(続)とある最底辺歯科医の戯れ言集

日本語が不自由な歯科医師のろくでもないお話 

新型コロナウイルスの歯科健診ってなによ?

 

 

 

何日か前に・・・

何日か前に検索したら出てきたのでTwitterで紹介したときにはあまり話題にもならず終わってしまったのだが、昨日になって急に話題になっていた。

 

どうもこの方のツイートを誰かが拾ったのが原因らしい。

歯科医院で「新型コロナの無料健診を希望します 」

というのが結構パンチ力がある。

 山梨県の臨時事業

よくみると山梨県 新型コロナウイルス感染症予防対策 臨時事業ということのようだ。

f:id:spee:20200729154945j:plain

 一応、高齢者やCOPD患者などリスクが高い患者を優先的に健診するという記載がある。

新型コロナウイルスの影響で深刻な受診抑制が起こっており、本来ならば歯科を適切に受診する必要がある層が受診できていないことは確かだろう。

そのため、こういった健診事業はそういった層の掘り起こしに有効ではないかと考えられるため、自治体がある程度しっかりした予算をつけてくれるというなら歯科医院としても患者数が減っているわけだし良い機会ではないかと思う。

 

エビデンスはあるのか

ただし、このアピールの仕方には問題があると思う。

口の中を診てもらうことでウイルス感染予防に繋がります!と書いてあるがそれを明確に示したエビデンスはどこにあるのだろうか?

 

口腔内を綺麗に保つ事が新型コロナウイルスの感染予防に繋がるのか、重症化予防に繋がるのか、両方なのか、それとも全く繋がらないのか、などということはまだ明確になってはいないはずである。

最低でも多変量解析により交絡を全て調整しつつ有意差が出る、ぐらいではなければウイルス感染予防、などという文字はうかつに出すべきではないと思う。そのような大規模なコントロールスタディは今の状況ではなかなか厳しいところがあるし、倫理的な問題もあるかもしれない。

 

また、このウイルスがインフルエンザウイルスを指すというのなら、それは多くの方の誤解を生む文章ではないだろうか?殆どの人はこれをみて新型コロナウイルスを連想するだろう。

また、もしこれがインフルエンザウイルスであったとしてもインフルエンザウイルスの論文は実験方法や被験者のスケールに問題があり、かつ1本の論文だけで効果があった、など断言できるわけもない。

 

口の中を綺麗にするのはやらないよりはやった方が、というお気持ち重視の施策ならもうちょっと別の書き方があったのではないだろうか・・・・と思わないでもないが、予算がコロナ関連の使途でしか使えないとかそういう縛りでもあるのだろうか。

 

とりあえず「新型コロナの無料健診」という表現が悪いよね。

「新型コロナの(影響で歯が悪いのに受診を控えてしまった患者と、患者が減って経営が大変な歯科医院をマッチングするための)無料健診」 と心のなかで文字を補完する必要があるのかもしれない。