(続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

日本語が不自由な歯科医師のろくでもないお話 

第114回歯科医師国家試験アンケートの結果 その1

 

 

今年で5回目になったようだ

 

第110回歯科医師国家試験から毎年受験者の皆さんにご協力頂きアンケートを取っている。

徐々に規模にアンケートに参加する受験生の規模が増え、前回は585名となった。

 

 

これは受験者の2割弱ぐらいのスケールであり、これぐらい集まればある程度説得力を持つアンケートということができる。

 

今回も500名ほどのスケールを見込んでいたが、今年は

378名

だった。

少し残念ではあるが、それでも受験者の1割は超えているし、充分多いと言える。

ご参加頂いた方々に感謝します。

 

出身大学

国公立大学 92名

私立大学  286名

f:id:spee:20210206075729j:plain

出身大学

現役浪人

現役生 282名

浪人生 96名

f:id:spee:20210206075827j:plain

現役浪人

国公立、私立の比率に関して今回のアンケートでは国公立24%、私立76%となった。113の受験者数では国公立は24%となっており、今回のアンケート結果はほぼ国公立、私立の割合をリアルに反映した物と言える。

現役、浪人の比率に関しては、今回のアンケートでは現役75%となった。113では現役が全受験者の62%ぐらいなので、現役の比率が実際の国家試験よりも高い。

 

第114回歯科医師国家試験について

全体の難易度

自分の想定と比較して簡単だったか、難しかったかを聞いている。

 

今年は一目瞭然である。

圧倒的にかなり難しかったが全体の60%

f:id:spee:20210206081247j:plain

第114回歯科医師国家試験難易度

昨年の難易度に関するアンケート結果と比較すると一目瞭然である。

112は111よりかなり難化したため、その反動なのか113はそれよりもやや難易度が下がった。

114と112は同様な傾向をしめしているが、112の問題を踏まえた上でさらに難しいという回答をしているとすれば、114は学生にとって相当難易度が高い試験だったといえるだろう。

f:id:spee:20210206081855j:plain

第113回歯科医師国家試験難易度

f:id:spee:20210206082020j:plain

第112回歯科医師国家試験

必修の難易度

必修に関しては中央が80%とれるぐらいの難易度ということにしている。

114の必修はここ10年ぐらいで最高の難易度といってもよいのかもしれない。

それぐらいアンケート結果が突き抜けている。

f:id:spee:20210206083256j:plain

第114回歯科医師国家試験必修難易度

DESは80問中18問が削除される可能性があるという解析をしている。

勿論18問全部が削除されるわけではないが、10問以上削除の可能性は充分あるだろう。

採点サービスは、成績優秀者が比較的多く利用するサービスであり、成績はいつも上振れしているのだが、その集団でも18問も正答率が60%以下になっているようだ。

必修はいつも難易度が問題になる。

しかし、今年は輪をかけて酷く、とても80%の正答率を目標とした問題作製がされているとは言い難い。

必修が足りない!必修が足りない!削除をお願い!削除をお願い!という学生が今年は多いんだろうな。正直可哀想過ぎる。

f:id:spee:20210206084239j:plain

ちなみに113の時のアンケート結果は以下のようになっていた。113が簡単だっただけに114はより難しく感じただろう。

f:id:spee:20210206085808j:plain

第113回歯科医師国家試験必修難易度

必修の難易度調整が非常に難しいのはわかる。わかるが、それでも80%正答という建前で取れなければそれだけで不合格と決めている以上、問題の難易度には細心の注意を払うべきではないだろうか。

出題医員の先生は、他の出題委員が出した問題も含めて必修全部解いてみて、もう一度必修の難易度というものをご検討頂きたいと思う。

 

難しかった分野

難しかった分野に関しては基礎系と補綴系が突き抜ける毎年の傾向にプラスして口腔外科、麻酔系が追随するという今までに無い傾向となっている。

f:id:spee:20210206085614j:plain

114難しかった分野

C領域は補綴、口腔外科系で構成される領域だが、補綴は難易度が高いため口腔外科で稼いで領域をクリアするという学生が多かったのではないかと思う。

C領域は保存や小児矯正で構成されるB領域と比較すると補綴の分いつもボーダーが低いというイメージだった。

今回、C領域全体が難化したという事で領域のボーダーが下がるのか注目である。

 

ちなみに去年書いた文章が以下のものだったのだが・・・この文章読んで口外難しくしたわけじゃないとは思うけど・・・。

毎年票を集める補綴に関しては、タクソノミーが他の問題より高いのは事実。

しかしそれは補綴の特性上ある程度仕方無いと思う。

なので、成績上位者ならともかく、成績中位ぐらいの学生なら補綴でバンバン点数を稼ぐ、というよりは同じ領域Cである口腔外科で点数を稼いで、補綴はある程度抑える、ぐらいの割り切りが重要ではないかと思う。

また、基礎も毎年票を集めるわけだが、広大な範囲から出題される数を考えればある程度割り切りが必要ではないだろうか?

基礎がわからん、基礎がわからん、って1年で勉強してマスターできるほど基礎は甘くないに決まってるじゃない。

6年になってから騒いでも遅い。

だから2,3年生の時から真面目にやっておくんだよ・・・って後の祭りではあるが。

とりあえず、まだ低学年の人はこの文章を心に刻んで欲しい。今の国試は私立の学生にとって6年生の10ヶ月でなんとかなる、というものではないようだから。

 

エグかった問題

具体的に問題番号を3つあげるように指定していたのだが、あまりにも候補が多すぎて散漫な結果になってしまった。

3つじゃなくて8つぐらいあげた人もいたんだけど、まあそれだけ気にかかる問題が多かったということなんだろう。

 

 

一番多い得票を得たのが以下の問題

114A-38

f:id:spee:20210206103814j:plain

まあ、知らなきゃ解けないし、ここまではまさか出ないだろうと教えてる大学もほとんどなかったんだじゃないかと思う。

 

114A-33

初見で本番でみたら混乱した人が多かったかもしれないねえ。

f:id:spee:20210206103936j:plain

 

114D-2

これ私わかんなかった。

歯科医師国家試験でこんな問題、という意見もあったが、最近は妊婦健診等も多く結構色々な事を相談される事が多いので、まあ知っといて損はないとは思う。

ただし、予備校の答えはcとeで割れており、必修問題としては不適切だろう。

f:id:spee:20210206104034j:plain

114B-60

コロナの問題といってるが、これは疫学的なハイリスクアプローチとポピュレーションアプローチに関する問題であり、この問題を挙げる人が少なからずいたのは自分的には意外である。

f:id:spee:20210206104319j:plain

 

国家試験の感想

原文のママ載せているので誤字脱字は勝手に補足変換して読んで頂きたい。

 

難しすぎる

なめてました

むずすぎる

とても難しかった

マニアックすぎ

意味わからんくらい難しかった

かなり難しかった

難しかったです

ここまで難しいとは思いませんでした。

解く気が失せるくらい難しかったです。

難しすぎて不安です。

去年より難化 

難しすぎる。皆点数とれるの?

自分が想定していたよりも難しかったので周りも難しいと思っていたのかがかなり気になった。

製作委員は何を考えているのか?運ゲーの国試を作ったとしか思えない。

去年簡単だった反動がここまで来るとは思わなかったです。

過去の国試とは一線を画す難易度と感じた。正直難易度調整ミスったレベルではないかと。

ただただ、難しい。その一言につきます。学生への要求レベルが高く、専門的すぎる設問が多かった。過去5年分と難易度の比較にならず、もはや国試そのものが別世界に突入したかのよう。

必修むずすぎ 全体的にむずすぎ

必修は確かに難しかったです。必修が足りるかどうかでパニックになり、その後の一般臨床がより難しく感じた気もします。傾向としてはやはり113よりは大幅難化だと感じました。分野が出題されつくしたため、重箱の隅をつつくような問題もあったと思います。

難しかった。ができない問題ではなかったとおもう。しかし、緊張が+されて、できない問題になってしまった。

とても難しかったです。3回目の模試も全国二桁で、余裕があると思っていましたが、本番は何があるかわからないですね

異常に難しく感じました。他校の人とも話しましたが運ゲーだと思います。毎年聞かれる問題が今年はかなり少なくなっていました。

私立なので卒業試験が最大の難関と言われていたのに、国家試験が超えてきた。本番のプレッシャーもあるうえに、この難易度で来られると面食らってしまってミスが多くなってしまった感が否めない。模試では合格ラインから外れたことないが今回はギャンブル。
資格試験とは名前だけかと落ち込んだ。未だに落ち込んでいる。

最後の年は簡単になる傾向があると言われていたのに、難易度が過去最高だったと思います。

明らかに激難化しました。典型問題はほとんど無く、学校の先生も「これ出す必要ある?」と言っている問題が多いです。下剋上で運当たりする人が多い年になりそうな気がします。

今までの国試とは一線を画していると思った。難化するかもとは思っていたが予想以上だった

難しかった。過去問を捻った問題ではなくこれあったか?という問題がきつい

クソ。模試よくても意味ない

 

 

必修鬼悪魔

必修難しい

必修が難しかった

必修が難しすぎる

必修が必修レベルじゃ無かったです

C冊子の必修が鬼難でした、、

必修が難しすぎて、自分を含め回りの友人も落ち込んでいました。

必修がとっても難しかったです。

必修の難易度がかなり上がってる、また画像問題が多く、医科関連が多い

必修が難しすぎる。八割の人が答えれる想定で作った問題ではない

自分は必修が不安です。

必修問題がほんとに歯科医師になるために必修の問題なのか甚だ疑問が残る難易度。必修で重箱の隅をつつくような問題はやめていただきたい。

必修の難易度が過去最大級で、プール問題も異常に少なかった気がします。写真問題が多く、解くのに時間がかかりました。

必修が去年よりとにかく難しかったです。

必修が難しいという声が周りからよく聞こえてきました。

模試では毎回3、400位には入っていましたが、今回の国試は、特に必修まったく自信ありません。8割いってないと思います。つらいです

必修は必修じゃないし、衛生の出題は癖だらけでした

113が易しかったので相対的に難化傾向になるのは予想してましたがこれほど難しくなるとは思いませんでした。必修が必修じゃない。必修に引きずられて一般もぼろぼろで、過去1番解けなかった国試でした。

必修が難しかったので 一般臨床が難しかったのかどうかというイメージがあまり残らないまま終わりました。

 

タクソノミーを上げようとしすぎて1周回った?

知らないと解けないような問題が多く、前評判と違うことに戸惑った

初めて見る器具、装置、言葉のオンパレードだった。考えて分かるレベルのその先を聞いてくる問題が多く、思考力が逆にいらないと感じた。

知らない言葉が結構出てきて焦る。113回に比べてだいぶ難易度上がった。

少し難易度を上げて、頭を使って解いて欲しかったのかもしれないが、結果的に知っているか、知らないかの2択だった。

参考書ばかりではなくて、教科書も読めよという問題が多かった。ただその意図が強すぎたのか、覚える必要が無さそうなことまで出題されていた。

112.113より高難易度の問題多く、特に分類の名前と中身を正確に知ってなければ答えが分からないような問題が多数見受けられた。

出題委員の先生方は学生に何を求めているのか、さっぱりわからない試験でした。コロナで臨床実習もなくなり、授業数も減り、圧倒的に例年より不利で自己学習がほとんどであったことは全国的にも変わらないはずで、出題委員の先生方も自校の学生を見て知っているのではないかと思います。それでも見たこともない問題を出して学生の心を折ってやろうというような意地汚さが見えました。A領域、C領域の問題がとにかくひどかったです。教科書や学校はおろか予備校の補講授業でも聞いたことがないような内容が多数でした。

判断に迷う問題や選択肢、単純に未知の問題などが多く難しかった。一方で過去問通りの問題や、初見でも消去法で解ける問題もあったので取れるところで取っとけばなんとかなりそうだと思った。必修は絶対評価なのでもう少しバランスとった方が良いと思った。

単純暗記や、適当に過去問を解いてるだけでは意味がなくて、理解力が試されるまたは、消去法で削っていくしかなかった。

処置や原理における根本的な意味を問う問題が多かったように感じました私立を落とす魔物にしか見えなかった。過去最大難易度でした

 

C領域!!!

アホみたいに難しかった。特に外科。認定医レベルでは?出題委員難易度のすり合わせした?オンライン会議ちゃんとした?必修でも一般でも削除問題めっちゃ出そうな気がする。頼む歯科医師免許をくれよ

必要以上に捻った問題が多かったと感じる。マイクロスコープやインプラントに関する問題が多く、外科系もマニアックな出題がみられ、本当にこれが研修医として必要な知識を問う試験なのか疑問だった。

補綴の難易度が異常。後選択肢が全体的に曖昧で選びきれないことが多かっな

難しすぎました。特にc領域。テンパりすぎて簡単な問題も出来ませんでした。本当に辛い

矯正と外科の出題傾向に偏りを感じた。

まず率直な感想として、全体として113回より難しく感じ、聞いたことないような用語もあり、非常に苦戦しました。衛生や高齢者や薬理は、大学の授業のみでは対応できないような問題も多々ありました。必修は特に苦戦しましたが、麻布の回答で採点したところギリギリ8割は行っている感じでした。個人的に領域Cが心配です。デンチャーのマイナス分を外科でどこまでカバーできるかといった感じです。ミスもありましたが結果はどうあれ、自分の力はベストを尽くして出し切ったと思っています。

インプラントが本気を出しすぎてるいる。学生に中間アバットメントなんか見せても誰もわからないと思う。だいたい地方国公立でインプラントなんてほとんどお目にかからないしそんなに授業でも熱心にやらない、保険診療でもないのにきつすぎる。

A問題B問題の自己採点をしたが補綴が壊滅。C領域落ちの可能性がある

臨床問題が難しすぎます。補綴がある程度わかっている人でもかなり難しかったと思う。基礎系も聞いてくるところが細すぎてキツい

 

コロナの影響で練度が低い?

傾向が変わった、というより新出題基準に向けた実験台にされた気分。またコロナの影響で問題の練りが甘かったイメージ。

これからどんどん国家試験が厳しくなるんだと思います。国立系の先生方はもう少し自校の生徒ができる問題を出すようなことはやめてほしいです。国家試験であることを再認識してもらいたい。リモートで擦り合わせが甘すぎます。コロナ禍でほんと憎いです。

コロナの影響もあり、まともに問題の吟味ができてないのでは?と思った。全体的に問題の質がイマイチ(難しすぎるという意味で)であり、いままでの傾向からは大きく外れたような領域も出ていたので正直対策のしょうがないと思う。予備校や大学の講義で予想して当たっていた範囲も多いが、おそらく誰も予想していなかった範囲も多いと思う。

 

時間が足りない

必修の意味をわかっているのでしょうか。全体の正答率がどうしてこれで80%にいくと思ったのか不思議に思う。全体の問題のこの変更の多さは来年へのトライアルなのでしょうか。だとするならば本年の受験生に対して酷すぎる変更の多さだと思います。
何をしているのか全くわからない写真や何を示しているのかわからないものが多く非常に難しく感じた。こんなに時間が足りないテストは始めてだった。

ABは想定してたより簡単でしたが、緊張していたのか少しずつ自分の歯車が狂っていく感覚がありました。時間が少しずつ押していき、Aはマーク見直しすらできませんでした。1日目の違和感を引きずったまま2日目になってしまいましたが、Cで大崩壊しました。体感としては難しかったです。Dは簡単だったので模試通り最後までとききり、マークチェックもし、もう1周解答の見直しもできました。

 

 

選択肢が絞りきれない断末魔

消去法で切れない選択肢が多すぎでした

消去法でも絞れないわ

あまりに難し過ぎます。複数選択肢であと一個だけわからない問題が多かったです。やってきたことがあまり反映されないくらい難し過ぎます。

必修は問題設定が不明瞭で、複数答えが考えられるものがいくつもあった。消去法でも絞り込みづらかった。

全体的に難しく、安心して解ける問題が数問しかなかった。出す問題がなくて無理矢理すみからひっぱってきた感のある問題がいくつかあった。臨床問題はだいたい選択肢が絶妙で消去法で解くしかなかったため、解答に不安を感じた。

何の試験を受けてるか本当に謎に思える今年は試験でした。国家試験という名前の各大学における卒業試験色が強いイメージでした。相対評価なので取れる所をしっかりと取るが前提ですが、初めて聞く新しい選択肢が丸になったり。残りが違うから初めての選択肢に丸入れる度胸があるかどうかかな思いました。やっぱり相対評価ですので初めて聞くから自分だけがこれを選んでるかもって気持ちが物凄く多かったです。

 

出題委員にひと言いってやりたい

国試作ったやつ何考えてんだ

歯科医師として必要な知識を求めているのか、2000人を選抜させたいのか意図が不明

大学の授業は無駄なんだと再認識した。

東京歯科大学がいなくなったので自分達の学校にとっては有利かと感じましたが、逆に国立の出題者が悪問題連発で必修、A領域は悲惨です。私立の先生の問題は答えやすいので、すぐに解いててわかりました。

出題傾向変えるのは来年度のはず。必修の難易度が異常。国家試験委員の目的がわからない。

出題委員の先生方は学生に何を求めているのか、さっぱりわからない試験でした。コロナで臨床実習もなくなり、授業数も減り、圧倒的に例年より不利で自己学習がほとんどであったことは全国的にも変わらないはずで、出題委員の先生方も自校の学生を見て知っているのではないかと思います。それでも見たこともない問題を出して学生の心を折ってやろうというような意地汚さが見えました。A領域、C領域の問題がとにかくひどかったです。教科書や学校はおろか予備校の補講授業でも聞いたことがないような内容が多数でした。

ちゃんと努力を評価してもらえる試験にして欲しいです。僕の周りの優秀な人たち、毎日12時間近く勉強してた人たちでも、国試終わりに絶望的な顔をしてました。きちんと努力した人が自信を持って歯科医師になれるような試験を期待したいです。これで合格していても、釈然としないまま、運良く合格できただけ と思ってしまいそうで、ここまで努力してきたのになぁ と思ってしまいます。

放射線の問題は全体的にセンスなし。教科書においては1ページにも満たないDRL(診断参考レベル)で2問も出す必要があるかどうか疑わしい。

出題委員の先生方の趣味を固めて作り上げたみたいな国試だったと思いました。簡単な問題ももちろんありましたが必修がとにかく必修レベルではなかったと思います。もう少し、必修というからには必ず歯科医師になるにあたり知っておかなければならないような出題にするべきです。

先端歯科治療の問題が出すぎです。今まで勉強してきたスタンダードな内容でネタが尽きたからかと思いますが、マイクロでの根治の問題だけで3問ほど出た気がします。インプラントとCAD/CAMを組み合わせた治療も、一体歯科大生のうち何人が臨床実習で見る事が出来たのか…。教科書でもそのような最新治療は詳しく書かれていないですし、学ぶ意欲があってもどうやって学べば良いのか分かりません。模試ではA,Dともに全国で二桁の成績でしたが、114は手応えが全くありませんでした。結局削除や合格点を調整して合否が出るのでしょうが、受かっていても落ちていても運が良かった、悪かっただけにしか思えない内容です。学習を積み重ねてきたかどうかを評価するような試験であって欲しいです。

 

 

予備校

予備校(麻布)の問題が的中していたのに正解できなくて悔しい。

予備校や学校の予想もことごとく外れていたように感じます。国試のスタンダード的な問題の出題数が少なく、びっくり問題が幅を利かせていて、合っているのかいないのかも予想できないので頭の良い悪いの合否より運がいい悪いで合否が決まるのかなという印象です。

今回の国試は半端じゃなかった。desや麻布の模試が全く通用しないレベルだった。必修は113並み、あるいはそれ以下の難易度であったが、領域は並み外れていた。領域aがミラー化されたあたり、そこでの合格人数の調整を行うという制作者の意図を感じた。

第二回麻布模試と第二回デス模試から出題された印象がある。

DESの直前対策予想講座は最後の確認として大変役に立ちました。今回はかなり的が当たっていたと思います。あと模試の復習はとても大切だと改めて思いました。

必修が必修のレベルじゃない。予備校で勉強した範囲でここまでは必要ないと言われたところがことごとく出題されている。予備校の力不足を感じた

 

国試さん、サーセン

舐めていた自分が悪いです。国試さん申し訳ありませんでした

難しすぎました。自分の努力不足です。

落ちたと思います。

 

 

問題が一般か臨実かわからないのやめて

画像多すぎ。臨床と一般の順番混ぜるのやめてほしい。

一般問題、臨床問題が去年よりもランダム配列で時間配分がきつかった

 

 

113で落ちた浪人はきつい

昨年受からなかった浪人生は後悔していると思います

113よりは難しいですが、例年並みです。浪人生は厳しいでしょうね

 

115

115回に向けてどう勉強しよう

難しすぎたし卒試一回で受かったからと慢心してしまい自分の勉強の甘さを感じました。来年も頑張ります。

疲れました。いろんなところで難化した、とのコメントは聞きます。解けなかった理由はやはり大学のカリキュラムだったり、教育の質だったり、色々あるんだとは思います。ですが、学生の立場では変えられることは少ないので、何が重要か、といえば、やっぱり情報を収集するアンテナ、だと思います。来年の受験生は予備校でもいいし、ツイッターでもいいし、模試の後の復習での疑問点を先生に聞いたあと、もう一度調べてみる、でもいいので正しい情報を得られる術を身につけて欲しいと思います。(114回の感想、、になってないかもです、すいません)

今回は必修も難しく感じましたが、修復、歯内、小児等のB領域が難しく感じました。知識も大事ですが、やはり覚えた事からさらに踏み込んだ知識が要求されたりその場で考える力が試されたりしているとも感じました。また、試験会場は思ったより寒かったり時計が無かったりしたので、服装や腕時計等の身なりにも気を使うと良いと思います。身体と忘れ物に気を付けて、これから国家試験を受ける皆さん、頑張ってください。

来年度の改変?に向けてこのような問題にシフトしていきますよ、という厚生省のメッセージのように感じた。難易度も含めてだが実践的な問題、より総合医学に重点を置いた問題などが予想以上に増え、実際に本番の緊張感で受けたことはないから一概に言えないが過去最高難易度のように感じた。

 

変態か勇者か

楽しかった

簡単です

簡単すぎて拍子抜けした

必修の出題要項から逸脱した捨て問みたいなやつ以外はは簡単だったように思える

思ってたより簡単かつ、できて安心

必修に関しては、やや難しかったが、112回ほどではなく、80点は取れる

必修問題の難易度が昨年と比べて大幅に上がったと感じました。ただ、一般と臨実は簡単ではありませんでしたが、難しいとは感じませんでした。

 

 

お疲れ様

疲れました。

つかれた

運に任せる

D問題が全体的に難しかった。

達成感もないまま終わってしまった。ただ、コロナのおかげで机が広く使えたのは良かった

コロナ関連の問題が案外少なかった。

運ゲー大会。コロナ問題結局1問だけかよ!しかもウイルスの構造とかPCR検査とか全然出ないし!!!

範囲としては初見はなかったが、勉強不足で答えに至らなかった問題が多々見受けられた

試験は難しく手応えがないまま終わって、この1年頑張ってきたのは何だったんだろうと虚無感に苛まれた

本当になんの資格の試験を受けているかわからなかった。(113回はそんなことなかった)

例年と比較し、難しく問題の割合が多く、難易度の差が大きく偏りがあると感じました。過去問を15年分程研究しましたが、歴代でもトップクラスに難易度が高かったように思います。しかし、現在歯科医師になるためには、ここまで求められているのかと実感させられました。

 

ここまでのまとめ

・114の受験生による難易度評価は最難関レベル

・資格試験としての問題の質に対するクレーム多数

・必修に対するクレームは過去最多レベル

・必修、C領域爆死の可能性

 

まあ難しくても簡単でも2000人受かる試験だからね。

ただし、難しい場合点差があまりつかずに紛れが起こる可能性はあると思う。

単純な高得点勝負よりはね。

しかし、実力が足りてない層は全く手応えなかっただろうから、紛れとかいうレベルじゃないのかもしれないね。

その2は大学とか予備校に関してのアンケート結果について公表する。

f:id:spee:20210206115739j:plain