会でおっしゃっていたのにもかかわらず、放校になる学生が多いからか、今年はもう一度卒業のチャンスのある試験が行われるようです。このように、エビフリャー大学では、トップの方針が極めてブレブレでそれに学生がひっかきまわされてしんどいのが現状です。大学の卒業試験はいま思うと国家試験に似せようと努力している段階なのかなと思いました。今年の国家試験のように、一般と臨床が混ざった状態で出題されました。難易度としては、国家試験より卒業試験の方が難しく、先生方の得意な?好きな?分野も多く出る試験だったと思います。なので、国家試験と比較するとまだ少しズレを感じる試験だったように思いました。

 

ご指名です

神歯ヤバイ

朝日の先生は学生に勉強させる気ないと思います笑

日大の駿河台出身ですが、国家試験に対してやる気のある教科とない教科の熱量が違う

鶴見の先生たちがいい線いってて(予想問題が当たってるの何問かあって)なんか分析の頑張りと進化を感じた

 

この大学でよかった

卒業試験で当ててる問題が結構あったから助かりました。

正直ほとんど8割問題かなってぐらい簡単でした!勉強ものすごく辛かったけど昨日今日ほどトップ独走大に感謝した日はないです!

先生の講義自体は凄く国試に合ってたと思う。一つニアピンの問題もあった。講義聞いて教科書で補足するだけで戦えた

北医療大の講師の方々には本当に感謝しています。100%的中したとは言えないですが、万全のサポートがあったからこそ6年間頑張れたと思います。

大学の講義プリントと実践を中心に勉強すれば十分カバーできると思いました。
合格率のあまり良くない私立ですが、大学の講義に不満を言う人は成績の良くない人が多い印象を受けました。結論、大学の講義の範囲が全く違うわけはないと思います。

大学のおかげで余裕でした。

先生たちの1年間バックアップがしっかりしており応援してくれているのがひしひしと伝わっていました。モチベーションを定期的に上げてくれたり、研修小もしっかりしていたので学年の雰囲気も良くて楽しかった。

予備校よりも大学の講義の方が国試に近い気がしました。

思ったより大学の授業大切

特に。結構当ててたと思う今年は

わりと国試に沿ってた

授業クソだと思ってたけど意外と国試に出てびっくりした。ちゃんと聞いてて良かった。

クソな大学だとは思うが、ほかの私立に比べるとまともなところだったと思う。

自由放任な大学ですが、6年生専用の勉強部屋があり勉強しやすかった。卒試が10月に終わり、国試モードに早くなれた点は良かった

留年多いですが、勉強充分にしてない人が順当に落とされてる感じ。個人的には講義内容だけで国試にも充分対応できたし、いい大学でした。

国家試験の対策がしっかりされていた、。とても助かった。

普段の授業でも言ってたポイントが当たっててよかった

問題の配置換え等が卒試と同じだったので驚いた。馬鹿にしてて申し訳なかった。

予想的中していた問題もあった

底辺の方の私立だけれども、なんだかんだ先生たちが手厚かったなと、今なら思う

直前のホテルでの応援は予想していたより精神的に助けられた 

 

大学まとめ

卒試、卒業確定が遅すぎる、というクレームはかなり多い。国試直前まで引っ張る事を教員はメリットしかないと捉えているのかもしれないが、私を含めてそうは思っていない人は案外多い事は理解するべきだと思う。

全部スーパーXの試験、実際教員が受けてみろと言いたい。選択肢1つずつ全部〇か×か分かるようになったら、そりゃ確かに凄い。しかしそのために重箱の隅のような知識が入れば、基礎的で重要な知識が抜けてしまう、そういう学生を相手にしている事を忘れていないだろうか?

臨床に即した国試だから臨床実習を増やせばいい、というのも短絡的だろう。結局見学では身に付かないし、学生がやたら長い間一杯いて教員の負担が大きくなったりするから、教員も嫌がるとか全然いい循環になってない。

全く国試成績の改善が認められない大学ではカリキュラムを毎年大幅変更している、この下からの学年はシステムが違うから優秀とかそういう事を良く聞くが、実際それが功を奏したとか、成績が大幅アップした、なんていうことはあまりないような気がする。

進級判定をいくら厳しくしても教える人は変わってない。教える人の変革を求めるコメントも多かった。

本当にやったことが成功だったのか失敗だったのかちゃんと評価されていないのではないか。学生の意見を真摯に吸い上げているんだろうか?記名式で大学に意見しろなんて本当の事書くわけないでしょ?

声が大きい人の思いつきで毎年学生を地獄に落とし、国試発表後に「全ての教員に責任がある」みたいな反省会を毎年して結果に対する責任も取らない。

いや、どこの大学のことか知りませんよ。

好循環の大学と悪循環の大学があるのは事実。

悪循環の大学の下の学生達は次のカリキュラムは上手くいくはず!と思っている人もいるわけで、それを裏切らないようにして頂きたいと思う・・・。

え?高学年?不満に満ち満ちたメッセージをよく受け取っておりますよ。

 

全体まとめ

今回は非常に多くの受験生に回答頂いた。コメントも多く読み応えがあった。 

 

こういったアンケートは大学側がとっても予備校がとっても公平性が担保されない。

勿論当ブログを読んでる人はちょっと偏った思考を持っている可能性は否定できないわけだが(笑)、基本的に利益相反はないわけで、皆さん好き放題書き込んで本音が現れているのではないだろうか。

たかがネット、たかが個人ブログではあるが、今回は参加者も非常に多かったので関係者に対する説得力も少しアップしたかもしれない。

まあ大学のお偉いさんが読んで、実際変えよう!となるとは思えないけどね。

これぐらい人数が集まるなら来年もしつこくやろうと思った。

  

最後にアンケートに参加して頂いた受験生の皆さんに感謝します。