(続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

日本語が不自由な歯科医師のろくでもないお話 

速報 助手がレントゲン撮影で歯科医師等11人が書類送検

 

 

 

なんというか・・・

大阪市の歯科医院で書類送検の事案発生

11人書類送検って!!

無資格の歯科助手らに歯のレントゲン撮影をさせたなどとして大阪府警生活環境課は9日、診療放射線技師法違反容疑で大阪市北区の歯科医院ザ・ホワイトデンタルクリニック大阪院」の歯科医師と助手ら計11人を書類送検した。5人が否認、残りの医師や助手は容疑を認め「医師の負担を減らすためやった」などと話しているという。送検容疑は2017年6月~18年5月、資格のない歯科助手や接客事務員にレントゲン撮影をさせ、患者12人に計17回X線を照射した疑い。レントゲン撮影は医師と歯科医のほか、診療放射線技師の有資格者だけができる。同課によると、同院では歯科医が診察や治療で手が回らず、休憩時間などを確保するため助手らが代わりに撮影していたという。府警に「無資格撮影が常態化している」と相談があり発覚した。"> 同院は矯正やホワイトニングなどの美容歯科が中心で大半が女性患者。16年以降、患者1833人が計3971回撮影を受けたが、健康被害は確認されていないという。 東京や福岡、名古屋などに系列医院があり、運営会社は「担当者不在でコメントできない」としている。

 

歯科なら歯科医師、または放射線技師さん以外がスイッチを押すことは法律で禁じられている。

 

ザ・ホワイトデンタルクリニックってカッコイイ

名前がカッコイイよねー!!

調べてみたところ、船橋にも分院ができたようだ。

 

ナチュラルセラミックとかいう名前でセラミック矯正もやっているまあ美容系の歯科医院。

出っ歯、すきっ歯、受け口を少ない回数で治療するならザ・ホワイトデンタルクリニックへ | 歯科治療ならザ・ホワイトデンタルクリニック

しかし、症例写真等の説明が不十分で、かつ自費診療のデメリットに関する記載がほぼ全くないため医療広告ガイドラインにド直球で抵触しているんじゃないだろうか?

限定解除要件も一切満たしているようには見えない。

 

と思っていて色々みていたら顧問指導医、という総帥的な方を発見。

T見大学出身だと!!

しかし、今週鶴見のネタが多いなあ・・・

と思いながらよくみたら、この人、みたことあるわ・・・・

 

ウェブサイトより転載

顧問指導医 永山 幸先生 | 歯科治療ならザ・ホワイトデンタルクリニック

f:id:spee:20190109153837j:plain

顧問指導医

 

昔書いたこのキュレーションサイトの1つを執筆してた人だわ・・・。

うわー、お久しぶりって感じですね。

 

 

この方、経歴を一杯お持ちのようなので見てみた。

認定資格

インプラントのサーティフィケイトに混じって鶴見大学の研修修了まである。これを載せている先生はなかなか見たことがない。

ガイドラインの限定解除要件を満たしていないホームページにこれを載せることは、ガイドラインに抵触しているじゃないですかね?

f:id:spee:20190109154431j:plain

認定資格

学会講演

と書いているが、これは一般的な口演発表にしか見えない。

漢字のミスですよね?ミスですよね?

f:id:spee:20190109154547j:plain

学会発表

と言う風に目立ってしまうとついつい調べてしまうわけだが、

やはりこういった

審美、インプラント系をメインとした

歯科医院でガイドラインを遵守しているところはほぼない

と言って良いのではないだろうか。

 

 

どっかからのタレコミか?

さて、本題に戻るが、大体こういうのはどっかからタレコミが入ってと言うことが多いが・・・

患者か・・・元スタッフか・・・

そんな所なのかな???

 

実際の所どうなの?

私が過去バイトに行っていた歯科医院で歯科医師以外の人がレントゲンスイッチを押していたのはかなりの高確率だった。

患者として来院して、それをゆすりの材料に使った人もいる、という噂を聞いたことがある。

つまり、実際他の歯科医院でも歯科医師以外がレントゲン撮影している医院は数多く存在する可能性がある。

時間がなくても助手や衛生士はだめだ。

うちは全部歯科医師が押しているし、衛生士や助手には最初からレントゲンのスイッチとか教えたことがない。

慣れれば10枚法でも7~8分ぐらいでとれると思うがなあ・・・。

 

というわけで、ヒヤヒヤしている歯科医師の先生方、ご注意ください。 

 

医療広告ガイドラインについて