(続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

日本語が不自由な歯科医師のろくでもないお話 

鶴見大学歯学部が止まらない

 

 

 

鶴見大学歯学部の不祥事が止まらない

鶴見大学については以前も書いた。

1年ちょっとの間で

大麻

家出した未成年を自宅にかくまった

大学病院でわいせつ行為

で逮捕者がでてしまった。

 

まだまだ止まらない

しかし、去年の事件はそれだけではなかったようだ。

f:id:spee:20200220082621j:plain

この鶴見区の学生が鶴見大学歯学部のようだ。

もしこれが本当ならいくらなんでもちょっと多すぎないだろうか?

大学関係者も被害者だろうけど、今までの経緯を学生側から聞いていると捕まっても捕まっても秘密裏に処理してしまっている隠匿体質がこういった事件の連鎖を生んでいるのではないかと疑わざるを得ない。

毎回の事で申し訳ないが、これが鶴見大学歯学部と無関係であるならこのブログは削除させて頂きます。

 

来年度の入学者数が心配

正直、ここまでの状況だと、来年度の入学者数が心配になる。

え?私が書かなければ減る事もない?

もっともな御意見ですね・・・・。